八景島シーパラダイス

横浜・八景島シーパラダイスは、
水族館と遊園地の両方を楽しめるのが特徴のレジャー施設。

基本の営業時間が

8時30分〜21時30分(土日祝日:〜22時30分)

というかなり早い時間から開演しているのも、
十分遊ぶ時間がとれますよね。

 

八景島まで行くには車か電車です。

どちらで行った方がいいんでしょうか。

車なら駐車場は?

何があるの?

そんな疑問にお答えしちゃいましょう。

スポンサードリンク

八景島シーパラダイスは混雑具合で車か電車のアクセスを決定

八景島シーパラダイスは、
他の遊園地などに比べると、
普段の混雑はそれほどとは言えませんが、
GW・夏休みなどはやっぱりかなりの混雑です。

車で行く場合

混雑は覚悟

混雑するシーズンは、
駐車場も混雑して朝の8時くらいには、
駐車場も埋まってくるので、
車で行くなら早めに行った方が安心ですね。

駐車場に入るための列が長くて、
この待ち時間がイヤになってきますので、
朝早く行かれることをおすすめします。

さらには何と言っても道中の渋滞が半端ないです。

こちらも渋滞情報をチェックしましょう。

 

逆にそれ以外のシーズンなら、
駐車場も広いのであまり気にせず行っても大丈夫ですよ。

 

窓口も並びますので、
事前にチケットをゲットしておく方がいいですね。

チケットをお得にゲットするならこちら⇩を参考にしてください。

⇨ 八景島シーパラダイスの割引チケはコンビニ・エポス・生協何がお得?

駐車場情報

【A駐車場】

  • 営業時間:開島30分前−閉30分後
  • 駐車台数:1708台
  • 駐車料金:1200円/1日

【B駐車場】

  • 営業時間:開島30分前−閉30分後
  • 駐車台数:181台
  • 駐車料金:1200円/1日

【C駐車場】

  • 営業時間:開島30分前−閉30分後
  • 駐車台数:350台
  • 駐車料金:1200円/1日

【E駐車場】

  • 営業時間:4時−22時
  • 駐車台数:1064台 バス11台
  • 駐車料金:1時間/310円 12時間最大1,550円(12時間以降は1時間310円)

【F駐車場】

  • 営業時間:4時−22時
  • 駐車台数:362台
  • 駐車料金:1時間/310円 12時間最大1,550円(12時間以降は1時間310円)

※EとFはA〜Cが全滅のときと考えておいた方がいいです。

 

駐車場はけっこう台数がありますが、
混雑シーズンは本当に朝で埋まります。

昼で帰る人はあまりいないので、
車で行く場合は気をつけてくださいね。

電車は乗り換え必須

八景島へ行くのに電車を使う場合、
シーサイドラインに必ず乗り換えます。

混雑シーズンにはこちらも正直なところかなり混雑します。

それでも最寄駅の『八景島駅』からは徒歩5分とすぐなので、
小さい子どもでもそれほど負担ではないと思いますよ。

主要駅から金沢シーサイドラインへ

最寄駅の『八景島駅』へのアクセスはこんな感じ。

  • 品川(京浜急行(快速))→横浜(京浜急行)→金沢八景→徒歩3分→金沢八景(シーサイドライン)
  • 新横浜(JR横浜線)→横浜(京浜急行)→金沢八景→徒歩3分→金沢八景(シーサイドライン)
  • 東京(JR東海道本線)→横浜(JR根岸線)→新杉田
  • 新宿(JR湘南新宿ライン)→横浜(JR根岸線)→新杉田

金沢シーサイドライン(新杉田・金沢八景からのアクセス)

  • 新杉田(シーサイドライン)→八景島(約17分)
  • 金沢八景(シーサイドライン)→八景島(約6分)
  • 羽田空港(京浜急行空港線)→金沢八景(シーサイドライン)→八景島(約51分)

シーサイドラインの運行本数は結構ありますので、
電車もいいですが、
GWやお盆の頃だと道路も渋滞だけど、
電車もすごいです。

 

車だと荷物があっても安心だったり、
他のところに行くのには便利です。

電車はやっぱり予定通りに行動できるのは、
計算が立つのでありがたいです。

混雑やその日のスケジュールなどを考えて、
車で行くか電車で行くかを決めてみてはいかがですか

スポンサードリンク

八景島シーパラダイスに車で行くなら駐車場のおすすめはこちら!

