インフルエンザ

「インフルエンザの予防接種は受けたので

これで対策はバッチリ!」

って、
これで済めば苦労はないんです(汗)

 

春になってシーズンは過ぎたと安心していても、
インフルエンザの脅威はまだすぐ隣になんてことも!

しかもシーズンに備えて接種した予防注射は、
もう効果はありません。

 

元来予防接種はかからないためのものではなく、
かかった時に重症化や合併症を防いで、
症状を軽くさせるのが目的です。

かからない、うつらないためには
自分で対策する必要があるんです!

 

「え〜?高いお金払ったのに?」

正直そう思いますよ。

でもインフルエンザなんかゴメンです!

仕方ない…それなら流行っている限りは、
かからないためにできることはやった方がいいですよね。

 

インフルエンザの予防のための対策には、
どんなものがあって簡単にできるものなのかを、
ちょっとご紹介いたします!

スポンサードリンク

インフルエンザの感染ルートは飛沫・接触と空気もなのだ!

かからないように対策はするとして、
流行しているということはうつるわけです。

どうやって感染するのかを知っていれば
対策もしやすいはずですよね!

感染ルートは3種類

有名なところでは『飛沫感染』『接触感染』

そして、意外とないと思われがちなのが
『空気感染』だったりするんです!

飛沫感染

咳やくしゃみをした時一緒に飛び散るつばとかに、
インフルエンザのウィルスが混ざっていて、
周りの人がそのウィルスを体内に入れてしまうことで、
感染してしまうということなんです!

 

これはマスクで防御できますね!

かかってる人もまだの人もマスクは必須です!!

接触感染

接触ということは握手なども入るのでしょうか?

 

もちろん直接触れることで感染の危険はありますが、
実際は間接的な接触が大変キケンなんです!

 

ドアノブもそうですし、
電車のつり革や手すりやトイレの便座なども、
感染源だったりするので困りますが要注意です。

触っただけならまだセーフですが、
その手で口とか鼻とかを触ってしまうと、
感染の危険度がかなりアップに!

 

「そんなこと言ってたらなんにもできない!」

なのでよく言うこれなんです。

 

  • うがい
  • 手洗い

 

結局これが予防策としておすすめということなんですね!

空気感染

空気中にうよってるウィルスが体内に入ってしまうのが空気感染です。

 

インフルエンザは空気感染しないという説があります。

が、

『0』なわけじゃなくて感染例が少ないだけなんです!

絶対はないということですね。

 

これも対策としてはやっぱりマスクです!

できればサージカルマスクの方が効果は大なので、
流行ピーク期だけでもしておきましょう☆

マスクはインフルエンザだけでなく、
花粉や黄砂やPM2.5などにも効果はあります。

「ちょっとホコリっぽいな」

などという時にもマスクは活躍しますので、
1年中でも常備しておいていいと思いますよ。

インフルエンザに効くバリアが欲しいけどないので地道に予防

バリアかなんかがあって、
どんなミクロのウィルスも防いでくれるのなら、
本当に嬉しいんですけど…。

インフルエンザにかからないための対策に、
100%はやっぱりないんですよね。

地道にやるしかないわけです。

スポンサードリンク

家庭でできるインフルエンザ対策

インフルエンザは流行の期間は長い上に、
流行期が終わってもまだかかってしまう危険性も!

そう考えるとかなり長期の予防になります。

 

できればあまりお金をかけずにできることって
何があるんでしょうか?

うがい・手洗い

外から帰ったら必ずすることが

うがいと手洗い!

うがいはまず口をゆすいでから次にうがいをすると、
口の中のウィルスを少しでも先に出せるので、
やる価値はアリでしょう!

うがい薬でうがいするのも面倒ですけど効果アリです♪

ただ根本的な治療薬ではないから
あくまでも予防です!

 

手洗いは水でシャーっと洗うだけではなく、
しっかりと石鹸やハンドソープで洗いましょう!

つめや指の間、手首も洗うのを忘れないように。

アルコール消毒もプラスすると、
ウィルス退治に効果抜群なので常備しておくと便利ですよ!

