ペットの熱中症

夏になると毎日のように、
熱中症により緊急搬送されるニュースが目に入りますよね。

 

熱中症にならないために、
こまめな水分補給や室温をさげるなどしている人も多いと思います。

 

しかし、熱中症にかかるのは人間だけではありません。

 

犬や猫たちも熱中症にかかるんですよ。

しかも犬や猫は熱中症にかかっても、
自分の症状を訴えることも対策を取ることもできません。

今回は、犬や猫の熱中症について説明していきましょう。

スポンサードリンク

猫や犬も熱中症になるんです!

猫や犬も人と同じ哺乳類、
もちろん水分不足や熱で熱中症にかかることもあります。

猫や犬は人間のように汗をかくことが出来ませんよね。

その為、身体にこもった熱は
舌や肉球などから逃がすしかないのです。

 

さらに、猫は元々暑さにある程度強いものですが、
犬は暑さに弱い種類が多いんです。

特に、元々寒いところが原産の種類や鼻の短い種類、
そして脚が短い種類も熱に弱いと言えます。

 

もしも大切な飼い猫や飼い犬が熱中症にかかってしまったら大変ですよね。

そうならないためにも、
ペットにも日ごろから人と同じように、
こまめな水分補給や温度設定が必要
なのです。

猫や犬が熱中症にかかったら処置や対策は速やかにしよう

猫の熱中症

スポンサードリンク

では、大切な飼い猫や飼い犬が熱中症にかかってしまったら、
どうすればいいのでしょうか?

まず、猫や犬が熱中症にかかると、
どのような症状が現れるか知っていますか?

 

猫や犬も熱中症にかかると人と同じような症状が現れます。

例えば、

  • 元気がない
  • 食欲がない
  • おう吐やよだれ
  • けいれん

なども現れます。

 

もしも猫や犬に熱中症の症状が現れたらどうすればいいのかというと、
これも人と同じように対応します。

その場合、すぐに涼しい場所に移動してあげたり、
部屋にいれば室温をさげる
そして水分を取らせるなどの対策が必要です。

まとめ

ペットの熱中症

最近では犬や猫を室内で飼っているという家庭も少なくありませんよね。

屋外であれば、犬も猫も自分が過ごしやすい場所に移動することが出来ます。

 

例えば、木陰や車の下など。

さらに、水分補給も自分でできるでしょう。

 

しかし室内で飼っている場合、
特に暑い時期に犬や猫だけを留守番させるときには注意が必要です。

室内では自分で涼しい場所を探すことが出来ませんし、
室温はどんどん上がっていきます。

その為、室内で熱中症にかかる猫や犬が多いのです。

 

もしも猫や犬を飼っている場合、
特に室内で留守番させるときには、
愛する猫や犬が熱中症にかからないように、
室温や水分など十分に気を付ける必要がありますね。

スポンサードリンク