口内炎

『口内炎』って誰もがなった経験があると思います。

あまりなったことがない人は、

「そんなに痛いっけ?」

と思うかもしれませんが、
できた場所にもよるけれど、
食事はもちろん飲み物もシミたり、
カップなどの縁があたって痛いんです。

 

しかもできたところを噛んだり歯があたったりして、
なかなか治らなかったりするんですよね。

気がついたら増えてたり。

 

最近は口内炎の市販薬もあったりするけれど、
薬を塗ると飲み物やちょっとした間食がしづらいんです。

薬を使わないで即効口内炎を治す方法ってないんでしょうか?

 

「ありますよ〜!」

そうなんです。

実は口内炎をすぐに治す方法はあるんです!

 

今回は痛くて辛い口内炎を即効治す方法と、
口内炎ができてしまう原因、
できないようにする予防について紹介します。

スポンサードリンク

口内炎を薬以外で即効治す方法

『口内炎』って、
口の中にできる炎症だということは、
文字を見ればわかるんですが、
実際はどんな症状を言うんでしょう。

口内炎とは

唇の裏や歯茎、頬の内側などの口の中や周辺にできる、
炎症の総称になります。

白い膜状でその周りが赤く炎症を起こし、
ちょっと触れるだけで非常に痛みを伴います。

 

実は口の中は外部との接触が多いので、
細菌が侵入しやすい場所となっています。

インフルエンザなども、
口から侵入してくるケースが多いですよね。

 

この侵入してきた細菌が、
口の中にできた傷に入り込むことで炎症が起きて、
口内炎になってしまうわけです。

口内炎の治し方

とにかく痛いしご飯は食べられないし、
口内炎は一刻も早く治したいですよね。

口内炎を即効で効果的に治すには、
口内の細菌をまずは抑えていきましょう。

①うがい薬

口内炎を即効で治したい場合は、
とにかく口内の細菌が繁殖できないようにする必要があります。

ということは、
殺菌や消毒効果のあるうがい薬は、
実は効き目が大きいんです。

直接塗る薬に比べれば即効性には欠けますが、
こまめに使う頃ができるので、
細菌の繁殖は防ぐことができますね。

うがい薬だと、
イソジン・デンタルリンスなどがありますね。

 

うがいのときの注意は、
優しくすることです。

激しめだと幹部の傷が広がったり、
傷の悪化を招いてしまうかもしれません。

②はちみつを塗る

うがい薬は味が苦手という人もいますよね。

そんな人にオススメなのが、
口内炎にはちみつを塗ることです。

 

はちみつは実は殺菌作用がとても強くて、
炎症を抑えてくれたり、
痛みを抑えてくれる効果もあるんですよ。

 

毎食後、歯を磨き終わったら、
口内炎ができているところに塗るだけです。

手軽で安全で美味しいという、
やらない理由が見当たりません。

 

はちみつの中でも『マヌカハニー』は、
他のはちみつより殺菌効果が高いので、
より効果が期待できます。

③しっかり睡眠

睡眠不足による免疫力の低下が、
炎症の回復を妨げるので、
日付が変わる前には横になるように努力するなどして、
質の高い睡眠を心がけましょう。

④水分補給はこまめに

乾燥すると細菌はラッキーとばかりに繁殖しやすくなります。

スポンサードリンク

水分補給をこまめにすることで、
体内や口内の乾燥を抑えて、
細菌が繁殖しづらくなるので、
口内炎が治りやすい環境になるんですね。

 

水分補給は大事ですが、
このとき気をつけたいのが、
あまり熱いものや冷たいもの、
刺激の大きい炭酸系などは避けること。

刺激で悪化することもあるので、
ここはポイントですよ!

⑤ビタミン剤というかビタミンB

CMでもありますが、
チョコラBBプラスはいいですね。

ビタミンB群配合なので、
効果は期待できます。

ビタミンB2は皮膚や粘膜を守ってくれるし、
ビタミンB6は皮膚や粘膜の健康維持に効果があります。

 

食事で摂取するのが理想ですが、
一人暮らしだったりするとけっこう大変なので、
サプリメントを利用するのもアリですよ。

口内炎の原因は複数あるんです!

口内炎ってなんでできるんでしょう。

気付くと口に中にできていて、
気付いたときにはもう痛いんですよね。

①口内に傷ができる

食事中に頰の裏を噛んじゃったり、
歯磨きのときに知らないうちに傷をつけてしまったり、
歯が当たることで小さな傷ができたりと、
口内は意外と傷つきやすいんです。

この傷が原因で口内炎になってしまうことがあります。

②ビタミンB2・B6不足

ビタミンB2・6の不足で、
傷を最近から守る唾液などの粘液が減ってしまい、
口内炎ができやすい環境になってしまいます。

2・6だけじゃなくて、
ビタミンB群は積極的に摂るようにしましょう。

③ストレスや睡眠不足

ストレスや睡眠不足、疲労は体力を低下させてしまうので、
免疫力も下がってしまいます。

意識してしっかり睡眠をとるなどして、
疲れを体に溜め込まないようにしましょう。

 

他にも虫歯があったり、
入れ歯をしていたりする場合に、
口内や入れ歯を不衛生にしておくと、
細菌が入りやすくなって、
口内炎になりやすい口内環境になってしまいます。

口内炎にならないように予防するならこちら♪

口内炎 うがい

口内炎になってしまったら、
とにかくすぐに対処することがポイントです。

でも、一番は口内炎にならないことですよね。

①口内を清潔に保つ

食事の後にはちゃんと歯磨きをして、
マウスウォッシュなどで口内全体が殺菌・消毒することがおすすめ。

うがいはこまめにしましょう。

②ビタミンB2も大事だけどCもね!

ビタミンB2は粘膜を守ってくれるので、
必ずしておきたい予防です。

ビタミンB2を含んでる食材は、
レバー・納豆・卵・うなぎ・海藻・乳製品
などがあります。

 

ビタミンCは果物や野菜からも採れますし、
サプリメントを利用するのもアリ!

できれば偏食しないで、
いろいろな食材を食べるように心がけましょう。

③規則正しい生活

どんなことでもそうですが、
規則正しい生活は基本です。

抵抗力をしっかり保つことで、
口内炎にならないようにしましょう。

まとめ

口内炎はできると本当に厄介で、
早く治って欲しいと思いますよね。

でも、意外と身近なことで即効性のある治す方法ってあるんです。

うがい薬や蜂蜜などは、
家に常備しておいても邪魔にならないし、
水分補給は体にいいので、
普段から心がけている人も多いと思います。

原因をしっかり知ることで、
口内炎にならないように予防することもできますね。

痛い思いはできるだけしたくないので、
さっさと口内炎ができたら治しちゃいましょう!

スポンサードリンク