ステンレスの流し台

毎日使うキッチンの流し台。

もちろん使い終わればきれいにお掃除をして、
清潔に保ちたいものですよね。

 

でも、毎日掃除をしているにもかかわらず、
落ちにくい汚れが出てきて困ることってありませんか?

実は、ステンレスの流し台の掃除の方法は、
工夫次第で簡単にピカピカに保つことが出来るんです。

今回は、ステンレスの流し台の掃除の仕方、
そして磨き方のコツをご紹介しちゃいましょう!

スポンサードリンク

ステンレスの流し台の掃除の仕方3選

では、まずステンレス流し台の、
効果的な掃除の仕方を3つご紹介します。

クエン酸

一つ目はクエン酸を使用することです。

ステンレス流し台の白い汚れは、
ズバリ『水垢』です。

水垢を落とすのに有効なのが、
クエン酸
なんです。

 

クエン酸はミネラル分をとかす効果があるので、
水垢をとかしてステンレス流し台を、
きれいにすることが出来るのです。

水切りワイパー

二つ目は、水切りワイパーを使う事です。

水切りワイパーというと、
窓ガラスなどの掃除に、
使用するイメージがありますよね。

実はステンレス流し台の掃除にも有効なんですよ。

なぜなら、ステンレス流し台の水垢の原因は、
使用後に水が流し台に残っているからなんです。

 

だからと言って、
毎回きれいにふき取るのは大変。

そこで水切りワイパーの出番というわけです。

水切りワイパーなら、
完全に水を摂ることが出来るのでおすすめ
です。

重曹

最後に、重曹を使用して掃除をする方法です。

ステンレス流し台の汚れは、
水垢だけではなく油汚れもあります。

スポンサードリンク

油汚れの場合には、
重曹と酢がおすすめです。

特に酢は、殺菌効果も高いので、
掃除だけではなく清潔な状態を保つこともできます
よ。

最近ではお酢の成分を配合した、
ティンクルっていう水回り用洗剤も出てますよね。

これだとオスのにおいがちょっと苦手な方でも、
あまり気にせず使用できて便利です♪

ステンレスの流し台は磨き方にもコツがある!

では次に、ステンレスの流し台の、
磨き方を見ていきましょう。

 

ステンレスの流し台、
頑固な汚れはつい固いたわしなどで、
力を込めてゴシゴシと落としたいですよね。

でも、ステンレスの流し台に、
固いたわしなどは決して使ってはいけません。

傷の元になりますし、
その傷にバイキンがたまってしまい、
不衛生になってしまいます。

 

ではどうすればいいのかといえば、
やはりスポンジで洗うのが一番です。

スポンジもいろんな種類があるので、
用途をきちんと確認してから使ってください。

 

固いもので落とすというよりも、
汚れを落とす洗剤などを工夫して落としていきましょう。

まとめ

掃除

ステンレスの流し台の汚れというのは、
ちょっと気を抜くと、
すぐに落ちにくくなってしまいますよね。

でも、専用の洗剤のほかに、
クエン酸や重曹・酢などを使用することで、
キレイに汚れを落とすことが出来ます。

 

そして、ステンレスの流し台を綺麗に保つために、
大切なのは汚れたらすぐに汚れを落とすこと。

さらに、水垢汚れを防ぐために、
出来れば使用後は水気をしっかりと払う事も大切です。

 

ステンレスの流し台、
こまめに掃除をして綺麗で清潔な状態を保ちたいですね。

スポンサードリンク