浴室換気扇

戸建て住宅だと浴室に窓がある場合が多いけれど、
マンションなどの集合住宅では、
構造的に窓がないことがほとんどですよね。

 

カビ防止に湿気は大敵なので、
この湿気を追い払うためには窓があるなら、
窓と浴室の扉を開けることで風を通せるけれど、
窓がないなら湿気対策は『換気扇』です!

 

換気扇を効果的に使って浴室を乾燥させて、
しっかりカビ予防する方法をご紹介しますね♪

スポンサードリンク

カビ予防には1に換気!2に換気!!

ある意味1番カビ予防で効果があるのが、
浴室をしっかり乾燥させることです!

 

湿気が大好きなカビは乾燥が天敵なんですから☆

換気扇をフル活用!

湿気を取るっていったら最初に思いつくのが

『換気』

ですよね。

というか、換気しかないんです!

 

浴室の換気の王道はやっぱり換気扇

 

この換気扇、
お風呂上りにちょっと回すくらいだったりしませんか?

 

はっきり言って1時間くらい換気扇を回しても、
あまり効果は期待できなかったりするんです。

理想は24時間回しっ放し!

 

これだけでカビの発生や結露が抑えられるのなら、
お手軽だとは思いませんか?

換気扇の電気代は思ってるより低い

24時間換気扇を回しっ放しって、
実際は結構勇気がいるんです。

 

「それって、電気代がかかるんじゃ・・・」

 

そう、電気代です。

気になるに決まってますよね。

 

ところがですよ。

実は浴室の換気扇って意外と電気代安いって知ってました?

 

浴室の換気扇の平均的な消費電力は20W前後。

24時間回しっ放しにしたとして

20W×24時間×30日=14.4kWh

1kWhが26円としましょう。
(金額は前後するからね)

1ヶ月の浴室の換気扇の電気代は
約375円くらい

 

新しい換気扇だともっと省エネ設計だから
電気代ももっと安くなるかもしれません!

 

「24時間はちょっと・・・」

そうなんです。

電気代というよりずっと回してることに、
抵抗感あるというのもわかります。

そんな時はせめて8時間くらい回すと
そこそこ効果ありますよ!

おススメは24時間!!

さらに『強』で換気しましょう。

浴室の換気

効果的に換気をしよう!

換気は換気扇。

でも換気扇をただ回すだけだと、
実は換気はできていないって知っていました?

換気の基本は「排気」と「給気」

「換気扇だけじゃなんでダメなの?」

だって換気扇って換気するためじゃないですか。

 

そうなんですけど換気扇は排気しかしてくれません。

効果的な排気をするには給気が必要なんです!

 

湿った空気を外に出して、
乾燥した空気を浴室に取り入れてこその
さよなら湿気になるわけです!

スポンサードリンク

給気はどこから?窓から扉から!

「給気」って言われても何それ?ですよ。

 

簡単に言えばどこから空気を入れるのかということ。

じゃあ浴室で空気が入るのってどこなんでしょう。

 

「窓」「浴室の扉」

この2ヶ所です。

 

窓はマンションなど集合住宅だと
浴室にはないパターンが多いですね。

なので基本空気を取り入れるのは扉ですね。

 

換気扇を回す時に浴室の扉を少し開けておくか、
扉に通気口があるならそこを開けて
しっかり換気
しましょう!

 

扉を開けると湿気が他の部屋にいってしまうので、
あまり良くないという話もありますが、
特に夏や冬はエアコンなんかで乾燥してるので
少々の湿気は乾燥対策になるとポジティブに考えてます。

 

とはいえ扉全開はさすがにおススメできません!

あくまでも少しだけ開けるのがポイントです☆

カビ予防に防カビ剤は使えば効くけど面倒臭い

カビ予防といえばCMなどで見る『防カビ燻煙剤』を
思い出す方もいますよね。

「あれって効果あるのかな、使ってみようかな」

なんて悩まれてる方もいるのでは?

 

キレイにカビを除去した後、
市販の防カビ燻煙剤を使用するのは効果アリです!

カビ除去してない場合は
メーカーさんの話だと繁殖は防いでくれるとか。

 

特に天井なんかは掃除がしにくいので、
防カビ燻煙剤を使えば手軽
で助かりますよね。

洗い流す必要はないし、
イスとか洗面器なんかも一緒に防カビできるし、
5分くらいで終わるし、
これでカビとはさよならできます!

なんて便利なんでしょう!

 

ただ手軽・・・とは言ってもですよ、
やっぱりそれなりに薬剤を使うわけですので、
面倒くさい部分はあります。

 

終わった後は換気をしっかりして、
浴室の煙を全て排出すること!

 

だいたい効果が持続するのが2ヶ月くらいなので、
2ヶ月ごとに使用する必要があります。

 

どうしても臭いがあるので
苦手な人はやめたほうがいいかもしれません。

煙がなくなっても臭いが残ってることあるので気をつけてください。

 

正直なところ日々のカビ予防をしていれば、
そんなにカビは繁殖しないけれど、
とっても助かりグッズです!

 

換気が終わるまでは、
子どもやペットが浴室に行かないように注意が必要です。

 

その日のお風呂で

「今日はキレイなお風呂だよ〜」

と自己満足できますね☆

まとめ

カビ予防に換気が重要なことが、
おわかりいただけたのではないでしょうか。

湿気対策のポイントは

 

  • とにかく換気が大事
    換気扇を24時間回しっ放しが理想
  • 換気扇を回す時に浴室の扉を少し開けておくか、
    扉に通気口があるならそこを開けて
    しっかり換気
  • 天井なんかは掃除がしにくいので
    防カビ燻煙剤を使えば手軽

 

簡単手軽な対策ですので、
ぜひ毎日カビ予防に励みましょう☆

 

カビ予防を簡単にシャワーでする方法はこちらの記事↓

浴室のカビ防止は手軽で効果的にやりたい方におススメの方法はこれ!

スポンサードリンク