年賀状書き損じ

毎年年末が近づいてくると、
年賀状の準備を始めますよね。

最近は業者などに依頼しなくても、
家庭で簡単に年賀状プリントが、
出来るようになりました。

 

しかし、そこで増えてくるのが「書き損じ」

もちろん手書きでも書き損じはありますが、
書き損じた年賀状を訂正して出すのは、
相手に失礼なので、
処分していませんか?

しかし、実は年賀状の書き損じは、
捨ててしまうのはとても損なんです!

 

今回は、年賀状の交換方法・手数料、
そして交換場所を合わせてご紹介します!

スポンサードリンク

年賀状の書き損じは交換しなきゃ損でしょ!?

年賀状というと、
毎年何枚か書き損じが発生しますよね。

でも、その書き損じを捨ててはもったいないですよ!

実は、年賀状の書き損じは、
手数料を払えば新しいものなどと、
交換してもらうことが出来る
んです。

 

交換できるのは通常はがきや切手、書留や特定封筒など。

さらに期間内であれば、
年賀状に交換してもらうことが出来る
んですよ。

 

そしてうれしいことに、
古い年の年賀状でも同じように、
手数料を払えば交換してもらうことが出来ますよ。

これは探してみる価値あり!

年賀状の書き損じの交換の手数料は?コンビニでもできるのか

年賀状の書き損じは、
手数料を払えば交換してもらうことが出来る、
という事がわかったと思います。

 

そこでまず気になるのは手数料の金額。

スポンサードリンク

手数料の金額は、
はがき1枚につき5円
となります。

 

ただ、現金で返してもらう事はできないので、
あくまで商品との交換となります。

つまり、10枚の年賀状の書き損じを、
交換してもらう場合には、
50円を払えば新しいものと交換してもらえます。

 

次に、年賀状の書き損じの交換場所をご紹介します。

年賀状は、郵便局はもちろん、
スーパーやコンビニなど様々なところで販売されますよね。

しかし、書き損じを交換してもらえるのは郵便局のみ

コンビニなどでは持って行っても、
交換してもらえないので注意しましょう。

まとめ

年賀状交換

年賀状は毎年必ずと言っていいほど書き損じが生じます。

しかし、少額だからと、
毎年捨ててしまったり、
もったいないからとついつい貯めていませんか?

年賀状の書き損じは、
郵便局にもっていって手数料を支払えば、
販売期間内では新しい年賀状と交換してもらえます。

この期間は必ず、
郵便局で確認しましょう。

他の期間内でもはがきや切手などと、
交換してもらうことが出来るので、
書き損じたからといって、
捨てるのはNGですよ!

 

ちなみに、身内の不幸などで、
年賀状が急に出せなくなった場合には、
年賀状販売期間であれば、
手数料無料で交換してもらえますよ。

 

新しいものはもちろん、
古いものでも交換してもらえるので、
もしも古い書き損じの年賀状が、
とってあるなんて覚えがあるのであれば、
一度郵便局に持っていってみてはいかがですか?

チリも積もれば!ですよね♪

スポンサードリンク