くびれを作る

「このお腹大丈夫?」

お風呂上りに鏡を見るたびに、
ため息が出るなんていう方、
いらっしゃいますか。

私はもう鏡を見るのが苦痛です。

 

20代の頃はあんなにくびれがあったのに。

歳を重ねるごとに、
こんなにもくびれがなくなるのかと、
ショックを受けている余裕なんかありません。

 

長続きできる簡単なくびれを作る方法があるなら、
やってみたいと思いませんか。

わかりました。

くびれができる簡単長続きの筋トレ方法を、
こっそりご紹介しましょう!

スポンサードリンク

腹斜筋がウエストのくびれを作る!?

年を重ねるごとに、
お腹まわりがなんだかポヤンポヤンしてきます。

若い頃にあった当たり前のくびれが、
今、当たり前のようになくなっていることが現実なんですよね。

 

そういう時の対策として、
必死に腹筋をしがちですよね。

ところがこの腹筋、
ぽっこりお腹には効果があるんですが、
求めているくびれは作れないんです。

腹斜金を鍛えよう!

『腹斜筋』って聞いたことありますか?

実はくびれを作るには、
この腹斜筋を鍛えることがとっても効果ありなんです!

 

腹斜筋とは、
助骨の下から脇腹にかけて、
斜めにある筋肉のことなんです。

お腹のサイドをカバーする、
コルセットのようなものであって、
この腹斜筋が衰えてくると、
お腹のサイドのラインが崩れてきてしまいます。

その結果、くびれがなくなるという
悲しい現実に直面するわけです。。

腹斜筋も筋肉です

腹斜筋だって『筋』がつくくらいで、
もちろん筋肉なんです。

だからこそ筋トレをして、
お腹のコルセットとなる腹斜筋を鍛えることが、
くびれを作る効果的な方法になるんですよ。

 

この腹斜筋は腹筋じゃ鍛えられないんです。

なので次はこの腹斜筋を鍛える、
簡単なやり方をお教えしちゃいますね。

くびれは欲しいが簡単な筋トレじゃないと続かない人はコレ

 

腹斜筋でくびれ

スポンサードリンク

筋トレっていうと、
よっぽどストイックでなければ、
続かないイメージがありますよね。

正直イメージじゃなく続かないです。

「ちょっと今日は忙しかったから」

「疲れたから今日はパス」

そして気がついたらなし崩しになっていることが、
多かったりするんですよね。

もうそんなこと何度も経験していますよ。

 

なので続けやすい腹斜筋を鍛える方法をお教えします!

この方法だと家で簡単に数分で出来ますよ。

引っ込めるだけトレーニング

  1. 背筋を伸ばし、30秒お腹を意識的に強く引っ込める

ただこれだけです。

場所も時間も選びません。

この時に重要なことは、
息を止めちゃダメ!

ゆっくり呼吸しましょう。

2回を1セットで、
1日2セット。

ツイスティングクランチ

  1. 仰向けになって両膝を立て、両手を頭の後ろにおく
  2. 上体をひねりながら起こし、肘と膝を近付けてゆっくり戻す

これを左右交互にやります。

10回を1セットで、
1日2~3セット。

ツイスト

  1. 仰向けになって両手を広げる
  2. 両足を揃えて、床に直角になるように上げる
  3. お腹の筋肉を意識しながらゆっくり左へ右へ、両足を揃えたまま交互に倒す

10回を1セットとして、
1日2~3セット。

 

ツイスティングクランチやツイストは、
ちょっと手間がかかりますが、
筋トレを1時間やるよりは、
遥かに取り掛かりやすいですし、
家で出来るので続けやすいですよ。

ちょっと休憩のつもりで横になって、
TVでも観ながら軽く筋トレしちゃいましょう♪

さいごに

くびれは腹斜筋

スタイルの維持は、
年を取る毎に大変になってきますよね。

歳だから仕方がないと、
諦めちゃう女性が多いのは事実です。

 

でも、いくつになっても、
自分のスタイルを気にするのは、
まだまだ若い証拠ですよ。

特に周りの目よりも、
自分の目が気になるようになるのは、
女子力の高さを感じます。

自分のためにサクッと簡単筋トレで、
昔のようなくびれをゲットしちゃいましょう。

スポンサードリンク