毎年温かくなってくると、
気になるのが花粉症ですよね。

中には外に出るのもつらいという人や、
薬で対応しているという人も多いですよね。

 

花粉症というと大人がかかっているイメージが強いですが、
もちろん子供でも花粉症にかかる子はいます。

では、赤ちゃんの場合はどうなのでしょうか?

今回は赤ちゃんの花粉症についてご紹介します。

スポンサードリンク

 赤ちゃんも花粉症になるのか

まず、赤ちゃんは花粉症になるのかどうか、
ということについてご紹介します。

特にパパやママが花粉症だと、
子供も花粉症にならないか心配になりますよね。

 

そもそも花粉症というのは、
目や鼻などから花粉が入ってくることで
身体がそれに対抗しうるIgE抗体を作り出し、
一定量蓄積されることで起こります。

つまり、子どもでも花粉症にはなりますが、
IgE交代が蓄積されるまで時間がかかるため、
新生児が花粉症になることはほとんどありません

赤ちゃんが花粉症かと不安なら0歳からできる検査がこれ

実は、子どもの花粉症というのは、
大人のようにはっきりとわかりにくいことがほとんど。

症状が鼻水やくしゃみ、
目のかゆみなので、
もしも花粉症を発症していても、
風邪と間違われて見過ごされることが多いんです。

スポンサードリンク

 

では、赤ちゃんが花粉症にかかっているかどうか、
調べるのにはどうしたらいいのかというと、
やはり病院を受診することをおすすめします。

 

病院では、赤ちゃんが花粉症かどうか調べるために血液検査が行われています。

血液中のIgE抗体の量を調べることで、
花粉症の診断をすることができます。

赤ちゃんがもしも検査で花粉症だということがわかったら、
主に点眼薬・点鼻薬を処方されています。

 

赤ちゃんが鼻水やくしゃみが止まらない、
長引いていてなかなか治らない場合は、
一応専門医を受診することをおすすめします。

「専門医と言われてもわからない」

という場合は専門医じゃなくても、
かかりつけの小児科で相談するのでも大丈夫ですよ。

まとめ

花粉症というと、赤ちゃんがかかる、
というイメージはありませんよね。

しかし、実際には多くの花粉を体内に入れて、
抗体を蓄積させることで花粉症を発症する場合も考えられます。

特に0歳児の赤ちゃんの場合、
たとえ花粉症で苦しんでいても、
自分から大人に伝えることはできません。

さらに、見た目の症状が風邪と似ているので、
小児科などを受診することがほとんどです。

ただ、花粉症の場合は、
風邪薬などでは改善することはないので、
風邪が長引いていたり、
ちょっと様子が花粉症に似ているという場合は、
とりあえず専門医を受診するようにしましょう。

スポンサードリンク