意外とお得

2019425日から616日まで長野県松本市で行われている信州花フェスタ2019

 

開催日が6月までとあって、ゴールデンウィークを過ぎてから行こうと考えている人も多いのではないでしょうか?

しかし、大きなイベントとなると気になるのが入場料金や駐車料金。

 

他にも、花フェスタというだけあって小さな子供も楽しめるのか心配ですよね。

そこで今回は、信州花フェスタの料金とイベント内容についてご紹介します。

スポンサードリンク

信州花フェスタ2019の料金は驚きの低価格!

まずイベントに行くとなると気になるのが料金ですよね。

特に家族で行くとなると、駐車料金や入場料などお金がかかるところはいっぱいあります。

 

しかし、信州花フェスタ2019は、驚くほど低価格で楽しむことが出来るんです。

まず、併設されている専用駐車場の利用料金は無料

もしも交通機関で行ったとしても、最寄り駅から無料のシャトルバスが利用できます。

 

そして驚きなのが、入場料無料で楽しめるという事です。

メイン会場となる信州スカイパークはとても広い会場ですが、入場無料でたっぷりと草花を見ながら楽しむことが出来るんです。

 

さらにイベントが行われるサブ会場、国営アルプスあずみの公園の入場料も、

  • 大人(15歳以上)…当日券450円 2日通し券…500
  • シルバー(65歳以上)…当日券210円 2日通し券…250
  • 子供(14歳以下)…無料

 

このように大人でも2日で500円、子供なら無料で楽しむことが出来るんです。

スポンサードリンク

これなら子供と一緒でも低価格で安心して楽しむことが出来ますね!

子供も楽しめるイベントもある♪

花フェスタ イベント

花フェスタと聞くと、大人は花を見るのは楽しいけれど、子供はただ見るだけでは飽きてしまうのではと心配になってしまいますよね。

 

しかし、信州花フェスタ2019では、ただ花を見るだけでなく、様々なイベントが日々開催されています。

 

例えば、ただ花を見るだけでなくフラワーアレンジメントやパステルアート、押し花づくりなどを体験することが出来ます。

押し花

女の子向けなら天然石を使ったアクセサリー作りもあるのでおすすめですよ。

また、男の子向けなら、「冒険心くすぐる森の遊び場『あそびの森』は、森の遊具で身体を動かして遊ぶことが出来るので飽きることがありません。

まとめ

信州花フェスタ2019は、お財布にも優しく子供連れでも楽しめる一大イベントとなっています。

会場も広大ですし、イベントも盛りだくさんなので、子供から大人まで1日中楽しめますよ。

ゴールデンウィークは混雑を心配して足を運ばなかったという人も、ぜひ一度家族で訪れてみてはいかがでしょうか?

 

駐車場についてはこちらをご覧ください♪

スポンサードリンク