毎年温かくなってくると花粉症に悩んでいるという人は少なくありませんよね。

花粉症と一言に言っても症状のレベルは人それぞれ。

マスクやめがねだけでなんとかしのげる人もいれば、毎年薬や注射を受けているという人も。

 

花粉を手軽にシャットアウトするものといえば、マスクやめがねですよね。

マスクは使い捨てが主流ですが、メガネは買うとなると結構なお値段がするもの。

今回は、花粉症対策に役立つめがねの選び方についてご紹介します。

スポンサードリンク

花粉症対策にめがねはかかせない

花粉症対策に欠かせないアイテムといえば、マスクやメガネですよね。

 

マスクも最近では花粉やPM2.5などを、シャットアウトしてくれる専用のものがあります。

使い捨てのものがほとんどなので気軽に試すことができますが、メガネはそうはいきません。

 

花粉症の症状としてつらいものの一つが目のかゆみ。

花粉が目に入ることで目がかゆくなってしまいどうにもならなくなってしまう事も。

そんな時に便利なのが花粉症専用のめがね

花粉症専用のめがねは、普通のめがねとは違い、目元や鼻の部分にパッドが入っていて隙間から花粉が入らないようになっているのです。

 

特に花粉症の症状が目に出やすいという人は、花粉症専用のめがねはとても重宝するのです。

花粉症対策用めがねの選ぶ時のポイント

花粉症対策専用のめがねは、今では様々なめがねブランドが力を入れている商品の一つ。

その為、初めてめがねを購入するときには、どのようなところを基準に選べばいいのか迷ってしまいますよね。

スポンサードリンク

 

そこで、ここでは花粉症対策用めがねの選び方を紹介します。

きちんと顔にフィットするもの

花粉症対策めがねを選ぶ時に一番大切なのは、自分の顔にフィットするかどうか。

顔とめがねに隙間があるとそこから花粉が入り込み、めがねの意味がありません。

めがねを購入するときには、必ず一度実際にめがねをかけてフィッチングをするようにしましょう。

くもりにくいもの

めがねを普段からつけている人ならわかると思いますが、めがねをつけていて不便なものの一つが曇ってしまう事。

特に花粉の対策でマスクもしていると、さらに曇ってしまった経験ありますよね。

気になる場合は曇り防止機能がついているものや、オプションで付けてもらうといいでしょう。

価格

一言に花粉症対策専用めがねといっても、値段は様々。

安いものでは3000円程度の物からあります。

ただ、値段が安いからいいというものではなく、やはり重視してほしいのは機能性

安く購入したのはいいけれど、機能性が低ければ意味がありませんからね。

まとめ

花粉症というのは当人にとってはとてもつらいもの。

場合によっては外出するのも大変ということも少なくありません。

 

しかし、仕事などで外出をしないわけにはいかないことがほとんどですよね。

そんな時に便利なのが花粉症対策専用のめがねやマスク。

 

ただ、専用であればどれでもしっかりと効果が得られるという訳ではありません。

特にめがねを購入する場合には、段にとらわれず自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

スポンサードリンク