喪中の範囲

身内が亡くなると喪中となるので、
年賀状を出さないで、
あらかじめ喪中はがきを出すことになりますよね。

 

しかし、そもそも年賀状を出せない、
喪中の範囲ってどこまでなのかよくわからない人も多いもの。

親や兄弟、祖父母まではダメなのはわかるけど、
その他の親戚はどこまでが喪中となるのでしょうか?

今回は、年賀状の喪中の範囲と、
喪中の期間について合わせてご紹介します!

スポンサードリンク

年賀状NGの喪中の範囲は2親等

まず、年賀状NGの喪中の範囲から見ていきたいと思います。

年賀状の喪中の範囲って、
よくわからないと親戚といえる人は、
みんなそうなのかなと思ってしまいますよね。

 

しかし、実は年賀状の喪中の範囲って、
地域によって差は多少ありますが、
だいたいはっきりと決められているんです。

それが、

「2親等」

 

2親等というのは、自分と配偶者を0と数え、
それからのつながりが2つまでの人のことを言います。

つまり、自分や配偶者の両親と、
子供が「1親等」となります。

さらに、自分や配偶者の兄弟、
兄弟の配偶者・祖父母・孫が「2親等」となり、
ここまでの人が亡くなった場合には喪中の範囲となります。

 

ちなみになんですが、
もしも同居している人が亡くなった場合は例外となり、
「3親等」までが喪中の範囲に。

3親等は、自分や配偶者の曽祖父母、
伯叔父母・伯叔父母の配偶者・甥・姪までとなります。

スポンサードリンク

年賀状の喪中の期間はいつからいつまでか

喪中はがき

では次に、年賀状の喪中の期間についてみていきたいと思います。

 

最近では、身内の人が亡くなったら、
その年は喪中として年賀状を出さない人もいますよね。

しかし、実際の喪中の期間は続柄によって違ってくるのです。

 

例えば、

  • 自分・配偶者の父母…12~13カ月
  • 子供…3~12カ月
  • 祖父母…3~6カ月
  • 兄弟…30日~6カ月
  • 曽祖父母・伯叔父母…喪中としない

という考え方が一般的となっています。

つまり、身内の人が亡くなっていても、
喪中の期間が過ぎれば、
その次の年の年賀状を出しても大丈夫なのです。

まとめ

喪中

年賀状の喪中の範囲というのは、
あやふやでわかりにくいということもあるかと思います。

そんな時には、
基本的に喪中の範囲は2親等、
そして期間は関係によって違うことを覚えておきましょう。

 

ただ、こちらで紹介したものはあくまで一般的なものです。

地域や家庭によって考え方は違ってくるので、
一度身内の人に確認しておくことも大切です。

 

さらには、宗教で死に対する考え方が違う場合もあります。

例えば、死をケガレとしない、
浄土真宗やキリスト教の場合には、
喪中という考えはないそうです。

宗教の違いで喪中か否かの考えも違ってくるので、
覚えておくと便利ですよ。

スポンサードリンク