お呼ばれドレス

友人・知人だけでなく、
仕事関係からのお呼ばれも増えてくるので、
30代は実は結婚式のお呼ばれが多いんです。

お呼ばれは嬉しいしおめでたいんだけど、

「20代のときと同じ服装はさすがにちょっとかな」

なんて着て行く服装で悩んでしまいませんか?

 

着物は着付けが大変だったり苦しかったりで、
できればドレスで行きたいけれど、
どんなドレスで行ったらいいのか、
やっぱり迷っちゃいますよね。

そんなあなたに今回は、
お呼ばれドレスの30代ならではの選び方をご紹介します♪

スポンサードリンク

結婚式のお呼ばれドレスの30代ならではの選び方はコレ♪

30代になったって、
センス良く可愛いドレスや華やかなドレスを着たいです。

時代は『大人可愛い』ですよ!

色合いは大人っぽくシックだけど、
ディテールやシルエットが可愛いドレスは、
30代の女性をパッと華やかに見せながら、
他の出席者から見られたときにも、

「若作りっぽい」

なんて言わせません。

じゃあ、具体的にはどんな色やデザインを、
選ぶのがいいのでしょうか。

色から決めよう!

大人っぽい色の定番は『ネイビーカラー(紺)』

結婚式のお呼ばれドレスではダントツ人気です。

ネイービーカラーは大人っぽい雰囲気になりますし、
お嬢様っぽい上品さもあるので、
アラフォー越えても着られます。

 

いくつになってもピンクは女性の定番カラーです。

ただこのピンク、
選び方を間違えないようにしたいもの。

20代なら鮮やかなカメリアピンクやチェリーピンクもいいけれど、
30代なら肌になじみやすい色を選んだ方が、
派手にならないでキレイめな印象になります。

サーモンピンクやベージュピンクなどがおすすめですよ。

 

ベージュは肌を明るく見せてくれるので、
ドレスの色として選ぶ人は多いです。

単純にベージュだけでなく、
黒と組み合わせるとシックでイメージアップ

色合いが柔らかいので、
どんな場でもしっくりと馴染んでくれます。

 

ネイビーほど濃くないブルーは、
華やかな雰囲気な上に、
肌がキレイに見えるというメリット
が!

暗い色やピンク系は苦手という人には、
オススメのカラーです。

デザインは好み

デザインは正直一番は好みのものを選ぶこと。

そのためにまずは色は年相応的な?

ただNGなものはありますので、
これは後ほどちゃんとご紹介しますね。

 

お呼ばれドレスのデザインは、
スカート丈は膝丈くらいがおすすめ。

膝上の場合は短すぎないように注意しましょう。

 

大きなリボンがついているドレスをよく見かけますが、
リボンが悪いのではなく大きさが問題。

ヒラヒラしているタイプではなく、
カッチリとしたリボンで、
後ろより前にあるものを選んだ方が無難でしょうか。

 

たっぷりのフリルもちょっと浮いて見えてしまいがち。

 

アシンメトリーの裾などは、
逆にエレガントに揺れておすすめです。

ここは気をつけよう

何回も着る機会があるわけじゃないドレス。

やっぱり値段は気になりますよね。

均一セールじゃないですが、

「え、この値段?」

みたいな安い値段がついているドレスがありますが、
そんな時のチェックポイント。

  • 生地がペラペラじゃないか
  • 色が原色みたいな派手なもの
  • チープ感たっぷりの飾り
  • 丈がミニすぎ

などなど。

 

安っぽく見えてしまうと、
品がないように感じたり、
周りから浮いて見えてしまうかもしれません。

結婚式はフォーマルな場所ということを忘れずにね。

スポンサードリンク

結婚式のお呼ばれドレスに合わせるおすすめ小物

お呼ばれドレスの小物

アクセサリーはシックに

結婚式は昼間に執り行われることが多いですよね。

ですのでアクセサリーは昼間なら、
『パール』や『ビーズ』がおすすめです。

他にもコサージュなどで華やかさを演出して、
あまり光る素材のものは避けておきましょう。

 

披露宴が夜の場合は、
今度はキラキラ光るもので全然OK!

ゴールドやラインストーンや宝石などで、
きらびやかに華やかでいきましょう♪

バッグは小さめ

結婚式や披露宴はフォーマルな場なので、
大きなバッグは基本NGです。

小さめのパーティーバッグで、
あまり派手でないものを選んでおくのが無難です。

中にほとんど入りませんが、
クロークに荷物は預けていることがほとんどなので、
必要なものはクロークまで取りに行く感じですね。

 

小さいからといってなんでもいい訳ではありません。

ファーや革製品は×。

アニマル柄もアウトです。

これは『殺生』をイメージさせるからということなので、
友人メインの2次会などでしたらいいですが、
結婚式では避けましょう。

逆にビニールやコットン素材はカジュアルすぎなので、
フォーマルな場ではマナー違反になりますよ。

靴はパンプス

靴は正装の要です。

足元がアウトだとどんなに他が完璧でも、
マナーがないと思われてしまうかも。

パンプスはオープントゥは選んではいけません。

もちろんサンダルやミュールは厳禁ですが、
おしゃれなブーツもカジュアルの範疇なのでNGです。

おすすめは細めのヒールのパンプスです。

ドレスやバッグなどに色合いを合わせれば、
おしゃれ度はアップしますよ。

ヒールは妊娠中や病中病後などであれば、
ローヒールやヒールなしでも大丈夫ですので安心してください。

結婚式のお呼ばれドレスのNG服装マナー

結婚式のお呼ばれドレスを選ぶときに、
これはNGだという服装があります。

白はNG

結婚式でしろと言われて思い浮かぶのは、

ウェディングドレスや白無垢

ですよね。

そうなんです、白は花嫁の色なんですね。

なので白い色は避けるというのは、
もう誰もが知っているであろうマナーですが、
実は気をつけないといけない点があるんです。

 

「白いドレスはちゃんと避けていたのに」

写真を見たら白にしか見えないなんていうことが、
本当にあるんですよ。

薄い黄色や薄いベージュは、
写真によっては白にしか見えない
ことが!

他にもドレスの上のボレロも、
選んだ色によっては薄暗い会場では、
座っていると白いドレスを着ているように見えてしまいかねません。

そんな点も注意してドレスの色を選びましょう。

全身黒づくめはNG

ドレスから小物まで全て黒のコーディネートは、
おめでたいと逆のイメージを連想させてしまいます。

「でも、黒が好きだし便利だしこれしかないし」

という場合は、
羽織るものやバッグなどの小物を、
鮮やかで華やかな色合いのものにしましょう。

これで黒いドレスを着て行くことができますよ。

露出は避ける

過度に露出が激しいドレスや、
ボディラインがくっきり出るようなドレスは、
主役の花嫁より目立ちかねません。

あくまでもお呼ばれ、ゲストですので、
花嫁のことを忘れないようにしましょう。

 

スカートは膝丈がベスト。

短すぎるスカートは座ったときに太ももがあらわなんていうことも。

たとえ似合ってもミニは避けるのがマナーです。

まとめ

いかがですか。

結婚式のお呼ばれドレスは、
気をつけないといけないことが多くて、
面倒なんて感じるかもしれません。

でも色やデザインをちょっと意識するだけです。

いつもと違う自分になんとなくテンションも上がるもの。

大人可愛いドレスで気分を上げて、
マナーも守りながらお祝いできたら最高ですね。

スポンサードリンク