かかとのひび割れ

乾燥の季節になると、
もちろんお肌の乾燥も気になりますが、
意外と気になるのが「かかと」ではありませんか?

女性の場合はストッキングをはくときに、
かかとがひび割れてそれが原因で伝線してしまう、
なんてこともアルアルですよね。

 

そもそもかかとがひび割れするのって、
乾燥以外にも原因はあるって知っていますか?

今回はかかとがひび割れた時のケア方法も合わせてご紹介します!

スポンサードリンク

かかとが乾燥でひび割れ!?原因は他にもある

とくに乾燥の季節になると顔や手だけじゃなく、
かかとがひび割れてしまい痛い思いをすることもありますよね。

しかし、そのかかとのひび割れ、
本当に乾燥が原因なのでしょうか?

 

もちろん乾燥が原因の場合もありますが、
実は他にも原因が考えられるんです。

原因が違うとケアの方法なども変わるので、
原因を知ることは大切なんですよ。

 

乾燥以外のかかとのひび割れの原因、
それが「雑菌によるひび割れ」なんです!

 

乾燥というと、
どちらかというと雑菌は発生しにくいような気がしますが、
実はそんなことはないんです。

もしもかかとのひび割れの原因が乾燥とは考えられにくい場合には、
かかとに雑菌が繁殖している可能性が考えられます。

この場合には、少しでも早く皮膚科などを受診するようにしましょう。

かかとがひび割れたらしっかりケア

かかとケア

スポンサードリンク

かかとのひび割れの原因が乾燥の場合には、
しっかりと保湿をしてケアをしてあげる必要があります。

 

まず、大切なのは、
古い角質をしっかりと取り除くことが大切です。

お風呂上りで柔らかくなったかかとを、
軽石などでこすると簡単に取り除けます。

かかとの角質除去用のアイテムなども、
最近ではいろいろと販売されていますよね。

 

そしてお風呂から上がったら、
まずは化粧水をたっぷりと染み込ませた、
コットンをかかとに貼りつけます。

そしてしばらく置いたら次はクリーム。

 

クリームは擦り込むようにしっかりと塗りつけ、
ラップでくるんでおくと保湿効果が倍増します。

尿素配合のものなどは、
この乾燥ケアには効果が期待出ますよね。

靴下も最近は保湿効果のある靴下もありますね。

寝ている間に保湿ケアしてくれるアイテムも、
使ってみるとけっこう効果ありです。

 

もしもひび割れ部分が、
ぱっくりと開いてしまっている場合には、
この方法では対策は難しいです。

そんな時には、やはり皮膚科に診てもらい、
軟膏を処方してもらうことをおすすめします。

市販されている物であれば、
保湿効果の高い「ワセリン」がおすすめですよ。

まとめ

かかとケア

毎年乾燥の季節になると、
かかとの乾燥やひび割れに悩まされている人も、
多いのではないでしょうか?

そんな時に大切なのは、
古い角質をしっかりと取り除き、
保湿をすることです。

ただ、時には雑菌が原因の場合もありますので油断は禁物です。

症状が改善しなかったり、ひどくなるようであれば、
必ず皮膚科を受診するようにしましょう。

 

かかとの乾燥によるひび割れといっても、
ひどくなると歩くのも苦痛になるほど痛くなることも。

そうなる前に、しっかりとケアしてあげましょう。

スポンサードリンク