アームカバーはださい

夏の紫外線対策に欠かせないアイテムとなりつつあるアームカバー。

 

でも、見た目がださいという難点もあり、出来ればつけたくないという人も多いのではないでしょうか?

 

今回は、そんなアームカバーについてご紹介します。

スポンサードリンク

アームカバーはださいし暑苦しいからしたくないけど日焼けはイヤ

アームカバーは、紫外線対策アイテムの一つです。

 

紫外線対策アイテムといえば日焼け止めクリームが一般的ですが、

 

  • その都度塗る必要がある
  • お肌に負担がかかる
  • 落とすのが面倒

 

など、デメリットも少なくありません。

 

それに対してアームカバーは外出するときにつけるだけなのでとても簡単ですよね。

 

しかし、気温の高い時に腕に付けなければいけないので暑苦しいというのと、何よりも見た目がださいという点が気になるところです。

 

アームカバーをつけていると、せっかくの夏ファッションが台無しですし、

 

  • 老けて見える
  • 畑仕事をするよう

 

など、使用したくてもついつい躊躇したくなるのもわかりますね。

アームカバーもおしゃれでファッションセンスのあるものを選びたい

おしゃれなアームカバー

スポンサードリンク

気軽に使える紫外線対策アイテムと知られているアームカバーですが、見た目がださく暑苦しいというのが最大のデメリットです。

 

しかし、最近ではそんなダサさを払しょくしてくれるようなアームカバーが、続々販売されているのをご存知ですか?

 

例えば、つけると暑苦しいという欠点を改善してくれたのが、接触冷感素材を使用したものです。

 

これは、腕に付けることで暑く感じるどころか逆にひんやりと感じることができます。

 

そしてもう一つがおしゃれなデザインのアームカバーです。

 

アームカバーのデザインというと、地味でださいものというイメージですが、今ではファッションの一部として楽しめるデザイン性のあるものがたくさん販売されています。

 

例えば、

 

  • 様々なカラーの中から選べるもの
  • レース素材の物や柄が付いたもの
  • ちょっとした飾り付きの物

 

などなど。

 

このように、アームカバーはださいというイメージから、今では若い人でもつけられるデザイン性の高いものへと変わりつつあるのです。

まとめ

アームカバー

アームカバーは、今までのださいイメージから最近では種類やデザインも豊富となり、夏の女性のファッションとしても十分に通用するまでに進化してきました。

 

しかし、アームカバーの一番の目的はUVカットです。

 

見た目の可愛さはもちろんですが、付け心地や素材、そして何よりもきちんとUVカットしてくれるかどうかを、確認したうえで購入するようにしましょうね。

スポンサードリンク