なわとび

なわとびといえば、子供のころによく遊ぶことがありますし、学校でも体育でなわとびを行った記憶がある人も多いと思います。

しかし、意外と大人でもなわとびが飛べないという人もいるんですよ。

今回は、縄跳びの飛べない大人のために、飛び方や子供への話し方についてご紹介します。

スポンサードリンク

なわとびが飛べない大人だっているんです

なわとびといえば、幼稚園や学校などで習ったり、段の遊びとして人気があるので、だれもが飛べるというイメージがありますよね。

しかし、大人でも苦手だったという人や大人になってから飛べなくなったという人が結構いるんです。

 

ただ、親となると大人が飛べないというのを子供に話すのはちょっと恥ずかしいですよね。

そこで、大人でもきちんと飛べるようになる方法をご紹介します。

 

大人が飛べるようになるためには大人なりのコツがあります。

まずは、子どもと同じように正しい手の回し方や飛び方をきちんと練習します。

ある程度飛べるようになったら、無理をして続けるようにせず、毎日回数を決めて少しずつ飛ぶようにします。

 

ポイントは、継続して練習するという事。

子どもはコツさえつかんでしまえばどんどん飛べるようになります。

 

しかし、大人はやらなくなるとだんだんできなくなってしまいます。

スポンサードリンク

そうならないためにも、毎日継続して練習することが大切なのです。

なわとびが飛べないのは遺伝と子どもに言わせない!

なわとび

親がなわとびを飛べないとわかると、子どもは真っ先に言い訳として「遺伝」と考えるようになります。

しかし、なわとびが飛べるか飛べないかはもちろん遺伝は関係ありません。

大人が飛べるようになる前に子供になわとびができないことを知られてしまっても、決して遺伝ではないということを伝えましょう。

 

なわとびは練習をすればきちんとできるようになるものです。

もしも親子で飛べないのであれば、親子で一緒に練習をするのもおすすめですよ。

 

大人の人でも、なわとびが飛べないという人は意外と多いものです。

なわとびが飛べない理由はそれぞれですが、中にはなわとびがあっていないということもあります。

大人向けのなわとびは、子どものビニール製の物よりも、ある程度重さがある方が飛びやすいもの。

それに、なわとびが飛べない理由として、長さがあっていないことも考えられます。

まとめ

子どもは幼稚園や学校で必ずなわとびを行います。

もしも自信がないなら、あらかじめ練習しておくのも、運動不足も解消できますし、まさに一石二鳥ですよ。

練習も最初はゆっくり1回跳ぶことから始めて、徐々に続けて跳んでみましょう。

ぜひ、お子さんがいる方は久しぶりになわとびに挑戦してみてくださいね。

スポンサードリンク