潮干狩り

春から初夏の一大レジャーのひとつといえば、
『潮干狩り』があげられますよね。

 

実は茨城県内には多くの潮干狩り場があるんです!

誰でも特別な技術など必要がなく楽しめるレジャーとして、
家族連れにも人気がありますが、

「潮干狩り行ったことないよ」

という方も意外と多かったりします。

どこに行ったらいいのかわからなかったり、
なんだか大変そうだと感じていらっしゃる方も。

 

そんな方にもぜひ潮干狩りデビューをということで、
茨城で無料でできる潮干狩りスポットTOP3をご紹介します!

料金、アクセス、施設の詳細なども紹介していますよ〜☆

スポンサードリンク

無料潮干狩り場の茨城県おすすめその① 大洗第二サンビーチ

北関東最大級の砂浜『大洗サンビーチ』は、
茨城県内有数の潮干狩りスポットです。

広大な砂浜でのびのび潮干狩り

広大な砂浜に遠浅のビーチは夏は海水浴場として有名ですが、
実は天然の潮干狩りスポットとしても有名なんですよ!

 

東京などからいくのにはちょっと遠く感じますが、
常磐道から北関東自動車道(東水戸道路)を使えば、
首都圏からのアクセスもいいので、
日帰り旅行気分で出かけるのも楽しいですよね。

 

貝は大洗サンビーチは自然の砂浜の海岸で観光施設ではなく、
潮干狩り用に貝を撒いたりはしていないため、
取れる日取れない日はどうしてもあります。

天然の貝を探す醍醐味が味わえるのは、
子どもにもいい体験になるのではないでしょうか。

 

とはいえ家族で行って楽しく潮干狩りを楽しむ分には、
そこそこの収穫はあるのでまずは運試し気分でチャレンジです☆

 

潮干狩りというと『アサリ』と思われがちですが、
ここ大洗第二サンビーチではアサリは採れません!

その代わり『ハマグリ』が採れますので、
すまし汁や酒蒸しで夕ご飯もいいものですよ。

 

気をつけなくてはいけないのが、
大洗サンビーチは第一と第二に分かれていて、
潮干狩りができるのは『第二サンビーチ』のみです。

第一サンビーチは保護区域なので潮干狩りは禁止ですので、
注意して潮干狩りを楽しみましょう!

『大洗第二サンビーチ』の潮干狩りのルール

  • 3cm以下の鹿島灘はまぐり、こたまがいを採るのは禁止です。
    ほっきがいは,7cm以下のものは採るのは禁止です。
  • 使える道具は『柄の長さ50㎝未満・つめの長さ5㎝未満・つめの幅20㎝未満』のものです。
    網をつけることは禁止です。
    市販品を購入する場合には十分注意してください。
  • ひとりが1日で採れる貝の量は1Kgまで。
  • 第一サンビーチはハマグリ保護区域なので立ち入り禁止です。

大洗町から神栖市の海岸は、
鹿島灘ハマグリ・コタマ貝・ホッキ貝などを対象に、
漁業権というものが設定されていて、
本当なら一般の人が貝を自由に採っちゃダメな区域なんです。

 

でも鹿島灘漁業権共有組合連合会さんが、
地域振興を図ろうと制限付きで認めてくれているんですね。

そのおかげで無料で楽しく潮干狩りができるわけです。

 

これからもずっと潮干狩りを楽しむため&資源保護のためにも、
ルールを守って潮干狩りをエンジョイしましょう♪

『大洗第二サンビーチ』のデータ

採れる貝の種類
ハマグリ ホッキ貝 コタマ貝
料金
無料です
所在地
茨城県大洗町大貫町地先
問い合わせ先
TEL 029-266-0788/大洗観光協会
施設
トイレ/あり(4カ所)
更衣室/なし
休憩所/なし
コインロッカー/なし
シャワー/なし
レンタル用品/なし
アクセス
【電車】鹿島臨海鉄道大洗駅→徒歩15分
(茨城交通大洗サンビーチ行き臨時バスもあり)
【車】 東水戸道路水戸大洗ICから国道51号経由7km10分
駐車場
あり/7,500台(障害者用50台)
無料
URL
http://www.oarai-info.jp/play/ebb_tide.htm
備考
ビーチ近辺に食事ができるところや、
日帰り天然温泉『潮騒の湯』などがあります

