夏バテ

暑い日が続くと、

「なんだか体がだるいな」

「食欲がなくって」

「なんか眠れてない気がする」

これってもしかしたら『夏バテ』?

 

日中はだいたいエアコンの効いた部屋にいるのに、
夏バテになんかなるの?

なんて思われる方もおられるでしょうが、
部屋の温度と外の温度の差が大きいと、
自律神経のバランスが崩れて、
夏バテの原因のひとつになるんです。

 

夏バテの症状をきちんと知った上で、
どうしたら解消できるのか、
夏バテ予防には何がいいのか、
しっかりご紹介していきますね。

スポンサードリンク

夏バテの症状チェックとその解消法

夏バテの症状にはどんなものがあるでしょうか。

夏バテの症状

これからあげる症状が自分に当てはまるか、
ちょっとチェックしてみましょう。

  • 体がだるい・倦怠感・むくみ

ただの疲労と思いがちで、我慢してしまう人が多いのがこの症状です。

でも我慢することでどんどん疲労が蓄積されて、夏バテの症状が解消されません。

  • 食欲不振、減退・下痢・便秘

室温と外気温の差で自律神経のバランスが崩れることで、食欲不振になってしまうこともあります。

だるさなどを我慢すると睡眠不足に陥ることもあり、睡眠不足から疲労が取れずに胃が弱ってしまって、食欲が落ちてしまいます。

消化機能が低下してしまうこともあるので、そのため下痢や便秘を引き起こすこともあります。

  • イライラ・めまい

自律神経のバランスが崩れると、自律神経失調症になってしまう可能性があります。

そうなってしまうと体調にも影響が出てしまい、自分でうまく体調のコントロールができなくなってしまうことがあります。

どうですか、何か当てはまる症状がありましたか?

このような症状を『夏バテ』を言っていますが、
実は夏バテは病気じゃないんです。

ただ、夏バテを放っておくと、
夏風邪をひきやすくなってしまったり、
免疫が低下して、
他の病気にかかりやすくなることがあります。

甘くみてはいけないのが『夏バテ』なんですね。

夏バテ解消法

夏バテの症状が出たら、
とにかく体を休めて疲労回復することが大事!

ではどんな夏バテ解消法があるんでしょう。

しっかり睡眠時間をとる

やはり睡眠は大切ですが、
時間だけでなく、
質の良い深い眠りになるようにします。

  • 日付が変わる前に眠るようにする
  • エアコンを28度など高めに設定してつけて寝る
  • 扇風機は風が直接当たらないように気をつける
  • 冷感シートなどを使う

など、ぐっすり眠れるように工夫してみてください。

栄養ドリンクも有効

栄養ドリンクは滋養強壮とうたっていますので、
これもどうしても頑張らなきゃいけないときには、
対策のひとつとして飲むのもアリです。

ある程度即効性のあるものですので、
体が楽になったように感じられます。

 

注意すべき点は、
あくまでも体が楽なのは栄養ドリンクの効果で、
一時的なものなんだということを、
しっかりと自覚しておくことです。

楽だからって頑張りすぎると、
栄養ドリンクの効果が切れたとき、
ガクッと前より疲れを感じてしまうことがあるんです。

無理はしないで頑張りすぎないことが、
栄養ドリンクを飲む場合のポイントですね。

夏バテの症状は食事でも改善できる?

夏バテ食事ゴーヤ

夏バテの症状が出たなと感じたら、
食事で夏バテを解消するということも、
気軽にできる対策です。

ではどんなものを食べると、
夏バテの症状を改善できるのかみていきましょう。

  • うなぎ

ご存知土用の丑の日に食べる夏バテ予防の王道の食材ですね。

うなぎはビタミンA・B1・B2・D・Eが豊富で、ミネラルも多く夏に必要とされる栄養素の宝庫です。

蒲焼にするときのタレの香りが食欲をそそりますね。

  • ゴーヤ

今ではすっかり夏の定番になった野菜ですね。

カリウムや食物繊維が大変豊富です。

どちらも腸にいいので便秘解消の効果を期待できます。

  • 梅干し

梅の酸味成分クエン酸・リンゴ酸は胃腸の働きを整えてくれるだけでなく、糖質を活性化させてくれる働きがあり、疲労回復効果に役立ちます。

食欲増進や新陳代謝を促してくれる梅干しは、昔から1日1個で病知らずとも言われています。

  • ねぎ

食欲増進や発汗作用があり、体温調節を整えられるようにしてくれます。

ねぎの他にも香味野菜は同じような効果があります。

  • 納豆・枝豆

大豆はビタミンB1を多く含んでいますので、スタミナ不足の解消に役立ちます。

また食物繊維が豊富なので、腸内環境の改善に期待ができます。

  • トマト

トマトの栄養素で有名なのは抗酸化作用のリコピンです。

リコピンは生活習慣病などにも効果があると言われていますね。

トマトは他にも筋肉などの疲労回復にも効果があるそうなので、疲れたと感じたらトマトを食べてみましょう。

トマトジュースでも効果ありですよ。

  • にんにく

疲れたときにはにんにく料理。

にんにくのアリシンがビタミンの吸収を助け、食欲増進を促します。

  • 豚肉・レバー

レバニラ炒めや豚肉の生姜焼きなど、スタミナ食として知られています。

必須アミノ酸やビタミンが豊富ですね。

  • 長芋・山芋

消化吸収の働を助けて促します。

水溶性食物繊維のムチンが糖分の吸収を抑えてくれるというから、別の意味でもありがたいです。

食欲がないときでも食べやすいものもあるので、
上手に食べて夏バテを解消しましょう。

スポンサードリンク

夏バテの症状が出る前にしっかり予防しよう!

夏バテの症状が出る前に予防できれば、
それに越したことはありません。

温度調節に気をつけて

夏バテ予防に効果がある対策は、
やはり一番は『温度調節』です。

冷房の効きすぎの部屋に長時間いると、
自律神経のバランスを崩しやすくなり、
また、室内と室外の温度差も大きくなるため、
体の体温調節がうまく機能しなくなってしまいます。

 

それを防ぐには、
部屋の中と外の温度差が、

5℃

くらいがおすすめです。

 

会社など仕事場ではなかなかそういかないことが多いですよね。

そんなときは1枚羽織ったり、
膝掛けやアームカバーなどを使用して、
冷えすぎないように気をつけましょう。

水分補給はこまめに

水分補給は熱中症予防にもなりますので、
意識してこまめに摂ることをおすすめします。

水分不足は体力が落ちるので、
やっぱり夏バテの原因になりかねません。

 

このとき注意したいのが、
冷たいものを取りすぎないこと。

もちろん体を冷やすために、
冷たいものを飲むのはいいですが、
冷たいものばかりは避けて、
常温のものをなるべく飲むようにしたいです。

 

温かいものを飲みましょうともよく聞きますが、
これは冷房が効いてる部屋ならいいと思います。

でも、暑い中で飲むのはちょっときついですよね。

まとめ

夏バテ

ここ数年の夏といえば、
すっかり猛暑が普通になっていますよね。

気をつけていてもこの暑さでは、
夏バテになるなという方が難しかったりします。

 

夏バテの症状を感じたら、
最優先で体力を回復させること!

しっかり睡眠をとって、
夏に効果のある食事をして、
残暑も乗り切りましょう。

 

まだ夏バテじゃないなという方は、
今から予防対策して、
夏バテしないで秋を迎えたいですね。

スポンサードリンク