父の日プレゼント

毎年6月の第3日曜日は『父の日』。

母の日に比べて忘れられがちとはいえ、
日頃頑張っているお父さんに感謝の気持ちを伝えられる大切な日です。

 

特に自分も就職したりして働き始めると、
今まで感じなかったお父さんの苦労も、
ちょっとはわかったような気もしたりして。

何かお父さんの喜びそうなものをプレゼントしようかなと思うけど、
いざとなるとお父さんが喜びそうなものってなんなんでしょう?

 

子どもの頃なら似顔絵や肩たたきで喜んでもらえたけれど、
稼げるようになった今はちょっと恥ずかしい、
なんて思ったりしちゃいます。

 

お父さんは気持ちだけできっと喜んでくれるんでしょうけど、
ここは一人前になった自分を見てもらいたい!

そこでお父さんが本音のとこで欲しいものランキングを、
こっそり発表してしまいます。

スポンサードリンク

父の日のプレゼントでお父さんがもらって嬉しかったもの

まずは今まで父の日にもらって嬉しかったものを聞いてみました。

やっぱり多かったのは『実用性』のあるもの。

日頃使い道のあるものが嬉しいんですね。

自分で購入しないもの

基本的に子供が成人しているお父さんは、
必要最低限のものは揃っている場合がほとんどです。

だからこそ自分では選ばないものは実は嬉しいんです。

 

普段お父さんが身につけないような色の洋服など、

「意外と似合うよ」

なんて言ってあげるとお父さんだってまんざらじゃありません。

 

逆に気をつけたいのが『定番』!

お母さんはわかっているけれど、
実はお父さんにも好みのこだわりがあったりします。

なので事前にお母さんにお父さんの好みをリサーチしておいたものは、
喜ばれる確率が高かったりします。

実際『自分の好みを知っていてくれた』と喜んでいるお父さんは、
けっこういたりするんです。

衣類は嬉しい

あまりお父さんは自分で店に行って服を買うことがありません。

なので衣類系のプレゼントは、
こちらが思っている以上に嬉しいそうです。

特に仕事用のスーツより、
普段着る服はお母さんが買ってきたものを着ていることがほとんどなので、
ちょっと若めのTシャツやオシャレなポロシャツは、
喜んでもらえます。

ネクタイはスーツに合わせて

普段から仕事で使うことの多いネクタイは、
やっぱりプレゼントの定番です。

でもお父さんが普段着ているスーツとかけ離れたデザインは、
使ってもらえないこともあったりします。

奇をてらったものなど、
ちょっと仕事では締めていかれないというのもわかりますよね。

なので、ここはセンスを感じさせながら、
お父さんが普段着ているものもチェックして選びましょう。

財布は狙い目

財布は毎日使うものなだけに消耗も激しいアイテムです。

お父さんもそろそろ買い替えと思いながら、
つい先延ばしにしてしまうことも多かったりします。

財布は毎年買い換えてもいいと言われるアイテム。

新品の財布はお父さんだって嬉しいんです。

ただ財布を選ぶときに気をつけたいポイントは、
なるべくお父さんが今使用しているものに近いものを選ぶこと!

あなたにも覚えがあると思いますが、
財布ってかなりこだわりがしっかり出るんです。

長財布か二つ折りか、
カードはどれくらい収納できるかなど、
好みがあるので今の財布をこっそり確認しておきましょう。

財布は絶対に持ち歩くものなので、
いつでも子どもからもらったものだという喜びをかみしめたりできるので、
かなり嬉しいプレゼントなんです!

 

他にもお母さんとの旅行や手作りのものも、
お父さんは顔に出なくても嬉しいですよ。

父の日のプレゼントでお父さんが本音で欲しいものBEST5!

さあここからが本番とでもいえますね。

スポンサードリンク

お父さんはどんなものをもらうのが本当は嬉しいんでしょう。

周囲のお父さんに聞いて見た結果がこれです!

  1. もらえればなんでも嬉しい

    父の日メッセージ

    『父の日』を覚えていてくれて何かプレゼントをしてくれるというそのこと自体が嬉しいというお父さんは多いですね。
    それでも気持ち+プレゼントはやっぱりさらに嬉しいのが本音です。
    とはいえ子どもが幾つになっても気持ちが嬉しいというのは、正直な親心なんですね。
    手紙だけでも嬉しいというお父さんもいるので、忘れずに何かしら感謝の気持ちを伝えることが大事!
    忘れていてプレゼントを買いに行く時間がないなんていう場合は、とにかく手紙やメッセージカードだけでも贈りましょう!

  2. ネクタイ

    父の日ネクタイ

    仕事で使うことが多いのが『ネクタイ』です。
    そんなネクタイはやっぱり嬉しいプレゼントなんですね。
    せっかくあげるのならちょっとオシャレな柄やデザインのネクタイにしたいですが、あまりお父さんとかけ離れたものだと、ちょっと会社などにして生きづらくなってしまうことも。お父さんとしては使いたいけど使う機会がないなんていうことも出てきてしまったら、せっかくのプレゼントもシュンとしちゃいます。
    なので普段のお父さんの着ているものや靴など全身のコーディネートを考えて、ネクタイを選んであげることがポイントですよ。

  3. 日用品

    父の日プレゼント

    日用品ってなんだろうなんて深く考える必要はありません。
    靴下・ハンカチ・肌着などの毎日必要なものや、通勤電車で本を読むのが日課のお父さんなら、ブックカバーだって日用品!
    他にも筆記用具やスマホカバーだっていいんです。
    お父さんは同僚や部下に「子供に父の日もらってね」なんて、こっそり親バカしちゃっているんですよ。

  4. お風呂

    家のお風呂もいいけれど、スーパー銭湯に誘ってみましょう。
    もちろんお母さんや兄弟など家族みんなで!
    本当なら温泉にでも旅行に行きたいところですが、さすがにちょっと厳しいです。それは何として、今回はスーパー銭湯!
    朝から行っても1日楽しめますし、食事やコミニュケーションも取れるという一石何丁になるかわからないプレゼントなんです。
    お父さんは普段の疲れを温泉で癒しせるし、ゆっくりとくつろぐこともできるので、嫌だというお父さんは少ないようですね。
    マッサージが併設されているところもありますよ。

  5. 外食

    家族で外食なんてプレゼントとしてどうなのかと思いもしますが、お父さんの求める外食は自分の好きなものを食べられる店に行くということなんです。
    ちょっとお酒が飲めて好きな料理を家族と遠慮しないで食べられることが幸せなんて、お父さん可愛いじゃないですか。
    普段は子どもやお母さんの好みに合わせてくれているお父さんに、この日くらいはメインになってもらいましょう。
    そんなに変なお店に行きたいということはないし、お父さんってけっこうこっそり美味しい店を知っていたりすることがあるんですよ。何と言っても会社に情報源はたくさんありますから!

まとめ

父の日のプレゼントでお父さんが本音で欲しいものって、
なんだか普通のものなんです。

そんな特別の何かなんて求めていません。

やっぱり一番は子どもが自分のことを思ってくれているということが、
感じられるのが嬉しいんです。

 

金額はささやかでも、
感謝の気持ちを込めたメッセージを添えて、
お父さんが喜ぶものをプレゼントしてあげましょう。

たったひとことの『いつもありがとう』で、
また1年頑張れちゃうお父さんにエールを送ろう♪

 

スポンサードリンク