運転免許

運転免許証を持っている人は、
運転免許証を身分証明として使用することが多いですよね。

 

ところがこの運転免許証の写真というのは、
3年もしくは5年に1度、
免許の更新の時に新しく撮るもの。

しかも警察や免許センターなどで写真を撮るので、
自分ではどのように写っているのか、
出来上がるまで確認できません。

 

出来上がった免許の写真を見て、

「これが自分!?」

とがっかりする人も少なくありません。

本当にかわいそうになる写真って、
正直見たことあります。

 

そんな写真を数年間にも渡って、
身分証明として使用するのはイヤですよね。

もう出す時のプレッシャーは、
正直半端じゃありません!

 

しかし、運転免許の写真写りは、
コツや裏技を利用することで、
画期的に変えることが出来るんです!

 

今回は、運転免許の写真写りのコツや裏技を、
こっそりと伝授しちゃいますよ!

スポンサードリンク

運転免許の写真写りをよくするコツならこの4つ!

では、まずは写真写りを良くするコツを、
4つご紹介いたします。

 

1.なるべく明るい服(白がベスト)を着ていく。

明るい服は写真に写るときにレフ版効果が得られます。

薄い黄色なども光を反射しやすいので、
白がないならとにかく明るめの色を、
トップスには持ってきましょう。

襟ぐりもあきすぎないように。

せっかく白を着ても襟元があまりあいていると、
レフ板効果が薄れてしまいますので!

2.化粧は濃いめに

運転免許の写真を撮ると、
どうしても顔色が暗くなってしまうので、
普段よりも濃いめの化粧がベストです。

特にチークはしっかり

日本人はチークをしないと、
意外と顔色が悪く見えてしまうことがあります。

スポンサードリンク

口紅もベージュ系よりはオレンジなど、
はっきりとした色にして、
できればラインをいれましょう。

3.姿勢も大切

姿勢が悪いと全体的に暗いイメージになってしまいます。

背筋は背中を天井から、
引っ張られているイメージで
ピンとはりましょう。

4.顔の位置やあご、表情も注意

一番大切なのがやっぱり顔。

あごは出しすぎず引きすぎず
口は閉じて軽く口角を上げるように、
そして目はぱっちりと見開く感じがいいでしょう。

やってはいけないのは、
まっすぐカメラを見ること!

少し顎を引き気味にして、
カメラの少しだけ上あたりを見るようにしましょう。

 

このようにちょっとしたコツで、
運転免許の写真写りが全く違ってきますよ。

運転免許の写真写りをきれいにするならこんな裏技もあるんです♪

運転免許の写真写りのコツはわかったと思います。

しかし、実はこれだけではないんです。

 

それがどんな裏技かといえば、
ハンカチをレフ版代わりにする』という事です。

 

さきほども話した通り、
運転免許の写真というのは、
どうしても顔色が悪く写ってしまいます。

その為、少しでも顔色を明るくとりたいもの。

 

そこで便利なのがハンカチなんです。

明るめの洋服を着て、
レフ版代わりにするというコツはお話ししましたが、
さらにハンカチを使うんです。

 

ハンカチはまっ白いハンカチを用意し、
写真を撮るときに太ももの部分に広げて乗せておくだけ。

これだけで、ずいぶんと顔の明るさも違ってくるんですよ。

 

管理人は実践したら思った以上によかったので、
身分証明がイヤじゃなくなりましたね。

まとめ

運転免許の写真は一度撮ると、
3年もしくは5年間使用するものですよね。

しかも写真撮りは一発勝負!

一目見ただけでがっかりの写真の載った運転免許を渡されると、

「これを数年間使うのか…」

と気落ちしてしまうものです。

 

しかし、写真はちょっとしたコツをつかむだけで、
女優張りの(笑)運転免許証の写真が出来上がるんですよ!

ぜひ後悔しない一枚を撮ってもらってくださいね。

 

あっ、あともうひとつ!

口角はしっかり意識してあげましょうね♪

スポンサードリンク