花粉症

春になると花粉症の人には、
毎日つらい日々が続きますよね。

 

花粉症の症状は人によって違うもの。

はなが止まらないという人もいれば、
目のかゆみがつらいという人も。

 

目がかゆいとどうしてもこすってしまうものですが、
本当にそれでいいのでしょうか?

今回は、花粉症による目のかゆみの対策方法と、
NGの対策方法をご紹介します。

スポンサードリンク

花粉症による目のかゆみ対策

では、花粉症が原因で目がかゆいと感じたら、
いったいどうすればいいのでしょうか?

まず一番は、目に花粉が触れないように、
しっかりと予防をする必要があります

 

もっとも有効的なのは外出を避けるべきですが、
なかなかそうはいきませんよね。

そんな時には、花粉をシャットアウトする方法を試みてみましょう。

おすすめなのは、
花粉を直接防いでくれる眼鏡を着用することです。

メガネで対策

他にも、マスクや帽子・マフラーを着用することによって、
花粉を防ぐことができます。

 

そして、コンタクトレンズを使用している人は、
この時期だけでも眼鏡を使用するようにしましょう。

コンタクトレンズはレンズに花粉が付着しやすいので、
注意が必要ですよ。

コンタクトレンズをした上で、
度なしの眼鏡などをするのもおすすめです。

スポンサードリンク

花粉症の場合の目のかゆみによるNG対策法

花粉症用目薬

花粉症で目のかゆみがつらいと、
ついついやってしまう事ってありませんか?

実は、それがかゆみを悪化させている可能性があります。

 

他にも、良いと思ってやっている対策方法が、
実はNGの場合も。

 

では、花粉症で目のかゆみがつらいときに、
行ってはいけないことには、
どのようなことがあるのでしょうか?

まず一番やってはいけないのが目をこすること。

目がかゆいとついついやりがちですが、
これは花粉を目に広げているだけで、
余計に症状をひどくしてしまいます。

 

次に対策方法としてやりがちなのが、
水道水で目を洗う事。

確かに洗った直後はスッキリした感がありますよね。

でも、何度も目を水で洗うと、
目を保護している涙の成分まで洗い流してしまい、
目が傷つきやすくなってしまいます。

 

これらのことはついついやってしまうことなので、
自分に言い聞かせてやらないように気をつけましょう。

まとめ

花粉対策

花粉症の人にとって、
春の季節は本当につらいものですよね。

本当なら家から一歩も外に出たくないところですが、
そうもいきません。

そんな時には、
しっかりと花粉対策をすることが大切です。

特に花粉による目のかゆみは、
対策を間違えると目自体を、
傷つけてしまう事もあるので注意が必要です。

大切なのは、なるべく目に花粉を触れさせないようにすること。

そしてもしも目にかゆみを感じたら、
専用の目薬を使ったり、
洗眼薬などを上手に使用し対策するようにすることが大切です。

スポンサードリンク