冷え性

女性についてまつわる体の不調って多いですよね?

それだけ、男性より繊細に出来ているのでしょうか。

 

その中でも多くの女性が悩むのが、
『冷え性』。

冷え性に悩むのは冬だけじゃありませんよね?

夏の冷房の効きすぎによる、
冷え性も実はあります。

ということは、一年中、
冷え性で悩むハメになる訳ですね。

 

私も冷え性であります。

冬は靴下を二重履きにしていますし、

「体に逆に良くない」

と言われているけれど、
寝る時も靴下を履いてしまいます。

そうしないと足が冷えて眠れないんですよ。

 

こんな辛い冷え性から解放されるには、
冷え性の原因と対策を考えることから始めましょう。

スポンサードリンク

冷え性を治す前に知っておきたいその原因

冷え性は主に血行不良が原因で起こります。

血液の流れが悪くなることで、
手足に新鮮なエネルギー届かなくなるのです。

それと同時に疲労物質が体の中に、
残ってしまうことがさらに、
冷え性の原因となります。

 

そういう状況をどうして作ってしまうのか?
それには自分自身でも、
原因を作ってしまっていることがあるんです。

 

例えば、過度な無理無理ダイエット。

無理なダイエットによる、
栄養バランスの乱れから、
冷え性を引き起こしてしまうことも。

 

女性はダイエットをしている人が多いですよね。

私も数え切れないくらいダイエットを経験しています。

 

体重が減ることだけをフォーカスして、
体を健康に保つことが、
おろそかになっていることに気付かないと、
冷え性だけでなく他にも便秘になるなど、
ダイエット次第では体調を崩すこともあるんです。

 

女性の特徴で言えば、
服装も冷え性に関係してきます。

体にぴったりとした服装をすると、
血の流れが上手くいかないという、
これも立派な冷え性の原因になっちゃうんです。

 

そして、女性である限り、
逃れられない、ホルモンバランスの乱れ。

1ヵ月に1回来る生理によっても、
冷え性の原因となるんですね。

スポンサードリンク

 

もともとの体質で冷え性になる人もいるようなのですが、
ストレスを溜めることで、
自律神経の乱れが起こることもあるから、
ストレスさえも、冷え性の原因になるんです。

会社でもできる冷え性対策温める3つのコツ

冷え性で辛くても、
会社を休む理由にはなりません。

私は個人的には、
冷え性も立派な病気であると思っています。

だってこんなに辛いんですから!

 

冷え性じゃ会社を休むことも出来ないわけです。

冷え性対策も堂々と出来ませんよね。

だって、極端な話し、

「冷え性だからオフィスにこたつを置いて下さい」

などとは言えません。

 

なので、オフィスでも出来る、
隠れ冷え性対策をこっそりご紹介します。

その1:腹巻きをする

腹巻きなんてかっこ悪いと思いますか?
洋服に隠れて見えないのですから、
隠れ腹巻きをしてみてはいかがでしょうか?

 

腹巻きがもたらす効果には、
便秘、胃もたれ、下痢の改善。

足のむくみ、腰痛、生理痛の改善。

など、色々な効果が期待出来るんです。

もちろん、冷え性にも!

 

そして何と言っても、
着脱しやすいんですよ!

トイレでチャチャット脱いだり着たりできるのは、
本当に助かります。

その2:使い捨てカイロ

カイロですと、
どこに貼るのが一番冷え性にいいと思いますか?

やはり、お腹ですかね?

 

実は、首を温めることで、
全身が温まることが解っているんです。

マフラーやスカーフなどを利用して、
首にカイロを貼る方法をお勧めします。

お腹ももちろん冷え性には効果的です。

特に足の冷えに期待出来ます。

その3:指なしグローブ

オフィスでパソコンを使う方も多いと思います。

ですが、指先がかじかんでいては、
パソコンも打てないですよね。

それには、指なしの手袋がいいですよ。

今は可愛いデザインのものも出ています。

 

手の平から手首を覆うだけで、

「え?こんなに違うの?」

と思うくらい冷え性対策に向いています。

まとめ

冷え性に万能薬はありません。

普段の生活の中で、
いかに工夫して冷え性対策をしていくかしかありません。

便利で手軽な、
腹巻やカイロ手袋などを使って
しっかり対策することが大事です。

冷え性とは一生付き合っていく覚悟をして、
自分なりのベストな冷え性対策を行っていきましょう。

スポンサードリンク