バスタオル

あなたはお風呂やシャワーの後、
何でカラダを拭いてますか?

何も考えずバスタオルで拭いていましたけど、
なんだかバスタオルを使わないという方が、
今増えているんです!

自分にとって当たり前だと思っていたことが
実は当たり前じゃないことって
アルアルなんですよね。

 

バスタオルの人気がどうして落ちているのか、
どうしたらバスタオルを使うのもいいのかを、
バスラオル派の人にもアンチバスタオル派の人にも、
こっそりとご紹介しちゃいます!

スポンサードリンク

バスタオルを使わないのには理由があるのだ☆

バスタオルでカラダを拭くのは
やっぱり大きいから一気に拭けるので便利ですよね。

体に巻きつけておくこともできるし、
短時間でぱぱっと拭くこともできます。

子どもだったらバスタオルで軽く包めます♪

 

そんな便利なバスタオルが消えようとしている?

バスタオルを使わない理由はこれ!

  1. 乾きにくい
  2. 干す時スペースを取る
  3. 洗濯のてまがかかる
  4. 収納スペースを取る
  5. 洗いたてを使いたい

 

これがバスタオルが敬遠される理由TOP5です!
(ライオン 「タオル利用に関する意識調査」より)

バスタオルを使っている派ですが、
なんか納得しちゃう理由しかないですよね。

1:乾きにくい

これは意外と経験アリなんじゃないでしょうか。

夏はまだいいけれど冬は外干しだと、
これがもうなかなか乾いてくれません

他の洗濯ものは乾いたけれど、

「バスタオルだけ生乾きだからもう少し干しておこう」

などと思ってそのまま干しておいたら、
つい取り入れるの忘れちゃったなんていう失敗も!

 

かといって

「乾燥機を使えばいいじゃない」

と言われても、
どこの家にも必ず乾燥機がある訳ではありません!

 

さらにたとえあったとしても

「乾燥機にかけたタオルはイヤっ!」

と拒否されることもあるんです!
(知人宅での実話)

 

また肌触りのいいタオルは
ぶ厚くて毛足が長かったりするから
さらに乾きにくくなる原因になってしまうんです。

1位ということはみんなそう思ってたんですね☆

2:干す時スペースを取る

これもおもわず頷いてしまう理由です!

バスタオルは小さめでも約50cm×100cm
大きいものだと約75cm×140cm
とやはり大きいですよね。

干すために広げるとバスタオルだけで
かなりのハバをとってしまいます

 

これをひとりでもハバをきかせているのに、
家族分毎回洗うとベランダで干すとしたら

「もうどんだけ〜?」

と叫びたくなってしまいます!

子どもがいれば洗濯物の量はもうハンパないし、
干す場所が足りないっていうのは、
けっこう切実なことだったりしますよ!

3:洗濯のてまがかかる

てまヒマでいってはいけないかもしれないけれど、
言いたくなる方いると思うんです。

「洗濯って全自動だから楽でしょってわけじゃないのよ!」

 

特にタオルは直接肌を拭くわけじゃないですか。

これって意外と皮脂がタオルにしみて
どんどん汚れが蓄積されていってしまうんです。

「洗えば汚れは落ちるでしょ」

これが汚れって100%は落ちてないんですよ!

 

なので管理人はタオルは洗濯機に入れる前に、
1回手で軽く洗剤を溶かした水で洗っています。

正直てまですけど・・・

面倒くさいですけど・・・

シャツとか他のものもそうやってひとてまかける洗濯は
けっこうあるんです!

4:収納スペースを取る

バスタオル

バスタオルはたたんでもかさばります。

限られたスペースの中ですから、
確かにバスタオルのしめているスペースは小さくはありません

 

バスタオル1枚のスペースに
フェイスタオル何枚入るかな?