無料潮干狩り場の茨城県おすすめその② 波埼海水浴場

首都圏から少し足を伸ばしただけで、
プチ旅行気分も味わえる潮干狩りスポットが『波埼海水浴場』です。

『快水浴場百選』に認定された白い砂浜でリフレッシュ

環境省の『快水浴場百選』に認定されている『波埼海水浴場』は、
白い砂浜が広がる水のキレイなことで有名で、
夏には海水浴場として大勢の人でにぎわいます。

遠浅で波がそれほど強くありませんので、
子どもから高齢の方まで遊びやすい海でといえますね。

 

波崎海水浴場はハマグリがメインで採れる潮干狩りスポットで、
アサリも採れますがどの貝も砂浜に稚貝を撒いているのではなくて、
あくまでも天然の貝を掘って採るため、
行ったら必ず採れる訳ではないんです。

 

たくさん採れたらラッキーくらいの気持ちで、
潮干狩りを楽しむのがいいんでしょうね。

 

波埼海水浴場にも無料シャワーはありますが、
隣接する『サンサンパーク』は、
温水シャワーやトイレなどがある休憩施設なので、
こちらも利用できるのはポイント高いです☆

『波埼海水浴場』の潮干狩りのルール

  • 3cm以下の鹿島灘はまぐり、こたまがいを採るのは禁止です。
    ほっきがいは,7cm以下のものは採るのは禁止です。
  • 使える道具は『柄の長さ50㎝未満・つめの長さ5㎝未満・つめの幅20㎝未満』のものです。
    金網や網をつけた道具は禁止です。
    市販品を購入する場合には十分注意してください。
  • ひとりが1日で採れる貝の量は1Kgまで。

大洗町から神栖市の海岸は、
鹿島灘ハマグリ・コタマ貝・ホッキ貝などを対象に、
漁業権というものが設定されていて、
本当なら一般の人が貝を自由に採っちゃダメな区域なんです。

 

でも鹿島灘漁業権共有組合連合会さんが、
地域振興の一環として制限付きで認めてくれているんですね。

そのおかげで無料で楽しく潮干狩りができるわけです。

 

これからも多くの人が潮干狩りを楽しむため&資源保護のためにも、
ルールを守って潮干狩りをエンジョイしましょう♪

スポンサードリンク

『波埼海水浴場』のデータ

採れる貝の種類
ハマグリ シオフキ貝 アサリ
料金
無料です
所在地
茨城県神栖市波崎字豊ヶ浜
問い合わせ先
TEL 0299-90-1217/神栖市商工観光課
施設
トイレ/あり
更衣室/なし
休憩所/あり
コインロッカー/なし
シャワー/あり 隣接の『サンサンパーク』に温水シャワー/あり 3分100円
レンタル用品/なし
アクセス
【電車】JR総武本線『銚子駅』下車→波崎海水浴場行きバス→約10分
『波崎海水浴場下車』下車→徒歩5分
【車】 東関東自動車道潮来インターチェンジ約50分
【高速バス】JR東京駅八重洲南口『波崎行き』乗車→『波崎総合支所』下車→車で約10
【路線バス】JR鹿島線『鹿島神宮駅』下車→『銚子駅行き』バス乗車→約100分
『波崎診療所入口』下車→徒歩10分
駐車場
あり/600台
無料
URL
http://www.city.kamisu.ibaraki.jp/
備考
隣接に『サンサンパーク休憩施設』があり、
温水シャワー・トイレ・自動販売機・休憩室が使用できます
連絡先 TEL 0479-44-8069

無料潮干狩り場の茨城県おすすめその③ 日川浜海岸

『日川浜海岸』は「にっかわはま海岸」と読みます。

ちょっと地元の方以外は「ひかわ」や「にちかわ」なんて読んでしまいそう。

風車が目印の『日川浜海岸』

『日川浜海岸』はとにかく白くて広い砂浜と、
目の前に広がる海のコントラストが素敵
なロケーションで、
サーフィンや釣りなどを楽しむ人からも人気のスポット!

