結婚式の靴

社会人ともなると、
会社の先輩や友人などの結婚式に、
出席する機会も増えますよね。

 

結婚式に着ていく服は無難に、
フォーマルなものを用意するにしても、
問題なのが靴なんです。

ご存知でしたか?

 

フォーマルな靴といえば「黒」ですが、
黒い靴なら普段仕事に履いていく靴でも、
大丈夫なんて思っていませんか?

今回は、男性が結婚式に履いていく靴について、
一緒に見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

結婚式に履いていく靴は男性ならフォーマルが基本

実は、結婚式に履いていく男性用の靴には、
ある程度決まりがあるという事を知っていますか?

黒の靴だったらなんでもOKと思っていたら大間違いです。

 

冠婚葬祭はある意味一番フォーマルな場です。

特に足元は意外と見られているんです。

招待客だけじゃなく、
会場のスタッフも何も言わないけど、
しっかりチェックしたいたりするんですよ。

服はちょっと安物や吊るしでも、
足元がきちんとしていると、
スタッフさんの評価はぐ〜んと上がりますので、
おしゃれは足元からというのは間違っていません。

 

男性がフォーマルに履いていく靴の基本といえば、

  • 黒色
  • 紐靴
  • 内羽根式

です。

 

黒はわかりますが、
紐靴と内羽根式というのは、
初めて知ったという人も多いと思います。

 

紐靴というのは、
前部分で紐が横に通された靴
のことを言います。

これさえ押さえておけば、
基本的にはどのようなフォーマルの場面でも大丈夫です。

 

内羽根式は靴紐を解いたとき、
靴の羽根部分が全開になったら『外羽根式』、
もぐりこむようになっていたら『内羽根式』
です。

なあこの内羽根式は、
現在はあまり気にされていませんが、
それだけに意識して履いて行ったら、

「こいつ、できる」

と思われるかも。

 

逆に控えておきたい靴は、
サンダルやスニーカー。

これらはもちろんだめだという事はわかりますよね。

他にも、動物の皮や毛を連想させるものは、
縁起が悪いとしてNGとされています。

ワニ皮やスウェードなどもNGですので、
注意してくださいね。

 

さらに、一見大丈夫に見えるブーツタイプのものも、
NGとなっているので注意しましょう。

結婚式の靴の服スーツに合わせた選び方

では、結婚式に履いていく靴で、
スーツに合わせた選び方を見ていきましょう。

スポンサードリンク

 

まず、基本的な結婚式に呼ばれた場合です。

この場合には服装も、
カチッとしたものを着ていくと思います。

そんな時には靴も先程ご説明した通り、
黒色のフォーマルの定番を選びます。

 

ただ、服装がタキシードや普通のスーツよりも、
より整った服装をする場合には、
オペラパンプスが正式です。

 

他にも、エナメルやパテントレザーを、
選んで履いていくようにしましょう。

 

逆に、カジュアルな結婚式や、
二次会のみに参加するという場合には、
黒だけにこだわらないで、
茶色などの靴でも問題ありません。

靴紐の種類

靴紐がフォーマルな靴の条件のひとつだということは、
もうお分かりだと思いますが、
この靴紐にも実は種類があります。

この種類でフォーマルでも、
どんな場にふさわしいのかが分かれます。

ストレートチップ

つま先部分の切り替えが、
まっすぐに一文字になっています。

結婚式や披露宴が昼間なら、
こちらのタイプを履いて行きましょう。

プレーントゥ

こちらはつま先に飾りのないシンプルなもの。

結婚式や披露宴が夜になるのなら、
ストレートチップではなく、
こちらのタイプが正式になります。

ウィングチップ

つま先部分の切り替えが、
W型になっていることから、
翼のようと言われています。

ちょっとカジュアル寄りなので、
二次会やカジュアルな結婚式には問題なしです。

結婚式の靴

まさかつま先の部分で種類が分かれていたなんて、
と驚かれた方も多いのでは。

でもこれを知っていると、
かなりおしゃれ上級者ですよ。

まとめ

結婚式に履いていく靴なら、
黒なら何でもいいと勘違いをしていた人も、
少なくないのではないでしょうか?

しかし、結婚式というのは、
冠婚葬祭の中でも特におめでたい場所でもありますし神聖な場です。

そんな時に、服装はきっちりとしていても、
靴で恥ずかしい思いをするのは嫌ですよね。

 

正式な場所でこそ、足元まできっちりと決めたいもの。

特に会社の先輩や上司の結婚式では、
いかに足元と言えども失敗は許されません。

 

ぜひ服装だけではなく靴にまで気を配り、
間違えのないようにしましょう。

スポンサードリンク