お年玉

毎年お正月になると、
子供が楽しみにしているのがお年玉ですよね。

少し前までもらう立場だったのに、
気付けば自分も甥や姪にお年玉をあげる立場に。

 

でも、お年玉ってどのくらい渡せばいいのでしょうか?

少なすぎて「ケチ」と思われても嫌ですし、
あまり高額なお年玉をあげるのもちょっと…。

 

今回はそんな子供にあげるお年玉の金額、
特に小学生の甥や姪には、
どのくらいが相場になっているのかをご紹介します。

スポンサードリンク

お年玉の相場は年齢や関係で変わる

まず、お年玉の金額の相場から見ていきたいと思います。

初めてお年玉をわたす場合、
正直金額に困りますよね。

 

お年玉の金額というのは、
おおよそですが、
渡す相手の年齢や関係で変わってくるんです。

例えば、幼稚園時くらいの小さい子に、
高額を渡しても仕方ありませんし、
逆に高校生や大学生に1000円では、
さすがに少ないですよね。

 

さらに、あげる相手によっても違ってきます。

 

お年玉をあげる相手って、実に様々ですよね。

甥や姪はもちろん、
友達の子供や会社の上司のお子さんなどなど。

もちろんお孫さんにもお年玉を渡しますよね。

これらの子供に渡すお年玉が、
同じ額というのもちょっと考え物です。

 

もしもお年玉を渡す額に困ったら、
甥や姪なら兄弟に、
友達の子供なら友達に、
そして会社の上司などの子供なら、
会社の同僚などに相談するといいですよ。

お年玉の相場は小学生の甥や姪ならこれくらい

お年玉の相場

スポンサードリンク

では、もしもお年玉を小学生の甥や姪に渡す場合は、
どのくらい渡せばいいのかを見ていきたいと思います。

 

まず、小学生の低学年の場合です。

小学生低学年の頃になると、
お金の価値や意味がはっきり分かり、
ようやくお年玉がうれしく感じられる頃となります。

他にも、自分で買いたいものを買う、
というようなこともある年ごろでもありますよね。

その為、2000円程度が相場になっています。

 

さらに、小学生高学年になると、
もう少し上乗せする人が多くなるようです。

小学生高学年ともなると、
女の子は友達とお揃いのものを欲しがったり、
男の子ならゲームソフトなど高額なものを、
欲しくなる年齢でもあります。

そんな年頃の子のお年玉の平均は、
3000円程度です。

 

この金額はあくまでも相場ですが、
こんな感じという参考金額として、
目安にはなると思いますよ。

まとめ

お年玉に喜ぶ小学生

小学生くらいになると、
毎年お正月にもらえるお年玉を、
とても楽しみにしている子が増えます。

さらに、幼稚園までは、
丸々親が預かっていたものを、
小学生からは自分で自由に使えるようになる子も。

そんな小学生の期待を裏切らないように、
お年玉はきちんと渡すようにしましょうね。

ちなみにこちらで紹介したお年玉の金額は、
あくまでも相場となります。

もしも親戚同士などで、
金額を合わせているのであれば、
そちらに従うようにしましょう。

スポンサードリンク