ガスコンロ

普段からちょこちょことマメに掃除はしていても、
使うたびに汚れていくのがガスコンロです。

「今度きっちりキレイにするから
今日はとりあえず・・・ね」

やったことがある人ならわかると思いますが、
ガスコンロの掃除は本当に面倒くさいんです!

 

油の飛びハネや焦げ付きなんて、
見ただけで気が重くなってきてしまいますよね。

 

でもキレイなキッチンは憧れなんです。

美味しいご飯を美しいキッチンで!

 

しょうがないので気合いを入れていきましょうか。

いいえ、そんなに気合いを入れなくても
簡単にガスコンロを掃除できるコツを、
ここではご紹介いたします!

スポンサードリンク

ガスコンロの掃除を簡単に済ませたいなら重曹!これでしょ♪

ガスコンロには五徳、本体、バーナーなど
いろんなパーツがあります。

そのどのパーツにも使えるのが重曹なんです!

 

「重曹でキレイになるの?」
「やったことあるけどそんなにキレイになった?」

 

実は重曹も正しい使い方ができていなかったら
効果は半減(どころじゃないかも?)してしまいます!

上手に重曹を使って
ピカピカのガスコンロを手に入れましょう♪

まずは事前の準備が大事

簡単掃除は準備と手順!

まずはこれを用意しましょう。

  • 重曹
    料理で使う重曹もあるけど工業用でOK
    100均のもので十分です
  • ゴム手袋
    頑固な油汚れだし、
    手荒れを防ぐためにも使うべき
  • 大きい鍋・タライなど
    五徳をつけ込むため
  • 金属たわし・歯ブラシ・汚れたスポンジ
    しつこい汚れは金属たわしが便利
    使い古しの歯ブラシも細かいところに良し
    スポンジはホントに汚れるので
    この期に取り替えるものを使って捨てましょう
  • ぼろきれ
    重曹を拭き取るため
  • キッチンペーパー
    水を防いだり拭き取りにと大活躍
  • お湯
    重曹を溶かしてつけ込むため

 

あとはシンクは片付けてあけておくこと。
五徳の掃除はシンクでやると
周りに飛んだ後始末が簡単にすみますよ♪

重曹はお湯に溶かせ!

実は重曹は水に溶けにくい性質があります!

うまく溶けてくれないと、
重曹の効果は期待が薄まってしまうんです。

なのでここは面倒くさくてもお湯でいきます。

 

重曹とお湯の割合は、
汚れのレベルに合わせて使い分けるのがコツです!

作り方はこんな感じ。

  1. 軽い油汚れ
    ぬるま湯−100mL:重曹−小さじ1(くらい)
    スプレーボトルに入れておいて
    吹きかけて使うと便利
  2. 焦げ付き
    お湯(50〜60℃)−1L:重曹−大さじ1(くらい)
    つけ置き用
    タライや大きな鍋を使用
    五徳が大きくて入らない時は
    大きめのゴミ袋を2重にして
    シンクに置いて使うと便利
  3. まだダメな場合の最終手段
    水−100mL:重曹−小さじ1(くらい)
    鍋に合わせて水と重曹を入れて
    沸騰させたら五徳を入れて
    10分ほど煮込む
    (注:アルミ鍋は変色するから×)

3は本当に最終手段ですので、
とりあえず1と2を駆使していきましょう!

 

あと、つけ置き用はしっかりと
五徳がかぶるくらいの分量を作ることと、
温度は火傷しないくらいにすることがポイントです!

温度が高いほど重曹は効果が増しますが、
火傷したら元も子もないので気をつけてくださいね!

ガスコンロの掃除の時には外せるものはつけ込むからね!

準備ができたらどんどんいきましょう。

外せるものはガンガン外せ!

ガスコンロ掃除

ガスコンロ本体から外せるものは、
みんな外して鍋やタライにつけ込んでいきます

 

だけど外せるものって何があるんでしょうか?

 

ガスコンロもいろいろなものがありますよね。

五徳、バーナー、受け皿など、
各家庭で外せるものは違うと思います。

なので後で困らないように簡単に外せるものだけでOKです。

無理してドライバーとか使っても

「元に戻らない〜!」

なんていうことのないように注意してください☆

 

いける気がして解体して元に戻せなくなる…
ことが決してないとは言えません!
(経験者は語ります・・・)

つけ置きは基本1時間以上

事前に作っておいた2の重曹水(お湯ですが)に
外した五徳などをつけ込むのですが・・・

ここでちょっとひと手間入れるのがコツです!

 

特に焦げ付きがひどい箇所には
重曹を粉のまま振りかけてから浸けてみてください!

焦げが浮きやすくなりますよ。

 

浸けたら後はもうそのまま放っておくだけです。

浸けておく時間は汚れにもよりますが、
基本は1時間以上そのまま浸けておいてください

待つ間に他の部分をキレイにしていきます♪

スポンサードリンク

ガスコンロのパーツをつけ置きしてる間に本体を掃除!

1時間以上はつけておくのでその時間を有効に使って、
この間にガスコンロの本体をサッサと片付けます。

まずは確認です。

 

ゴム手袋は装着済みですか?