なんて考えてしまうと、
確かにバスタオルを邪魔だと思っても、
しょうがないのかもと思ってしまいます。

 

収納じゃないけれどバスタオルを入れると
洗濯カゴもすぐいっぱいになります・・・。

5:洗いたてを使いたい

洗いたてのタオルは確かに気持ちがいいものです。

この回答って洗濯の頻度ってことなんでしょうか?

 

確かに時々雑誌やテレビで目にするのが、
バスタオルの洗うタイミング論争だったりします!

1回使うごとに洗う!
3日で洗う!
1週間で洗う!

などなど。

 

1回使うごとはおいておくとして、
3日や1週間ごとの方の意見で多いのが、

「キレイに洗ったカラダを拭いてるんだから汚くない」

というものです。

この意見には納得したくなりますね。

だって確かに洗濯は大変ですから(苦笑)。

 

何が正しいというのはないと思いますので、
マイルールでいいんじゃないでしょうか。

ただ使ったタオルをどこにおいたらいいのか?

たたんでしまったり置いておくと、
湿ったままな気もしてしまいますが。

キレイにおいておける場所があればいいのでしょうか。

 

キッチンなどのタオルは
1回手を拭いたら取り替えるなんていうことは
確かにしていないですね。

やっぱりそこはマイルールということで!

スポンサードリンク

バスタオルを使わない派の理由・番外編はこちら!

バスタオルを使わない派の理由として、

「自分の求めてるタオルが見つからないから」

という理由があります!

 

思うようなバスタオルと出会えないなら、
あきらめて小さいタオルで代用するという発想ですね。

もちろん納得のいかないバスタオルを
使っている方もいらっしゃると思いますが、
肌に触れるものだからこそ、
お気に入りのものを使いたいというのは、
頷けますよね。

 

もうひとつが洗濯にも絡んだ理由ですが、
『ニオイ』が気になるから!というものです。

乾きにくいことからでしょうけれど、
生乾きのまま使用した時、
部屋干しをしている時、
洗濯カゴに入れて放置している時、
同じタオルを洗わないで使う時など。

なんかがニオイが気になることがありませんか?

 

確かに生乾きのタオルや
洗濯できなくて放っておいたタオルが、
チョットにおうことってありますよね。

菌が繁殖してにおうんだとはいうけど、
バスタオルはぶ厚いですから
その分菌が繁殖しやすくなります。

ということはフェイスタオルよりも、
におう確率が高くなるんです!

 

う〜ん、におうのはイヤかも。

バスタオルだってまだまだイケるぞ♪

バスタオルが人気が落ちてきてる理由はわかりました。

でもバスタオル派だってまだまだ頑張りたいですよね!

ニオイ対策なら洗剤や干し方で対処!

生乾きや部屋干しが原因のニオイは
意外と簡単にできる対応策があるんです!

 

まずは洗剤です!

抗菌・除菌効果のある洗剤を使うことで、
繁殖する菌が抑えられますから
これだけでかなりニオイはなくなります♪

さらに消臭効果まであればなおOKですね!

 

洗濯物に香りがつくのがイヤでなかったら
プラス効果で香りの残る柔軟剤を使うのもおススメです☆

好みの香りの柔軟剤を使うことで
使った時にふわっと香れば
リラックス効果にもなるかもしれません♪

 

柔軟剤は消臭効果のものもありますので、
好みの柔軟剤を探して見てください。

 

洗剤でニオイ対策をしたら
干す時にもチョット一工夫をしてみましょう!

 

パッとキレイに揃えて干すよりも
少しずらして一方を長く、一方を短くして干すと、
より乾きやすくなります!

この時に長い方をお日様に向けた方が、
とり効果的ですのでお間違えのないように!

 

これだけで乾きにくかったりにおったりがなくなるなら、
バスタオルだってまだまだいけますよ♪

やってみてくださいね☆

 まとめ

バスタオル絶滅の危機か?

とも思いましたが、
使用しない理由が

「バスタオル自体が嫌いだから」

ではありませんので、
まだまだバスタオル派も存在を主張していきましょう!

スポンサードリンク