静電気体質

冬が近づき乾燥する時期になると、
気になるのが静電気ですよね。

ふと鉄のドアノブや車のドアを触った時に、
「バチッ」とくると、
かなり痛いもの。

 

でも、静電気体質になってしまうと、
人と触れるだけでも静電気が起こることがあります。

中には、

「去年まではこんなに静電気は無かったのに」

と、疑問に思う人も多いかと思います。

 

では、静電気体質になるには何か原因があるのでしょうか?

合わせて静電気を防ぐ方法もご紹介しちゃいます!

スポンサードリンク

静電気は体質じゃないから急になったら原因がある!

去年まではこんなに静電気は起こらなかったのに、
今年はやけに多いと思う事ってありませんか?

そんな時、

「静電気体質にでもなったのかな?」

と不安になりますよね。

 

でも、実は静電気は体質ではないんです

ではなぜ急に静電気が、
起きやすくなってしまうのでしょうか?

 

まず考えられることに、
衣類があります。

特に女性なら、
毎年その年の流行に合わせた服を着ますよね。

その購入した服が、
実は静電気を起こしやすい素材なのかもしれません。

やけに静電気が今年は起こりやすいと感じたら、
衣類の素材を見直してみてください。

 

他にも、お肌の水分が不足している可能性もあります。

スポンサードリンク

お肌の水分が不足して、
お肌が乾燥していると静電気が起きやすいのです。

 

このように、静電気を起こしやすいと感じたら、
まずは自分の身の回りを見直してみてください。

静電気を防ぐ対処方法

では、あの「バチッ」と痛い、
静電気を防ぐ対処方法をご紹介します。

 

まず、家のドアノブなどで静電気を受けやすい場合は、
ドアノブを触る前にドア自体を触ってください。

家のドアって、
木製の場合が多いですよね。

木というのは静電気を逃がす効果があるんです。

つまり、身体にためた静電気を、
まず木を触って逃がしてからドアノブを触れば、
静電気が起きにく苦なるんです。

 

次に、しっかりと保湿をすることです。

静電気の原因の一つは乾燥です。

それは空気もそうですが、
お肌が乾燥していても静電気は起きにくいのです。

特に手は一番静電気を浴びてしまうところになるので、
ハンドクリームなどで常に保湿を心がけましょう。

まとめ

静電気の対処方法

冬の感想の時期のあの、
「バチッ」と感じる静電気、
とても嫌ですよね。

しかし、静電気体質は、
実は体質ではないことが多く、
簡単に抑えることができます。

まずは静電気が起きにくいように、
一番起きやすい手は乾燥を防ぐようにしましょう。

あとは静電気の置きにくい素材の服を選んだり、
木製のものを触って、
事前に静電気を逃がすようにするといいですよ。

スポンサードリンク