ネイル

女性の多くが、
爪はいつでもキレイにみせたいものですよね。

 

最近ではネイルサロンに通って、
いつでも自分好みのネイルを、
楽しんでいる女性も多いものです。

 

しかし、ネイルサロンに行くと、
思った以上に時間がかかってしまいますし、
何よりも結構なお値段。

そうそう気軽には行かれません。

 

だからと言って、自分で塗ろうとすると、
なかなか思うようにキレイに塗れないものですよね。

実は、自分でネイルを塗るためには、
ちょっとしたコツが必要なんです!

 

今回はネイルを自分で塗るときのコツをご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

ネイルを自分でキレイに塗るならまず手入れから

ネイルを塗るときに、
いきなり塗り始めていませんか?

 

一度でもネイルサロンを、
利用したことがある人ならわかると思いますが、
ネイルをする前にはまず手入れが必要なんです。

 

お手入れをした爪って、
なにも塗っていなくてもキレイに見えますよね。

では爪のお手入れは、
いったい何をしたらいいのでしょうか?

 

まずは爪切りで好みの形に切って整えます

次に、やすりをかけて爪先をきれいに整えます

これはいきなりヤスリでも問題ありません。

時間があるならヤスリのみの方が、
爪への負担が少ないくらいです。

 

そして甘皮もキレイにケアして、
最後にネイルオイルを塗ります。

ネイル前にこれを行うだけで、
ネイルの仕上がりも随分と変わってきますよ。

スポンサードリンク

ぜひお試しあれ!

ネイルを自分でキレイに塗る5つのコツ

爪のお手入れが済んだら、
次はネイルを塗っていきます。

 

ここで、ネイルを自分できれいに塗る、
5つのコツをご紹介します。

1.ネイルは冷蔵保存

ネイルは一定の温度で保存をすると、
実は固まりにくくなります。

冷蔵庫で保存することで、
固まりにくくなるだけではなく、
粘り気が出て通常よりも早く乾かせることが出来ます。

2.薄く何度も重ねて塗る

ネイルは薄く塗るのが鉄則。

暑く塗ると乾きにくくなり、
さらに完成後に歪んでしまいますよね。

薄く塗って乾かすことを繰り返すことで、
一回一回が乾きやすく、
そしてキレイな仕上がりになります。

3.利き手から塗る

ネイルはスピードも大切ですよね。

その為ついつい利き手で、
利き手でない手から塗りたくなってしまうもの。

でも、あとから利き手を塗ると、
利き手ではない手よりも時間がかかってしまい、
乾くのに時間がかかってしまうのです。

4.塗り方にもコツ

ネイルをきれいに塗るには順番も大切です。

おすすめは

真ん中→右端→真ん中と右端の間→左端→左端と真ん中の間

この順で塗っていくと、
きれいにむらなく塗れますよ。

5.トップコートを忘れずに

ネイルが塗り終わったら、
トップコートを塗りましょう。

トップコートを塗るだけで、
ネイルの持ちが何倍も違ってきますよ。

艶が出るなどのメリットもあるので必ず塗りましょう。

まとめ

ネイルを自分できれいに塗るためには、
正直いうと慣れも必要ですが、
やっぱり大切なのは塗るコツをきちんと覚えること。

基本からしっかりと行うことで、
同じネイルでもキレイだし、
そして素早く塗ることが出来ますよ。

 

最初は慣れなくてもしっかりと練習して、
自分でもネイルサロン並みのネイリストになっちゃいましょう。

フレンチならけっこう自分でできるようになりますよ!

スポンサードリンク