子どもの防寒対策ってしてますか?

重ね着をさせたり、
あったかいコートを着せたりと、
ママは子どものためにいろいろ考えます。

 

実は室内でも外でも意外と効果的なのが、
『肌着』なんです。

今回は、肌着の効果についてと、
半袖と長袖のどちらがいいのかをご紹介します。

スポンサードリンク

子どもだからこそ防寒対策には肌着が大事!?

子どもは大人に比べて体温調節が苦手。

あまり暖めすぎると、
うまく体温調節がいかなくなっちゃうんです。

そこで登場するのが肌着!

肌着は下着とどう違うの?

「下着」は衣類の下に直接肌に着けるもののことで、
「肌着」は肌に着るもの。

いったい何が違うの?

どちらも肌に直接触れているのにって思っちゃいますよね。

 

一応区別としては、
保温性を高めるためだったり、
快適さや衛生面を維持する目的で下着以外に着けるものが、

「肌着」!

下着売り場に売ってるけど(^o^;)

肌着は子どもを守ってくれる

子どもってよく汗をかくし暑がりじゃないですか。

なのに本当に肌着が必要なのかって思いません?

肌着はババシャツなんて言われ方もするけど、
実は大人だけじゃなく子どもにとっても、
肌着はすっごく手軽に役立つ、
欠かせないアイテムなんです。

 

肌着は保温性が高くて、
洋服の中の温度変化を、
できるだけ小さく抑えてくれる
優れもの!

寒い外から暖かい部屋に入った時などの温度差から、
しっかり子どもを守ってくれる超便利アイテム!

肌着はサイズがポイント

着せる肌着のサイズは、
ぶかぶかだとせっかくの保温性が落ちるから注意が必要。

逆にきついと動きを制限してしまったり、
子どものストレスになることもあるので、
成長に合わせたサイズを選んであげること。

 

きつくなったものをお店に持って行って、

「これだときつくなったの」

と、店員の方に相談するのもひとつの方法。

肌着の素材は綿がおススメ!

子どもの肌は柔らかくて弱いので、
大人には大丈夫な刺激でも過剰に反応することも。

そんな子どもの肌着の素材は、
やっぱり繊維自体が柔らかい綿がおススメ。

綿は吸湿性がとてもいいので、
汗をかいたら吸収してくれて、
肌が乾燥したら綿が吸収した水分を、
放出して補給してくれるなんて、
肌着の王様みたいな素材。

スポンサードリンク

 

他にも汗だけじゃない!
体から出る汚れも吸収してくれるので、
肌を清潔に保つことができることから、
発疹予防にもなり一石二鳥☆

 

裏起毛やヒートテックは汗っかきな子どもには、
ちょっと暑く感じてしまいがち。

普段の生活の中でなら普通の肌着で問題なし。

 

でも、長時間外にいるような、
シチュエーションの場合(テーマパークとか)は、
冷えないように素材をチョイスしてあげるのも、
ママの愛ですね♪

子どもの冬の肌着の長袖・半袖どちらがいい?

肌着を着せる時ママが悩むのが
半袖にするか、長袖にするかだったりしません?

なので半袖・長袖それぞれの、
メリット・デメリットをまとめてみました。

半袖のメリット

なんといっても動きやすい

袖が重なるとどうしてもぶ厚くなってしまって、
腕が動かしにくくなりますよね。

服を着せる時も袖を整える一手間が省けるのが、
忙しいママにはありがたい!

半袖のデメリット

上に着た服の素材によっては、
肌がむずがゆくてカイカイになったり、
違和感を感じてしまって子どもが嫌がることも。

長袖のメリット

なんといっても暖かい

肌着は肌に優しい素材が多いので、
子どもにとっても気持ちのいい肌触りなんですよね。

長袖のデメリット

どうしても着ぶくれで動きにくくなりがち。

服を着せる時に肌着の袖が巻き上げられたりして、
ちょっとイラっとする手間だったりします。

また、袖をまくる時にぶ厚いと、
窮屈でまくりにくいです。

保育士さんは半袖派?

保育士さんは半袖をすすめる方が多いですよね。

長袖は暖かい分やはり汗をかきやすくなるので、
冷えて風邪をひきやすくなるからですって。

でも、ママがそばにいるいっしょのお出かけなら、
こまめに汗を拭いてあげることもできるので、
まあ、ケースバイケースですか。

まとめ

子どもは自分で暑い寒いが、
まだあまり言えなかったりします。

そんな子どもには肌着は必須アイテム!

直接肌に触れるから素材はしっかり選んでげましょう。

少しでもかゆがるようなそぶりがあったら、
素材を変えてあげてみましょう。

 

住んでいる場所や環境なども考えて、
子どもに合った肌着を選んであげることで
親子共々元気に快適に過ごすのが一番!ってことですね。

スポンサードリンク