花粉症

花粉情報があちこちで聞こえ始める頃、

「子どもが花粉症になったらどうしよう」
「また子どもがつらい季節がやってくる」

そんな心配でいっぱいのママも多いのでは?

 

でもそんな季節じゃなくても、
なんだか花粉症かもと思うような症状に出会いませんか?

 

実は花粉症は春とは限りません。

スギ以外の花粉症だと、
1年中何かしらの花粉症がどこかで発症しているんです。

 

すでに花粉症にかかってる子どもは、
少しでも楽なように防御してあげたいし、
まだ発症してない子には、
少しでも花粉症にならないよう、
できることをしてやりたいって思いますよね。

 

しっかり子どもの花粉対策をするには、
何をすれば効果的なのか!

この記事がが参考になったら嬉しいです♪

スポンサードリンク

 

子どもと大人で症状が微妙に違うから注意!

花粉症の症状で思い浮かべるものって、

くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみ

などですよね。

 

実は花粉症の症状は、
子どもはおとなと微妙に違うんですよ。

鼻づまりに要注意!

花粉症の鼻水っていうと、
どっちかっていうとさらさら系で、
とめどなく流れる感じだけど、
子どもの場合はネバネバ系の鼻になりがち!

子どもは鼻が小さいから、
このネバネバ鼻水がつまりやすくなっちゃうんですよ。

ということは、
そう子どもは鼻づまりがひどくなりやすい

 

子どもってそれでなくても、
うまく鼻がかめなかったりしません?

つまってる鼻をかむのはさらに難しくなるから、
ママが協力してあげましょ☆

 

鼻水が出ないと異常に気付きにくいかも。

鼻がつまって苦しいから、
口で呼吸することが増えたりするので、
ポカー!って口を開けてたら、
確認してみてくださいね!

くしゃみは少なめ

おとなはくしゃみにも苦しんでるけど、
子どもはくしゃみは少なめだったりするんです。

 

理由がなんと鼻づまり!

鼻が詰まってるから花粉が入りづらくて
刺激が減ってくしゃみが少ないという、

「ホントに?」

って疑っちゃうような理由。

いいのか悪いのか?

どっちがいいんでしょう。

目はカイカイで充血注意報!

目はおとなでも花粉の症状がでやすいけど、
子どももかなりひどくなりますね。

 

おとなはかかないように自制できるけど、
子どもはかゆいともう我慢できずに、
手でゴシゴシとこすっちゃいます!

こすってもかゆみは止まらないし、
もちろん症状は悪化しがち。

 

花粉で充血もするけど、
こすることで細菌なんかが入っちゃうことも!

目の周りが腫れるなんて炎症も出たりするから
ゴシゴシには気をつけなくちゃね☆

鼻血も!

アレルギー反応で粘膜が炎症してるから、
鼻をかみすぎるとその刺激で出血が!

「大丈夫?ティッシュに血が!」

なんてこともしょっ中。

 

かむだけじゃなくて
気にして触りすぎるだけでも鼻血が出ることもあるから要注意ですよ!

 

子どもはうまく自分の症状を説明できなかったりするんです。

どう言っていいかわからないから、
泣いたり不機嫌に見えたり。

なのでママは子どもの様子を
しっかり見てあげて、
小さな変化を見逃さないようにしないとね!

 

子どもの花粉対策はママが握ってますよ☆

花粉症にまだかかってなくても花粉予防はしっかりしておくべき!

ママのできることって実はたくさんあるんですよ♪

スポンサードリンク

乳酸菌で食から対策しよう

最近よく目にするんですよね。

『乳酸菌』が花粉症やアレルギーの対策になる

テレビやネットでもよく見かけるけど、
乳酸菌で対策になるならお手軽じゃないですか!

乳酸菌なら簡単に生活に取り入れられるし
続けられそうですよね☆

 

でも乳酸菌って1日〜数日で、
体の中から出て行っちゃうんですって!

なにそれ?

「腸にとどまってくれないんだ!」

っていうことはですよ、
毎日取り入れてればいいってことですよね♪

 

「じゃあ乳酸菌はどうやって取り入れたら?」

簡単じゃないと続かないんだから、
毎日取り入れても苦にならないのってなんでしょう。

乳酸菌を含む食品ってなにがあります?

ヨーグルト・ナチュラルチーズ・味噌
キムチ・ぬか漬け・塩麹 などなど。

どれも日々の食事なんかで取り入れることができそうですよ。

 

乳酸菌は40度くらいが一番増殖するから、
少し温めてから飲んだり食べたりするといい!

なんて言いますが、
ホットヨーグルトってダイエットになかったかな?

 

冷たいモノは体を冷やすし、
ちょっと温めるのもいいですね。

でも気をつけて!

高温だと乳酸菌は死滅しちゃうかもしれないから、
あくまでも40度くらいを目安にね☆

花粉対策メガネがダサくない!

数年前だと花粉対策用のメガネって、
なんか透明なゴーグルで、
正直かけて外に行きたくないと思いました!

 

だけど最近の花粉対策メガネって、
普通のメガネと比べて遜色なし

「普段使ってもいいよね♪」

デザインもいいし、
色もカラフルで可愛いんですよ!

これなら子供も嫌がらないですよね。

 

一緒にお店に行って選んでもいいし、
近くに子供用がなかったら、
ネットでもいろいろ売ってるので、
子どもの好みのメガネを選べますよ♪

 

でも見かけだけじゃなくて、
素材やしっかり花粉をカットするかなど、
目的を忘れないで選んでね!

マスクはテッパン!アロマもいいよね

子どもはマスクしてるのって嫌がるんです。

それでもマスクしてれば鼻や口に花粉が入るのを防げるし、
肌に触れる部分も減るから、
しないよりした方がやっぱりいいです。

 

最近はメガネが曇らないものや、
色つき柄つき、肌に優しいなどいろいろあるし、
サイズも子ども用があるから、
だいぶ違和感は減ってますよね。

 

マスクの匂いがダメって子どももいますね〜。

花粉症

そんな時は『アロマオイル』

アロマオイルをあごのあたりに1滴!

これだけで気分も鼻もス〜っとして、
少しは違和感やイヤな臭いが緩和されるんです。

 

おススメはペパーミント・ベルガモット・マンダリン・ユーカリ・ローズマリー・カモミール
あたりでしょうか。

 

精製水なんかで薄めてから、
マスクにスプレーで吹きかけてもいいですよ!

香りは子どもに嗅いでもらって、
好きなものを選んであげましょ♪

まとめ

花粉症はテレビで特集を組まれるものだけじゃありません。

いろんな花の花粉症が実際はあります。

春以外に花粉症と思える症状が子どもにあったら、
一度病院に行ってみましょう。

アレルギー検査をしてみると、
思いもかけないもののアレルギーだということがわかるかもしれません。

 

何にも反応がないことが一番なんですけどね。

スポンサードリンク