サングラス

日差しが強く感じられる季節。

「目も紫外線対策した方がいいらしいよね」

なんて友人との会話で出たけれど、
それってサングラスをかければいいんですよね。

「でも、持ってたサングラスってUVカット?」

以前おしゃれ目的で買ったけど、
サングラスは全部紫外線をカットしてくれるんでしょうか?

 

100均や3コインで売られているものでも、
効果はあるの?

紫外線はカットできても、
かけておしゃれじゃなかったら、
ちょっと考えてしまいます。

 

おしゃれで紫外線カットもしてくれるサングラスを選びたい。

それが女子のこだわりです!

スポンサードリンク

サングラスの選び方で気にするのは色だったりする!

サングラスにはたくさんの色がありますよね。

見えているのか不安になるくらいの濃い色から、
色のない透明なクリアレンズまで。

それぞれの色の持っている機能や見た目のイメージから、
サングラスを選ぶのだってアリですよね。

ブラウン
日差しのまぶしさを防止するには効果あり。
ドライブや外でのスポーツに合った色味です。
人気の色でもあり、ポピュラーといえます。
意外ですがパソコン時のブルーライトを防ぐ効果も。
サングラスによる陰影がちょっと彫りを深く見せてくれます。
グレー
まぶしさの防止効果が高いです。
レンズ越しの色の変化が少ないので景色などが自然に見えます。
ドライブや外でのスポーツや海などで活躍してくれます。
ちょっと大人っぽい印象を与えます。
ブルー
眩しく感じられる黄色系の光を防いでくれます。
クールなイメージなので冬はちょっと寒そうに感じられるかも。
グリーン
まぶしさを防いでレンズ越しの見え方も自然です。
アウトドアに適した色といえますが街中でもOK。
思っているより見た目柔らかなイメージです。
イエロー
日差しが強い昼間より夕方や曇りの日などに視界を明るくしてくれます。
強い日差しや明るいところではあまりおすすめではないかも。
インドアで行うスポーツの時にかけても見やすいです。
色無しクリア
色付きのサングラスに抵抗があるならおすすめです。
紫外線カット効果のあるレンズなら問題ありません。
伊達メガネ風にかければおしゃれです。

どんなシチュエーションで使いたいのかで、
レンズの色を変えるのもおしゃれテクニックですね。

 

スポーツなら色付きのものでもあまり気になりませんが、
サングラスをかけることに慣れていないと、
ちょっと色付きは恥ずかしかったりすることも。

色無しのクリアなものなら、
普段使いとして近所に買い物に行くときでも使えそうです。

サングラスを選ぶならUVカットは気にするべし!

サングラスをかけるなら、
UVカットは必須です!

 

でも、

「サングラスは色が濃ければ紫外線は大丈夫!」

なんて思っていませんか?

スポンサードリンク

 

レンズの色と紫外線カット対策は別物です。

色の濃い紫外線対策がされていないサングラスをかけて外出は危険なんです。

 

濃い色は光を防いでくれますが、
そのため瞳孔が開いてしまいます。

そこに紫外線がカットされないで目に入ったら、
目を傷める原因にもなりかねません。

 

しっかりと紫外線カットのレンズなのかを確認してから購入しましょう。

 

雑貨屋さんや100均、3コインで売られているサングラスも、
UVカットの表示(紫外線透過率表示)があれば大丈夫なはず(?)です。

管理人も3コインで購入したクリアレンズのサングラスをかけて、
近所のスーパーとか行っちゃってますよ。

おしゃれにしっかりサングラスで、
パッチリした目を守りましょう!

サングラスの形だって女子はこだわりたいんです♪

顔が大きい人は大きめのサングラスがいい、
みたいな話を聞いたことがあります。

「ほんとなの?」

なんて思いますが、
顔の形にあったサングラスを選ぶのもアリだと思うんです。
なので顔の形別似合うサングラスをご紹介しますね。

まる
丸顔には意外とシンプルなスクエアタイプなんかがお似合いです。
シャープに見えてすっきりしたイメージになります。
三角
丸みがあって柔らかな印象を与えてくれるボストンタイプがおすすめです。
元の顔の形がシャープなので丸みを帯びたものが優しいイメージに見せてくれます。
四角
オーバルや丸メガネなどがお似合いなのが四角さん。
シュッとしてモダンなイメージでちょっと知的な感じも。
面長
ティアドロップや芸能人がよくかけていそうなウエリントンなんかが似合います。
ちょっとかっこよくてワイルドな感じが女性にもおすすめです。

顔の形に合うサングラスの形をご紹介しましたが、
好みじゃなかったりすることもありますし、
その人の雰囲気で似合う似合わないもあります。

一番いいのはショップに直接行って、
いろいろかけてみることです。

サングラス

お店の人に見てもらって、
似合う似合わないを決めるのも、
客観的な意見が聞けていいのではないでしょうか。

自分だけだとなんだか、
全部似合わないような気になってしまうこともあるんですよ。
(経験者は語ります)

 

もちろんフィット感もとても大事

かけたときに隙間があきすぎていたら、
せっかく紫外線をカットしてくれるはずのサングラスなのに、
横から上から入ってきてしまいます。

通販は手軽でいいけれど、
一度実際にかけてみることをおすすめします。

まとめ

サングラスはおしゃれだけじゃなくて、
目の保護のためにもかけて損はありません。

 

色や機能や形などを総合した上で、
お気に入りのサングラスが見つかるといいですね。

さあ今年はサングラスデビュー、
しちゃいましょう♪

スポンサードリンク