ガスコンロ本体はいよいよゴシゴシとこするので、
ケガと手荒れ防止のためにも、
しっかりゴム手袋をすることが大事になります。

「普段使わないから持ってない」

やっぱりあった方がいいので、
100均で大丈夫ですから手に入れましょう。

 

もし料理の時の食材カスとかがあったら、
それは取り除いておくのを忘れないように!

aのスプレーが役に立つ

ちょっとした油汚れでしたら、
事前に作っておいた1の重曹水でOKです。

スプレーボトルに入れておけば、
そのままシュッと吹きかけるだけで
重曹水が汚れを浮かしてくれるんですよ。

 

ただこの時注意点があるので気をつけてください!

コンロ内に水が入らないようにすること!!

 

「でも、スプレー吹きかけたら入らない?」

大丈夫です!

そこで登場するのが『キッチンペーパー』なんですね。

 

バーナーや奥の排気カバー部分に、
キッチンペーパーをかけてからまわりにスプレーをすれば、
直接かからないので内部に水が入るのを、
結構防いでくれます。

 

スプレーし終わったら外してOKです。

そのキッチンペーパーは
あとで拭き取りに使うから捨てないでね。

 

スプレーしてしばらくすると汚れが浮いてきますので、
スポンジで磨いていくのですが、
この時の注意点も内部に水が入らないようにすること。

 

この時にもキッチンペーパーはお役立ちです!

スポンジで磨きながら
もう片方の手でキッチンペーパーで水気を拭き取っていきます

これが意外となんかやってる感が出て、
やる気のモチベーションが上がるんですよ(苦笑)

 

スポンジで磨いてさらにキッチンペーパーで拭き取る、
このW攻撃が天板や前面の部分を、
ピカピカにしてくれるんです♪

 

拭き残しがあっても大丈夫です!

拭き残した部分が白くなっていますから、
白いところがなくなるまで拭けば完璧です!

 

この技はコンロまわりの壁にも活用できますので、
ついでにシュッ、ササっとキレイにしちゃいましょう♪

バーナーの火口は丁寧に!

ガスコンロ掃除

コンロに火をつけた時、
火がまばらだったりすることがありませんか?

実は吹きこぼれやカスで、
火口も目詰まりすることがあるんです!

ひどくなると不完全燃焼の原因にもなるかもしれません。

 

ここもせっかくなのでキレイにしておきましょう!

 

やり方はここも重曹を使います!!

キッチンペーパーに重曹水を吹きかけてかぶせたら、
その上からさらにシュッと吹きかけて10〜15分放置します。

 

時間が来たら用意してあった古い歯ブラシで、
ゴシゴシっとこすりましょう。

この時の注意点はあまり強くこすらず丁寧に

ここには点火のためのプラグとか安全装置などがあるから、
壊したら大変なんです。

下手したら買い替え!
なんてハメになるかもしれません!!

 

じゃあ触らなければいいかといえば・・・
そうもいかないんですよね。

なので十分注意して優しく丁寧にキレイにね♪

 

火が出る小さな穴は
竹串やツマヨウジで軽く突っつくくらい。

基本、無理・ムチャはしないことですよ!

ガスコンロの中でも気が重くなる五徳を簡単に済ませましょう

ガスコンロ本体をキレイにし終わったら、
そろそろつけ置きしてあった五徳達にいきましょう!

 

「あんなコゲコゲがホントに簡単に落ちるの?」

心配はご無用です!

あっという間に(は言い過ぎですね)
キレイにしてみせましょう☆

もちろんここでもゴム手袋の装着は忘れないように!

汚れが浮いた五徳はタワシとスポンジで!

ホントに試してほしいんですが、
重曹水(お湯だけど)につけておくと、
大抵の汚れは簡単に落ちます!

準備しておいたスポンジとタワシでこすれば、
ほとんどの汚れはキレイになる
のでお試しください!

 

細かな部分は古い歯ブラシでゴシゴシとこすります。

どうしても落ちなかったら最終手段発動ですが、
つけ置き時間の延長か二度つけで大体はいけます!

コゲや汚れが落ちたら水気は×!

「よし、この辺でかんべんしてやる!」

コゲや汚れをこすり落としたら終わりです。

ガスコンロに戻しましょう。

 

「ちょっと待った〜っ!」

キレイになったらそこでもう一仕事です。

 

まずはキレイに水かぬるま湯で洗い流したら、
しっかり水気を拭いてください

用意していたぼろきれがここで登場します!

完全に水気がなくなるように、
ガッツリと拭き取ってください。

 

水分がバーナーの火口などに入ってしまうと、
火の付きが悪くなったりしますので、
ここはしっかり拭き取りましょう!

 

乾いたらガスコンロに元どおりにセットして
気の重かったお掃除終了です♪

まとめ

気が重いガスコンロの掃除を、
簡単にキレイにできるコツをまとめました。

重曹を上手に使ってピッカピカの台所で
気持ちよくお料理を作っていきましょう♪

 

スポンサードリンク