結婚式の二次会

20代後半になると、
会社の同僚や友人の結婚式ラッシュ。

そんな時期がスタートします。

 

「何だかちょっと寂しい感じだよね」

なんて言っていられません。

 

結婚式の披露宴ではなく、
二次会の招待状が届くこともあるんです。

披露宴は出席したことはあるんだけど、
二次会だけというのは初めての経験という方も、
いられるのではないでしょうか。

 

二次会というとカジュアルな
イメージがあるけど、
二次会って披露宴とどう違うのか、
意外と知られてなかったりします。

今回は二次会のマナーやご祝儀について、
ちょっとご紹介しましょう。

スポンサードリンク

結婚式の二次会のマナーのあれこれ

披露宴から二次会と両方出席することもありますが、
披露宴は親や親戚会社など、
格式などで招待客を選ぶことが多い中、
二次会は親しい友人などを読んで、
ちょっとカジュアルに行うことが多く見られます。。

 

「二次会は披露宴みたいにフォーマルじゃなくてOKなの?」

だとしたら逆に服装に困りそう。

一体どんな服装で行けばいいのか、
悩んでしまいますよね。

 

二次会は披露宴ほどフォーマルでなくてもいいですが、
男性ならスーツ。
女性ならワンピースやスーツが一般的
です。

 

よく「平服」でと招待状に明記されていたりしますが、
だからと言ってジーンズで行ったりすると、
その後はご想像にお任せします。

 

もし出来るのならば、
会場のタイプで服装を決めてみたらどうでしょう。

  • ホテルのパンケット、
    高級レストランなら、
    フォーマルウェア
  • 一般的なレストランなら、
    セミフォーマルウェア
  • 居酒屋やカジュアルなレストランなら、
    綺麗めカジュアル

招待状には必ず会場が書かれているので、
ホームページなどでどんな店なのか、
まず確認してみるのもいいですよ。

 

また、二次会の招待状が届いたら、
出欠席の返事は早めに出しましょう。

特に欠席の場合は、

  • お祝いの言葉
  • 欠席の理由
  • お詫びの言葉

この3つは必ず書き添えましょう。

スポンサードリンク

 

欠席するのに返信があまりにも早かったりすると、

「最初っから出席するつもりなかったんじゃないの」

と勘違いされてしまう恐れがありますので、
早すぎず、遅すぎずというタイミングで出すのがおすすめです。

これが難しいところなんですよ。

 

二次会でプレゼントや花束を渡す、
というお祝いの仕方がありますが、
これって新郎新婦は本当に嬉しいんですが、
実は却って荷物になってしまう場合があります。

特に花束は綺麗で派手なんですが、
場所をとって仕方なかったりします。

 

二次会の後に三次会に進む時もあって、
正直邪魔になりますし、
そのまま翌日にはハネムーンに行く、
というケースもありますから、
出来ればプレゼントやお花は、
別日に渡すか送るかしましょう。

二次会ではご祝儀はなしでOK♪

披露宴と二次会両方に出席する場合、
ご祝儀とは別に二次会の会費を払います。

披露宴には出ないで、
二次会だけ出席する場合ですが、
これは会費のみで、ご祝儀はなしでOKです。

 

二次会の会費は紙には包まずに、
そのまま受付に渡してください。

お金がむき出しの裸のままがイヤなら、
封筒に入れてもいいです。

ただその場合は、
おつりが出ないような気配りは忘れないように。

 

二次会はほとんど場合が『会費制』です。

実はこの会費なんですが、
大体がお祝い金も含まれていたりするんです。

そのためというわけではありませんが、
もっとお祝いしたいという思いから、
友人同士で何かお祝いの品物を贈るケースも多いですよね。

その場合もお祝い金は払っているので、
気を遣わせない程度の金額、
1人2000円~3000円くらいで済ませましょう。

まとめ

二次会

二次会は新郎新婦も披露宴での緊張も溶け、
本来の元気さを取り戻してきます。

招待されたゲストも、
友達や仲間が大勢いるので、
ハメを外しやすいですが、
それがまた多いに盛り上がります。

 

新郎新婦にとっては、
気の置けない友達や仲間に囲まれて、
お祝いしてもらえるなんて幸せな瞬間です。

招待された側としては最低限のマナーを守り、
新郎新婦を盛り上げましょう。

スポンサードリンク