断捨離

1年に2回ある衣替えの時期。

 

実は衣替えはいらない服を処分するいいタイミングなんですよ!

 

もう着ないけどなかなか処分できない洋服、クローゼットの奥に眠っていませんか?

 

今回は、衣替えの時に服を処分するコツをご紹介します。

スポンサードリンク

衣替えきっかけで服を処分するコツ

気付くとクローゼットがいっぱい、衣類ケースもパンパンになっていませんか?

 

そんな時には思い切って断捨離しちゃいましょう。

 

タイミングは服の総入れ替えをする衣替えの時期がぴったりです。

 

処分方法は、まず衣替えの時に引き出しにしまっている服をすべて出します。

次に、

  • 捨てる服
  • リサイクルする服
  • まだ着られる服

に分けます。

 

もう着ない服の基準は、子供ならサイズアウトしたもの、大人なら1年以上来ていないものやほつれや色あせなどがあり着られない服を選びます。

 

他にも、一度も袖を通していなくても趣味に合わないものや流行の終わった服など、とにかくもう自分では着ないと思ったらどんどん処分してしまいましょう。

 

終わったら、各パートにまとめてかたづけるだけです。

 

時間はかかるかもしれませんが、いらない服が一気に片付くのですっきりしますよ。

スポンサードリンク

 

さらに、着られる服はリサイクル店にもっていけば、捨てるという罪悪感に悩まずに済みます。

衣替えで断捨離するとクローゼットがすっきり♪

断捨離でスッキリ

衣替えは、季節ごとの服を丸ごと入れ替えるので、服の処分をするのにピッタリです。

 

子供の服はボロボロになってしまったりサイズアウトをしたりすることが多いので、必然的に処分をしなくてはなりません。

 

しかし、大人の服の場合サイズアウトをすることもほとんどなく、服自体が傷むことがないのでなかなか処分することはありませんよね。

 

とはいえ、新しい服はどんどん増えるので、そのままにしておけばクローゼットはパンパンになってしまいます。

 

実は普段着用している服ってそう多くはありませんよね。

 

つまり、新しい服が増えれば古い服の中には着なくなるものが出てくるのです。

 

そういう服を、季節の変わり目である衣替えの時に一気に処分してしまいます。

 

そうすることで、季節の違う服をしまう前に処分してしまう量を減らすことができるので、クローゼットがすっきりするのです。

まとめ

たとえしばらく着ない服でも、捨てるのがもったいなくてとって置いていませんか?

 

しかし、服が増えれば増えるほどしまうところがなくなるどころか、家が散らかってしまう恐れもあります。

 

いらない服は、衣替えの時にしっかりと見極めてすっきりと断捨離してしまいましょう。

スポンサードリンク