手作りチョコ

最近はハロウィンに押されぎみの、
バレンタインデー!

まだまだ負けては要られませんよね。

 

本命だけではなく友チョコも、
手作りを上げるという子どもも多くなってきていますよね。

手作りチョコはいいのですが、
チョコレートを溶かす工程は熱を使う訳ですから、
子どもだけだとちょっと不安があったりします。

でも、基本的には子供が作りたいのなら、
任せてあげるのも大事だったりするんです。

 

そこで、子どもでも安心な、
簡単なチョコレートの溶かし方をご紹介します。

スポンサードリンク

チョコレートの溶かし方いろいろ

①湯せんで溶かす

鍋に50度くらいのお湯をはりチョコをボウルに入れます。

チョコを入れるボウルは鍋よりも大き目がいいです。

隙間がなくなることで湯気もお湯も入らず便利です。

ゆっくり溶かすことで滑らかなチョコレートになります。

②電子レンジで溶かす

板チョコを細かく刻みます。

大きさにムラがあると熱の伝わり方にもムラが出来るので、
出来るだけ均一の大きさにします。

耐熱ボウルに入れて、
家庭用電子レンジ(500W~600W)で40秒~1分加熱します。

③ドライヤーで溶かす

刻んだチョコに、
ドライヤーの熱を当てるでけです。

④炊飯器で溶かす

刻んだチョコを炊飯器へセット。

蓋はしないで開けたままでOK。

炊飯モードでスイッチオン焦げないように混ぜながら様子を見ましょう。

スポンサードリンク

チョコレートを溶かすのに子供でも簡単にできる法法

チョコの湯せん

チョコレートを溶かすには、
湯せんが一番適していると言われています。

チョコレートって意外とデリケートなんです。

だから、急に高温とか、
急に低温とかに弱いんです。

湯せんすることでゆっくり温度を上げるので、
湯せんが一番適しているという訳です。

 

ですが、まだ小さい子供に、
お湯の扱いをさせるのは怖いし、
心配だという親御さんもいるでしょう。

そこで、簡単で一番安心なチョコレートの溶かし方としては、
板チョコをラップにくるんで、
電子レンジで温めて溶かす方法をおすすめします。

 

板チョコ2枚の場合を基準にすると、
500Wで1分~1分半600Wで1分以内と、
早い時間でしかもボタン一つで出来ちゃいます。

電子レンジから出した段階で、
まだ溶けていないと思ったら、
10秒ずつ追加しながら様子を見ていきます。

 

他にもドライヤーや炊飯器などで溶かす方法がありますが、
子供が一人でやるとなると、
電子レンジが一番安全で簡単だと思いますよ。

さいごに

バレンタインのチョコ

子どもがママの料理を手伝うようになるのは、
だいたい何歳頃からなんでしょうか?

きっかけがバレンタインデーのチョコレート作りだとしても、
ママとしては嬉しい成長です。

なるべくならママが手を出さないようにして、
美味しく作れる手助けをコッソリ出来るといいですね。

まあそれが大変なんだけど(苦笑)

スポンサードリンク