アンチエイジングに運動

歳を重ねていくにつれて、
何でも年のせいにしていまいます。

運動不足なことや、
肌が老化していくことや、
太っていくことなどいろいろ。

 

そんな年齢の波に逆らって、
若く見られたいと必死になるのは普通のことですよね。

もちろんダイエットや、
いい化粧品を使うことも大事な努力の痕ですが、
もっと、根本的に老化防止のために、
運動をしてみるのが早道だとも聞くので、
老化防止と運動の関係性を知って、
効率的にアンチエイジング対策したいですよね。

 

今回はそんな運動による老化防止、
アンチエイジングについてご紹介します。

スポンサードリンク

老化防止の運動は効果があるけど無理はNG

『老化=筋肉の衰え』

です。

運動や筋トレをすることで、
筋肉を取り戻せば老化防止は出来るんです。

そのことで、
成長ホルモンがたくさん分泌されると、
お肌が若返ります。

つまり老化防止するには、
運動で成長ホルモンを増やすこと
です。

 

筋トレなどの無酸素運動は、
成長ホルモンに必要な乳酸を多く発生させます。

また、有酸素運動によって、
増加することが分かっている一酸化窒素は、
血管を膨張させて血流を良くする働きや、
成長ホルモンを促進させる働きがあります。

 

つまり、無酸素運動や、
有酸素運動を生活に取り入れることで、
成長ホルモンの分泌が促されて、
老化防止に繋がるんです。

 

では、どんな運動がいいのでしょうか?

スクワット

場所、時間を選ばないですし、
全身の筋肉量を増やすのに効果的です。

老化防止としても、
ダイエットとしても効果アリです。

バランスボール

テレビを見ながらでも、
バランスボールに座っているだけで、
実は体幹が鍛えられちゃいます!

これはいいですよね。

ウォーキング

有酸素運動の代表的運動です。

効果的な歩き方としては、
ず〜っと早歩きを続けるのではなく、
3分早歩き、3分普通にちょいゆっくり。

これを繰り返しながら歩いてみてください。

アスリートやジムでも取り入れているんですよ!

 

このように老化防止には、
運動がいいことを言ってきましたが、
注意して欲しいのが運動もやり過ぎると、
危険があるということです。

スポンサードリンク

運動をやり過ぎたりムリをしたり、
正しいやり方でなかったりすると、
逆に身体に悪影響を及ぼすことがあるんです。

理想的なのは、1日30~40分の活発な運動です。

 

これは、健康的な身体には必要ですが、
それ以上の運動は、
人によって大きな負担となることもあるので、
ちゃんと自分の体に注意を払って歩きましょう。

 

身体の状況や体力に応じた適切な運動を、
心掛ける必要があります。

老化防止はアンチエイジングにもなる♪

抗酸化効果の野菜

老化防止をすることは、
イコール アンチエイジング
に繋がります。

日ごろの生活の中で老化防止をして、
アンチエイジングしていきましょう。

①食べ物はタンパク質を意識する

タンパク質を摂ることで、
栄養の偏りを改善させて、
老化防止に繋がっていきます。

②紫外線対策をしっかり行う

紫外線を浴びることで、
光老化という現象があります。

紫外線は夏だけではありません。

一年中の紫外線ケアが必要です。

③抗酸化作用の高い食べ物を摂る

体の老化は、体が酸化することによって引き起こされます。

野菜や果物などに含まれる、
抗酸化作用のある食べ物を、
積極的に摂りましょう。

④過剰な運動は避け適度な運動をする

過度な運動は老化防止に役立ちますが、
過剰な運動は逆効果になります。

運動不足にならない程度、
その人が出来る範囲の運動がベストです。

⑤ストレスフリーな生活

ストレスは神経を詰まらせ
病気になりやすく、
老けやすくします。
ストレスはどんな病気にも
悪影響しか与えません。

さいごに

バランスボール

老化は避けらないことだと分かっていても、
やはり女性である限り、
若くて美しいものを求めてしまいます。

ですから、次から次へと新しい、
アンチエイジングの化粧品が登場し、
また、売れるんですよ。

ただ、化粧品だけに頼るのは、
心もとないですから、
運動も取り入れていくことが、
私が今出来る精一杯のアンチエイジングと言えます。

みんなで頑張っていきましょう♪

スポンサードリンク