花火大会

花火大会と聞くと人混み・混雑・渋滞・・・

などなどが浮かんでしまいます。

 

どこかにあまり知られていない花火大会がないものか。

この情報化時代にそんな都合のいい花火大会なんて、
あるわけがないと思いますよね。

実は絶対に広めたくない超穴場の花火大会があるんです。

 

それが『東京競馬場花火大会』

 

今回はこの花火大会について、
こっそりご紹介しちゃいますので、
あくまでもご内密に・・・!

スポンサードリンク

東京の花火大会の穴場は謎の東京競馬場?

「東京競馬場で花火大会って競馬の一環?」

そう思われてしまうかもしれませんが、
実は毎年1日だけ競馬が終わった後に花火大会が催されているんです!

「え〜、そんなの知らないけど」

それもごもっともで、
この花火大会は雑誌や花火情報には載っていない、
本当に神秘のベールに包まれた謎の花火大会なんです。

情報は3週間前

最近ではSNSなどでちょっと話題になっているからか人出も増えましたが、
それまでは本当に地元の人しか知らない超穴場の花火大会です。

 

開催日などの詳細は開催日の3週間くらい前にならないと告知されません。

開催日がわからないのでそろそろかなと思ったら、
マメにチェックしていないと気づいたら終わっていたなどということもありえます。

 

地元の方の間では口コミで広がっていくというなんともいえない情報発信ですが、
元々の趣旨が地元の人に楽しんでもらいたいという府中市の発案なので、
ある意味正しいのかもしれませんね。

 

情報自体は3週間くらい前に市のHPで告知されますので、
告知され次第情報をアップしたいと思いますので、
もう少々お待ちください。

競馬場という利点

競馬場という場所がらでしょうか。

競馬が終わってから馬場に入ることができるので、
芝生に座って花火が見られるというのは滅多にないですね。

 

実は競馬場ならではの利点があって、
この花火大会を押してしまう理由にもなっています。

 

花火大会で困るのが実は『トイレ』問題ですが、
これも競馬場が元々大人数の人が集まる場所なので、
トイレがたくさんあるのはありがたいですね。

しかも仮設じゃないんです!

キレイなトイレってそれだけでポイント高くなりませんか?

 

東京競馬場には授乳室や多目的トイレもあるので、
家族連れでも安心して行くことができます。

これは大きな利点ですよ。

 

東京競馬場は府中市にありますが、
アクセスも大変いいので、
家族で電車でお出かけ気分も楽しいですね。

 

他の花火大会のように屋台などはありませんが、
競馬場に売店があるので飲食は大丈夫
です。

気をつけたいのは売店は夕方くらいに、
売り切れてしまうことが多いので、
早めに買っておくか、
自宅などから持って行くことをおすすめします。

東京の花火大会の穴場はいいけど東京競馬場のどこで見たらいい?

以前は午後3時くらいに行っても余裕だった東京競馬場花火大会ですが、
年々人出が増えているため、
花火の打ち上げ正面の場所は早々に埋まってしまうので、
やはり場所取りが必要となってきています。

スポンサードリンク

東京競馬場花火大会

花火の打ち上げ場所が上記MAPのターフビジョン・11番付近の長方形のあたりです。

なのでやはりその正面付近はオススメですが、
その分競争激戦区ですので、
開場時間に行った方がいいですよ。

 

ターフビジョンが見える位置がゲットできると、
カウントダウンなど進行が文字で確認できますので、
音が聞き取りにくくてもわかるので助かります。

 

『緑の広場』は芝生ですので、
ゆっくりとシートを広げて見るには、
とてもいい場所になります。

家族連れには子どもが走れ回れたりもできますので、
なかなかおすすめな場所になります。

 

コース上の芝生は午後4時頃には解放されますが、
飲食や喫煙などなど禁止事項がイロイロありますので、
それでもいいならちょっとゆっくり向かえますね。

 

もちろんスタンド席もありますが、
こちらはお昼くらいには行っておいた方がいいかもしれません。

イス席はやっぱり楽です!

 

本当に場所取りが大変になってきており、
以前は余裕だったものがしっかりと、
場所取りを考えなくてはならなくなってきているんです。

それでも立ち見エリアなどは、
まだ夕方行っても大丈夫でしたが、
今年はどうなることでしょうか。

 

内馬場はそれでもまだ穴場ですので、
シートを持ってチャレンジしてみましょう!

花火の打ち上げ場所は競馬場のちょっと東なので、
西側は斜めになってしまうことも。

 

初めて行かれるのならやはり少し早めに行って、
1日ゆっくりするくらいの気持ちでいるといいですね。

東京の花火大会の穴場な東京競馬場へのアクセス

東京競馬場へ行くならできれば公共の交通機関で行きましょう。

電車のアクセスがいいので車で行くより楽だと思われます。

  • 京王線『府中競馬場正面前駅』から専用歩道橋で正門まで徒歩約2分
  • 京王線『東府中駅』南口から東門まで徒歩約10分
  • JR武蔵野線・南武線『府中本町駅』臨時改札口から専用歩道橋で西門まで徒歩約5分
  • 西武線『是政駅』から南門まで徒歩約10分

行きやすい路線で遊び感覚で行くのもいいですね。

東京競馬場にはいろいろな施設がありますので、
子どもが飽きることもなく楽しめます。

まとめ

東京の花火大会の穴場といえる東京競馬場花火大会。

年々人出も増えて穴場とは言いづらくなってきていますが、
それでもまだまだ他の花火大会に比べれば穴場です。

 

料金が無料なことも嬉しいですね。

 

30分間で3000発の打ち上げ花火と、
ちょっと短時間ですけど、
フィナーレはなかなか見応えあり!

今年の詳細がわかったら、
すぐに情報をアップしますので、
よかったら府中までGO♪

スポンサードリンク