ステンレス水筒

会社などで飲み物を節約するために、
毎日ステンレスの水筒で、
飲み物を持参している人も多いですよね。

最近では学校や幼稚園・保育園でも、
水筒を持参するようになりました。

 

しかし、ちょっと気になるのが、
実は水筒の掃除だったりするんです。

ステンレスの水筒は掃除がしにくく、
しかもすぐに汚れがついてしまうのが難点。

 

ここでは、ステンレスの水筒を、
掃除しないとどうなるのか、
そして、合わせて簡単な水筒の洗い方をご紹介します!

スポンサードリンク

ステンレスの水筒を掃除しないとこうなる!

ステンレスの水筒を、
きちんと掃除できていないと、
まず汚れが目立ってくるのがパッキンの部分ですよね。

このパッキンの黒い汚れは、
実は内側に沸いてしまった「カビ」なんです

 

さらに、水筒のステンレス部分も、
金属のたわしなどの、
固いものでこすってしまうとそこに傷が出来て、
傷部分に汚れがたまってカビが生えてしまうんです。

 

カビが身体によくないのはわかると思いますが、
実はもう一つ危険があります。

それは『金属中毒』です。

傷ついたステンレス部分から錆が発生し、
金属中毒になってしまうのです。

ステンレスの水筒の簡単な洗い方

では、ステンレスの水筒を、
簡単に洗う方法をご消化します。

 

先程もご紹介したように、
金属のたわしなどで洗うと傷をつけてしまいます。

スポンサードリンク

そうならないためには、
水筒用のスポンジで洗うのが一番です。

 

しかし、これではしっかりと汚れが、
取れないこともあります。

そんな時には、
定期的にステンレス水筒用洗浄剤を使う、
というのも一つの方法です。

 

ちなみに、ステンレス水筒で、
一番洗うのが大変なのがパッキンの部分ですよね。

しかし、残念ですが、
どんなに綺麗に洗っても、
パッキンには汚れが残ってしまいます。

その為、水筒のパッキンの部分は、
汚れたら定期的に交換をすることがおすすめ
です。

市販されていることもありますし、
直接ネットなどの通販で、
簡単に購入することもできますよ。

まとめ

ステンレス水筒

ステンレスの水筒を、
毎日のように利用している人も多いと思います。

そうなると、どうしても洗うのが、
面倒になってしまうこともありますよね。

 

しかし、きちんと洗わなければ、
すぐに汚れてしまったり、
カビが生えてしまうことになります。

それどころか、洗い方を間違うと、
病気の原因になることにすらなるのです。

 

ステンレスの水筒は、
水筒専用のスポンジで洗うのが一番です。

そしてパッキン部分は汚れたら、
清潔のために定期的に買い替えるようにしましょう。

 

せっかく水筒でエコ・節約を、
心がけているのであれば、
使っているステンレス水筒も、
キレイに長持ちさせてあげたいですよね。

スポンサードリンク