乾燥は天敵

インフルエンザウィルスは乾燥が大好きなので
湿度は最低でも50%以上は保ちたいところですね。

加湿器があればそれを使用すればいいですけれど、
加湿器がなくても湿度をアップさせる方法はあるので大丈夫です!

  • 濡らしたタオルを部屋に下げる
    (フェイスタオルよりはバスタオルがいい)
  • 湯船にお湯なり水なり張ってドアを開けておく
  • 洗濯物の部屋干し
  • コップに水を入れて置く

などでも部屋に湿度をもたらしてくれるので
しっかり乾燥とサヨナラしましょう。

 

お肌の保湿にもなるので一石二鳥?

掃除・換気

当たり前ですけど、
ほこりとかは喉や鼻の粘膜を弱めたりして、
インフルエンザにかかりやすくなりますので、
こまめに掃除を心がけましょう。

 

換気は空気清浄機でもいいですし、
なければ窓あけて空気の入れ替えをしておくのも(短時間でいいんですよ)、
意外とひとつの予防対策になるのでやってみては?

 

他にも最近はエアコンに空気清浄機能や
除菌ができるものもあるので、
家のエアコンの機能をチェックしてみると
新たな発見があるかもしれません。

食べて免疫力アップ!

体にいいって言われる食材や栄養はたくさんあるけれど、
本当のところはどうなんでしょう?

ビタミンCはよく聞くけど『D』もいいぞ

ビタミンCは子供の頃から
風邪に効くと言われていますが、
これは研究で実証済みだそうで、
昔の人は身を以て知ってたのかもしれません。

先輩の言うことは聞くべき、聞くべし。

 

実はCだけじゃなくて、
ビタミンDもインフルエンザや風邪に
高い予防効果がある
こと知っていました?

免疫力を高めることに効果があることが、
アメリカで報告されていたりします。

 

きのこに多く含まれていますから、
お味噌汁の具やソテー、
冬は鍋物などで簡単に食べられますので、
お手軽食材でありがたいです。

しかもお安い!

免疫力に効くのはまだある

他にも乳酸菌が免疫力を高めることは
もうあちこちで言われてるし、

チョコレートやココアに含まれる

ポリフェノールは

やっぱり免疫力を高めるから、
子供でも摂りやすい栄養素。

ただし、糖分の取りすぎは×なので要注意!

かかりにくい人って実はいる?いない?いる!

正直管理人はかかりやすいです…。

インフルエンザも風邪もかかります。

 

 

でもほとんどかからない人っていますよね。

予防接種はしないし偏食だし、
でもかからない!(友人にいるんです、こういう人)

どうしてかからないの?

免疫力が実はバリア!

インフルエンザ

免疫力が低いと

ウィルスを防いでくれるリンパ球が減ったり働きがダウン

となってウィルスに負けてしまいます。

 

また体温が低いとやっぱりリンパ球の働きが悪くなって、
かかりやすいし治りにくい悪循環にはまってしまいがちで、

「免疫力低くてごめんなさい」

な人になってしまいます・・・悲しいことに。

 

免疫力が高いと、
自分の体内に戦う力がある
ってことなので、
かかりにくい人になるんですね。

免疫力を上げるには?

まずはやっぱり食事からですね。

免疫力を高める食材をしっかり摂ることが大切です。

『ビタミンD』ですよ!

 

それから低体温の改善が効果アリです!

 

  • 規則正しい生活
  • 適度な運動(筋肉をつけると代謝が上がる)
  • 体を温める食事(生姜はおススメ)

 

管理人は実は生姜が苦手でしたが頑張って摂るようにしてから、
まだ少しですが体温が上がりました!

 

免疫力をアップさせて、
インフルエンザに立ち向かいましょう♪

まとめ

いかがでしたか?

インフルエンザにかからないために、
家庭でできる対策をまとめてみました。

 

 

けっきょく基本の『うがい』『手洗い』や、
規則正しい生活が予防になるんですね。

手間のかかることやお金のかかることは正直続けづらいので、
日頃からできることをやっていくことが大切です。

 

最近は冬だけでなくインフルエンザによる学級閉鎖などもありますので、
流行っていないようでもしっかり予防対策をしていきましょう☆

スポンサードリンク