八景島の駐車場

八景島にはA〜C・E・Fの駐車場があります。

その中で一番近い駐車場が、
『C』駐車場になりますね。

  1. 357号線を八景島方面に直進
  2. 係の人が左折の指示を出しますが無視して直進
    (従うとA駐車場に入ってしまう)
  3. 直進すると右にB駐車場の入り口も無視して直進
  4. 突き当たりを右折すると『C駐車場』

実はC駐車場の出入り口が島の入り口に近いんです。

Aだと島の入り口まで5〜7分、
BとCは約3分で、
八景島シーパラダイスまでだと10分くらいです。

『B』と『C』で『C』の方がおすすめな理由は、
Cだと信号がないからなんですね。

単純にそれだけです。

 

駐車場に車を止めるときは、
できるだけ出入り口に近い場所に。

帰りに出口ラッシュにぶつかると、
駐車場出るまでに時間がかかってしまいます。

 

通常時ならお昼くらいに行っても、
BやCの駐車場に止められますので、
焦らなくても大丈夫ですよ。

 

E・Fは車を止めてからもう一度、
シーサイドラインに乗らないと行けなくなるので、
混雑の時期は開園前30分には、
A〜C(できればB・C)に車を止められるようにしましょう。

八景島シーパラダイスの楽しみ方はいろいろ♪

八景島シーパラダイスは水族館と遊園地をいっぺんに楽しめます!

水族館でのお楽しみ

水族館としてはけして大きくはありませんが、
ショーやイルカなどと触れあえるのが嬉しいんですよ。

ショーは必見!

八景島シーパラダイスのショー

シロイルカは優しい瞳で鳴き声も可愛いうえに、
ショーは迫力もあって絶対見て欲しいです。

構成がしっかりと考えられているので、
飽きずに見ていられます。

シロイルカだけでなく、
他のイルカやアシカなどのショーもあって、
ショーを見ているだけでかなり時間が過ぎてしまったりも。

ふれあいラグーン

『ふれあいラグーン』はペンギンやイルカに本当に触れるんです。

ペンギン・イルカ・アザラシ・セイウチなど、
好きな人にはたまらないエリア!

ペンギンのショーも可愛くて、
私はここにいつまでもいられます。

HPでショーの時間は事前にチェックして行くといいですよ。

時間はその時々で変更されるので要注意。

水槽の中?

水槽の中を通るトンネルの形のエスカレーターは、
上も横もどこを見ても水槽で、
優雅に泳ぐ魚たちを見ることができて、
本当に水の底にいるような幻想的な雰囲気
で、
子どもも思わず静かになったくらいです。

遊園地は絶叫あり!

遊園地はもちろんアトラクションがメイン。

GWやお盆の頃はかなり待ち時間がありますが、
それ以外ならあまり待つことなく乗れますね。

海にせり出すようなジェットコースターや、
シーパラダイスタワー、メリーゴーランドなど、
アトラクションも豊富です。

 

ただ敷地が広いからか、
乗り物から乗り物がちょっと遠いんですよね。

あと、雨にあまり対応していないので、
動いていないアトラクションが多いので、
雨の日に行くことはおすすめできないかも。

最後に

八景島シーパラダイスは行けば楽しめるところです。

まだ行ったことがないという方は、
今年デビューして見てはいかがですか?

家族づれでもカップルでも友人とでも、
楽しめるレジャー施設です。

 

横浜という場所柄もあるので、
駐車場の絡みから朝早くから行ったなら、
少し早めに引きあげて、
近くの観光スポットに行くのもありです。

  • 横浜三渓園
  • 三浦漁港でマグロに舌鼓
  • 遊覧船
  • 横須賀どぶ板通り
  • 中華街
  • みなとみらい

などなど。

 

いっぺんにいろいろ満喫できちゃう、
八景島シーパラダイスなんですよ♪

スポンサードリンク