読書感想文

夏休みはもちろん、
国語について回るのが『読書感想文』!

「また書くの?」

なんて思わず眉間にしわ寄せちゃいますよね。

 

「まあなんとかなるよね」

と思ってついつい後回しにしがちじゃないですか?

 

でも気がついたらもうやばい感じになっていること、
正直あるんですよね。

まだ本も読んでないどころか、
何を読むかさえ決めてないなんてことも。

 

中学生にもなると2〜3枚の原稿用紙で済ますわけにもいきません。

そんな待った無しの状態のあなたに、
読書感想文の書き方のコツについて、
こっそり教えちゃいましょう。

どんな本を選べばいいかまでいきますよ!

スポンサードリンク

読書感想文の書き方は中学生ならまず構成!

誰もが聞いたことがあると思いますが、
読書感想文などを書くときには、

「『起承転結』が大切です」

なんて言われませんか。

 

そんなのなんとなくだけど知ってますよね。

わからないのはその『起承転結』なんですよ!

 

ここではその『起承転結』を、
もっとわかりやすく教えちゃいましょう。

読書感想文の構成

①書き出し

どうしてこの本を読もうと思ったのか

まずはここからです。

なんとなく帯や推薦文、あらすじなどで、
本の内容がわかっていますよね。

なので読む前の自分は、
この本に対してどう思っていたのかを書きましょう。

その本の意味や言いたいことがわからなくても、
帯の推薦文などで、

「○○と言っているがどういうこと(意味)なのか」

みたいなことでもいいんですよ。

最初は疑問から始まっていいんです!

②本のあらすじ

その本の内容がどんな話なのかを書きます。

主人公が何をどうしたとか、
どういう時代背景でどんなことがあったのかなど、
本当にあらすじですね。

③感想

ここでは本のストーリーというか、
あらすじに対しての第一印象みたいな感想です。

主人公の行動に対してや、
話自体にあなたがどう感じたかを書きましょう。

④自分ならどうする?

今まではどこにでもある感想文ですが、
ここからオリジナリティーを出していきます。

主人公の行動や言葉に対して、
自分ならどうするか
を書いていきます。

自分の経験してきたことや、
主人公の変化などを自分と比べてみるなど、
ここで自分という存在を主張します。

過去の自分なら主人公の立場になったときにどうしたかや、
今の自分ならどうするなど、
自分に置き換えて考えてみたことを書くと、
あなただけの感想文らしくなります。

⑤結論

読んで自分はどう変わったかや、
最初に思っていた疑問にどんな答えが出たのかを書きます。

読んで自分がどうしていきたいと思ったかや、
参考や反面教師などどう取り入れていくのかなどを、
しっかり書いていきましょう。

まとめは感想ではなく、
結論を書くことがポイント

この本読んでこれから自分がどうしていくのか、
何を学んだのかを書いておくことが大切です。

スポンサードリンク

 

だいたいこの5点を押さえておけば、
そこそこの長さになりますし、
まとまった感想文になると思いますよ。

 

本を読むときにこの点を意識して読めば、
感想文が書きやすくなるはずです。

読書感想文は中学生なら書き出しのコツはコレ!

文章を書くときのポイントは、
書き出しにあると言っても過言ではありません。

最初の掴みが大事って、
お笑いなんかでも言いますよね。

書き始めに先生が興味を持つようなことが書かれていたら、
もうそのあとはちょっとくらいもたついても、
最後まで一気に読めてしまいます。

 

ということはこの書き始めさえキッチリ押さえられたら、
読書感想文は完成したも同然?

 

とにかく『書き出し』はとっても重要なんです!

 

ではどんな書き出しがいいんでしょうか。

具体的なコツですが、
ポイントはこんなところです。

  • どうしてこの本読もうと思ったのか
  • 本を読んだ感想を簡略にまとめて書く
  • 読んだ後に自分が変われそうな(学べそうな)ことを書く
  • どうしてこの本と出会うことができたのか
  • 自分のことから書き始める
    こんな自分なので、真逆な内容が気になったなど
  • 読んでみての疑問点から入る
    主人公はなんでこんなことをしたのかなど
  • 印象に残ったセリフから
    どうしてこんなセリフを言ったのか気になった

などを書くことです。

これは最後の結論に繋がっていき、
それがこの読書感想文のテーマになる
わけです。

 

面白そうというきっかけには、
面白そうと思った理由が必ずあるはずなんです。

なのでただ単純に

「面白そうだったから」

と書き始めるのではなく、

例えばサッカー関連の本だったら、

「自分もサッカーをやっているので参考になると思った」

とかでも全然OKなんですよ。

読書感想文

これだけで「どうして」がわかるので、
読書感想文を読む人は、
感情移入がしやすくなるんですね。

読書感想文は中学生ならこんな本を選ぼう

読書感想文は本を選ぶ段階でつまずく人も多いですよね。

普段本を読み慣れていないと、
感想文にあった本を選ぶだけで、
もうなんだかイヤになってきてしまいがち。

 

そんなあなたが『書きやすさ』を重視して選ぶのなら、
大きなポイントはこれ。

自分と共通点がある本

これが意外と大事だったりします。

 

  • 主人公が自分と同じ悩みを持っている
  • 主人公が同じ部活
  • 自分が主人公の立場ならどうするかが考えやすい

などだと、
過去の自分に置き換えたり、
今の自分を見つめられたりと、
これからの自分に活かせるようなことがありそうですよね。

まとめ

どうでしょうか。

なんとなくかけそうな気がしてきましたか?

中学生にとって読書感想文は意外と大事です。

この後の受験にも役にたつかもしれませんよ。

 

本を選ぶところから読書感想文は始まっています。

面白かったり人気のある本が、
読書感想文が書きやすいわけではありません。

読書感想文の構成を考えながら、
読んだら面白そうで、
感想も書きやすそうな本を選んで、
サクッと宿題を片付けちゃいましょう。

スポンサードリンク