海岸線に立ち並ぶ風車は雄大で、
他の海岸とはちょっと違う雰囲気が味わえます。

 

夏にはもちろん海水浴客でにぎわう海水浴場です。

 

近くにはオートキャンプ場や温浴施設があるので、
潮干狩りの後はBBQを楽しんだり、
お風呂でゆ〜ったりとくつろいで日頃の疲れをリフレッシュ、
なんてこともできるのがうれしいポイントですね♪

 

家族でも友人同士でもカップルでも、
無料で潮干狩りが楽しめるのはありがたいことですよ。

 

この辺りは元々はとても貝が豊漁だったんですが、
年々資源が減少してしまっています。

もちろん保護活動もしているのですが、
そう一朝一夕にいかないのが自然なので、
潮干狩りに行っても必ず貝がたくさん採れるという訳ではないんです。

 

豊漁を願いながら採れたらラッキーくらいの気持ちで、
潮干狩りに行くのがベターなのかもしれませんね。

『日川浜海岸』の潮干狩りのルール

潮干狩りのくま手

  • 3cm以下の鹿島灘はまぐり、こたまがいを採るのは禁止です。
    ほっきがいは,7cm以下のものは採るのは禁止です。
  • 使える道具は『柄の長さ50㎝未満・つめの長さ5㎝未満・つめの幅20㎝未満』のものです。
    金網や網をつけた道具は禁止です。
    市販品を購入する場合には十分注意してください。
  • ひとりが1日で採れる貝の量は1Kgまで。

大洗町から神栖市の海岸は、
鹿島灘ハマグリ・コタマ貝・ホッキ貝などを対象に、
漁業権というものが設定されています。

本当なら一般の人が貝を自由に採っちゃダメで、
この日川浜海岸もその区域にあたります。

 

でも鹿島灘漁業権共有組合連合会さんが、
地域振興の一環として制限付きで認めてくれているんですね。

そのおかげで無料で楽しく潮干狩りができるわけです。

 

少しでも多くの方がこの海岸で楽しめるように、
互いに心遣いや思いやりを持って、
ルールを守って潮干狩りを楽しみましょう♪

『日川浜海岸』のデータ

採れる貝の種類
ハマグリ アサリ
料金
無料です
所在地
茨城県神栖市日川字海岸砂間地先
問い合わせ先
TEL 0299-90-1217/神栖市商工観光課
施設
トイレ/あり
更衣室/なし
休憩所/なし
コインロッカー/なし
シャワー/あり
レンタル用品/なし
アクセス
【電車】JR成田線『下総橘駅』下車→車で約15分
【車】 東関東自動車道潮来インターチェンジ約35分
【高速バス】JR『東京駅』八重洲南口発『鹿島神宮行き』乗車→『鹿島セントラルホテル』下車→車で約25分
駐車場
あり/約600台
無料
URL
http://www.city.kamisu.ibaraki.jp/8599.htm
備考
車で5分以内に『日川浜オートキャンプ場』があります
市営温浴施設『湯楽々』や『ゆ〜ぽ〜とはさき』などが近くにあります

まとめ

首都圏からも行ける茨城県の無料で楽しめる、
潮干狩りスポットTOP3
をご紹介してきました。

 

どちらも楽しく潮干狩りを体験できて、
それぞれ魅力的な場所ですよね。

初めての方やまだここには行ったことがないという方、
行ってみたいなと思われた海岸に、
足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

 

紹介した場所は潮干狩りのための海岸ではありませんので、
各自で道具などは持参してください。

 

潮干狩りに持っていくものや服装などは、

こちらの記事にまとめていますので、
参考にしていただけたらうれしいです♪

潮干狩りの持ち物は子供が一緒ならこれ!服装や靴、便利グッズも紹介♪

スポンサードリンク