冬の結露

寒い時期になると気になるのが結露ですよね。

 

朝起きて窓を見てみると、結露でびっしょりなんていう事は珍しくありません。

 

徐々に温かくなれば自然と乾いてしまいますが、この結露はカビの原因に。

 

そうならないためにも、きちんと結露対策をしておく必要があります。

 

今回は、100均グッズで簡単にできる結露対策をご紹介します。

スポンサードリンク

窓の結露対策は100均でこんなことができるんです♪

窓の結露対策グッズは様々ですが、どれも結構なお値段がしますよね。

 

しかし、実は100均でも結露対策グッズが販売されているという事を知っていますか?

 

ここでは、100円でも超便利!結露対策グッズをご紹介します。

水切りワイパー

水切りワイパー

ワイパーの部分がゴムになっていて、さらに持ち手の容器にとった水が入るようになっている便利アイテムです。

窓にワイパーを滑らすだけで手を汚さずに簡単に結露した水分を取り除くことができます。

吸水テープ

窓の結露で一番困るのが、滴った水分で床やサッシが汚れてしまう事です。

これがカビの元となってしまうんですよね。

そんな水分を床などに垂らさないようにしてくれるのが吸水テープです。

窓の一番下の部分に貼り付けておけば、滴った水滴をしっかりと受け止めてくれます

さらに吸い取った水分は昼の空気の乾燥とともに失われ、何度も繰り返し使えます

スポンサードリンク

断熱用エアクッション

プチプチ

いわゆる梱包材などでよく使われるプチプチです。

そもそも結露の原因は外気温と室内の気温の差ですよね。

しかし、この断熱用エアクッションを窓に貼っておくことで温度差を緩和し、結露がしにくくなります。

ただ、直接窓に貼り付けなければいけないのと、見た目がちょっと…というのが玉に瑕です。

窓の結露を放っておくと大変なことに!?

カビが発生

窓の結露は気になるけれど、空気が乾燥すれば自然に無くなるので、特に対策をしなくてもいいと思っている人はいませんか?

 

しかし、この結露を放置してしまうと、健康被害を及ぼすこともあるのです。

 

例えば、結露を放置するとサッシのパッキン部分にカビが生えてしましますよね。

 

そしてこのカビの胞子が空中に浮遊することで、アレルギーなどの原因となってしまうのです。

 

さらに、結露した水分がカーテンや床を濡らすことで、カーテンにカビが生えてしまったり、床が傷んでしまったりすることもあります。

 

そう考えると、窓の結露対策はしっかりと行っておく必要があるのです。

 

もちろん賃貸でも結露対策は大事ですので、賃貸にお住いの方はこちらの記事をご覧ください。

 

まとめ

冬になるときになる結露ですが、そのままにしておくと健康被害や家が傷む原因となるので、しっかりとした対策が必要となります。

 

結露対策が面倒と感じてしまう人や、お金がかかるのではと心配している人でも大丈夫。

 

100均グッズでも簡単に結露対策をすることが出ますよ。

 

これから本格的な冬に向けて、ぜひ100均グッズを上手に活用して結露対策を万全にしておきましょう。

スポンサードリンク