残暑見舞い

年賀状が遠い関係の方にもお出しするもの、
と認識した上で、
残暑見舞いはより親しい間柄の相手にお出しする、
頂戴するものとなっています。

 

親しい間柄とは言いながら、
仕事関係の方から暑中お見舞いをいただいたら、
必ずお返しするのがこれはマナーですよね。

ですが、

「つい、うっかり!!忘れてた!」

ということ、誰にでもあると思うんです。

 

仕事関係の方から暑中お見舞いを頂いてから、
ちょっと時間がたってしまい、
これは完全に暑中お見舞いではなく、
残暑見舞いになってしまった場合は、
どういうルールがあるのでしょうか?

忘れるんだって!

スポンサードリンク

残暑見舞いの時期はいつからいつまでに出すのがマナーなの?

残暑見舞いの時期は、
その年の立秋から8月いっぱいまでです。

立秋は年ごとに違うので、
ここは注意が必要ですので、
カレンダーなどでしっかりチェックしておきましょう。

 

「9月だってまだ暑いから、
残暑見舞いに入るんじゃないの?」

と思うかもしれません。

 

ですが日本の四季では、
9月は秋というイメージが強いので、
8月いっぱいを目途にするのが無難です。

この8月いっぱいも、
8月中に出せばいいではなく、
相手の方に届くのが8月中
ですので要注意ですよ。

 

その際は、夏の暑さを和らげるような、
季節感のある、爽やかな文面。

相手方を思いやる文面が適切です。

 

もし、9月になってしまった場合は、
残暑見舞いとう文面は使わないで、

「初秋のお見舞いを申し上げます」

スポンサードリンク

という文面を使いましょう。

残暑見舞いの書き方で押さえておきたいポイント

いざ、残暑見舞いを書くとなると、
どういったことに気を付けて、
文章を紡いでいくといいでしょうか。

  1. 残暑お見舞い申し上げます。
  2. 時候の挨拶
    (ここで、相手を思いやる言葉を)
  3. 自身の近況報告
  4. 結びの言葉
    (ここでも、相手を思いやる言葉を)
  5. 日付

といった流れが理想的です。

何も難しく考えることはありません。

時候の挨拶なども大切ですが、
一番は読みやすさと相手への気遣いです。

それを、季節の便りとして成立させれば尚いいですね。

 

その他、心掛けることとしては、
暑中見舞いをいただいたことが、
嬉しかったこと。

元気で過ごしているか気にかけていること。

これを、自分の言葉で自分らしく、
伝えることが大事です。

 

気を付けることとしては、
返事が遅れてしまったことへの、
謝罪の言葉や反省の言葉を、
長々と書くことはしないことですね。

相手も別に言い訳を聞きたいわけではありません。

忘れてなかったんだということがわかれば、
相手の方も気持ちよく受け取ってくれるはず。

まとめ

残暑見舞い

文字離れが叫ばれている昨今。

年賀状でさえ、メールで済ませることが、
多くなってきている中、
暑中お見舞いをいただくのは嬉しいことですよね。

それが仕事上のやり取りであっても、
やはり悪い気持ちはしないですものです。

暑中お見舞いを頂いて、
たとえ返事が残暑お見舞いになったとしても、
相手も無礼だとは思わないでしょう。

そういったやり取りが続くように、
心掛けたいですね。

スポンサードリンク