納豆

日本の国民食とも言える納豆。

身体や美容、ダイエットなどにもいいと、
多くの人が愛用しています。

 

冷蔵庫にいつでもストックしているという人も、
少なくないのではないでしょうか。

しかし、納豆の賞味期限はそう長くはありません。

気付くと期限切れなんて言う事も。

 

納豆は、ほとんどの場合、
1つで3~4パックセットになっているので、
食べきれずに賞味期限を迎えてしまう事も少なくないのです。

しかし、実は納豆の賞味期限はある程度過ぎても、
食べられることを知っていますか?

ここでは、納豆の賞味期限についてご紹介します。

スポンサードリンク

納豆の賞味期限切れはいつまで大丈夫なのか

納豆の賞味期限が切れてしまったもの、
どうしていますか?

もしも賞味期限が切れた時点で、
捨てているならもったいないですよ!

 

そもそも賞味期限というのは、
おいしく食べられる期限のことをいいます。

その為、賞味期限を数日過ぎても、
風味は落ちますが食べることはできるのです。

 

その中でも特に納豆は、
賞味期限が過ぎても、
ある程度は食べることが出来るんですよ!

 

納豆協同組合の方の話を聞くと、
納豆は常温なら2週間位、
冷蔵なら2ヶ月過ぎても問題なければ食べられる
のだとか。

という事は、納豆は冷蔵庫に入れてさえおけば、
風味は多少落ちるもの賞味期限が切れても、
かなり長期間食べることが可能
という事なんです。

 

今まで賞味期限が過ぎたらすぐに捨てていた人は、
かなりもったいなかったようですね。

スポンサードリンク

納豆の賞味期限が切れるとどうなるのか

納豆

長期保存が可能な納豆ですが、
賞味期限は比較的短いですよね。

スーパーで売っているものも、
1~2週間程度のものがほとんど。

 

では、納豆は賞味期限が切れると、
どうなってしまうのでしょうか?

納豆は、賞味期限が過ぎると、
見た目が茶色っぽくなったり、
ちょっと溶けたような感じになったりします。

 

さらに、臭いもちょっとツンとしたような、
きつい匂いや焦げた臭いになります。

そして食感はしゃりっとした感じとなり、
苦みを感じることも。

 

ただ、これらはあくまでも、
風味が損なわれたり見た目が変わるだけで、
食べても健康には問題ないのだとか。

 

ちなみに、賞味期限を切れた納豆で、
カビが生えている・糸を引かない・腐った匂いがする、
などと感じたら、
明らかに腐っているので絶対食べないでくださいね。

まとめ

納豆

納豆というのは元々発酵食品なので、
賞味期限が切れても風味などは落ちますが、
比較的長期的に食べることができます。

しかし、本来の味を楽しみたいのであればおすすめしません。

もしも長期保存をしたいのであれば、
冷凍保存がオススメ。

解凍するときは、
冷蔵庫や自然解凍すれば本来の風味を楽しめますよ。

健康に良い納豆ですから、無
駄にせずおいしく食べたいですね。

スポンサードリンク