女性用マスク

冬の時期から春の花粉の時期にかけて、
マスクが毎日手放せない人って多いですよね。

そういう私自身もマスクが手放せない一人。

特に外出時には、
風邪予防や顔が温かくなるのでマスクが欠かせません。

 

しかし、マスクって子供用はもちろんですが、
普通サイズの他に女性用というものが、
販売されていますよね。

でも、実は女性用だからといって、
女性全てにフィットするものではありません。

今回は、女性ならちょっと気になる、
女性用のマスクについてご紹介します。

スポンサードリンク

マスクの女性用が小さめな理由

最近は使い捨てのマスクを利用する人がほとんど。

そして、使い捨てマスクにも様々なサイズがあります。

 

子ども用マスクはもちろんですが、
ちょっと気になるのが女性用と大人用。

サイズを見てみると、
女性用の方が若干小さめに作られているますが、
中には女性だからと女性用を買ったら、
きつくて合わなかったなんていう経験がある人も。

 

そもそも顔の大きさって、
実際は男性も女性もさほど変わらないのが本当のところ。

骨格の差があるから、
ちょっと女性の方が小顔かな?というくらいです。

それなのになぜ女性用のマスクは、
通常サイズより小さめにできているのでしょうか?

 

これは、平均的に女性の方が男性よりも、
顔が小さい人が多いからという、
意見が一番多いようです。

確かに他の商品でも、
男性用・女性用に分かれているものの多くは、
女性用の方が小さく作られているものが多いので、
購入するときの目安にもしやすいですね。

でも、マスクは男性用なわけじゃないですけどね。

マスクの女性用は小さめだから痛いなら普通でOK

 

女性用マスク

スポンサードリンク

先程もお話しした通り、
女性用のマスクがふつうサイズのマスクよりも、
若干小さめに作られているのは、
平均的に女性の顔の方が、
男性よりも小さいというからという理由だったりします。

 

だからといってすべての女性が、
男性よりも顔が小さいというわけではありませんよね。

かくいう私だってけして小顔とは言えませんもん。

憧れていますけどね(涙)

 

その為、中には女性用のマスクは、
小さくて耳が痛い・顔が覆えないなどの、
悩みを持つ人もいるかと思います。

私の知人はどうみても小顔っぽいのに、
耳が痛いという理由で、
女性用ではなく普通サイズを愛用しています。

 

では、そんな時にはどうしたらいいのでしょうか。

答えは簡単です。

無理をして女性用を使うのではなく、
普通サイズを使えばいいのです。

マスクの普通サイズ・女性用の違いは、
サイズの違いがほとんどです。

 

中には女性用の物には女性向けの柄や、
小顔効果のあるものなどもあります。

しかし、普通に使うだけであれば、
普通サイズも女性用も効果は同じなんですよ。

まとめ

 

女性用マスク

女性の中には女性用のマスクが小さくて、
合わずに悩んでいる人もいます。

しかし、女性用・普通サイズの違いは、
あくまでサイズの違いのみとなりますので、
効果に差はありません。

 

ただ、一つ残念なのは、
女性用のものは女性向けのかわいい柄や、
女性にうれしい効果があるものもあること。

こういうマスクは女性サイズでなければ、
使用することはできません。

しかし、中には女性サイズでも大きすぎて、
子供用のマスクを使用する人も。

マスクというのは、○○用というよりも、
サイズの違いと覚えておくといいですよ。

なので女性なのに女性用が合わなくても、
全然OKなんです。

サイズは気にせずに、
使いやすくて顔にフィットするものを選びましょう。

スポンサードリンク