母の日のカーネーション

母の日に贈るものと聞かれて一番最初に思い浮かぶのが
『カーネーション』

不動の定番といえますが、

「たまにはちょっと違う花を贈ってみるのもいいかな」

なんて思ったりもするんですよね。

 

カーネーションも他に色がありますし、
カーネーション以外にもお母さんに喜んでもらえそうなお花はたくさんあります。

母に日にあった花言葉からお花を選んで、
メッセージにその花言葉を添えるのもオシャレですね。

 

プレゼントの花束も最近は様々です。

お母さんへの感謝を込めて選んでみてくださいね!

スポンサードリンク

母の日に贈るカーネーションは色ごとに花言葉がある

やっぱり王道のカーネーションを母の日には贈りたい方も多いと思います。

赤いカーネーションもいいけれど、
ちょっとだけ待ってください。

 

実はカーネーションの花言葉って色によって違うんです!

もしかしたらあなたのお母さんのイメージに近い色のカーネーションが、
花言葉からみつかるかもしれませんよ。

カーネーションの花言葉 おすすめ編

カーネーション全般
「女性の愛」「感覚」「感動」「純粋な愛情」
赤いカーネーション
「母の愛」「愛を信じる」「熱烈な愛」
もう「母の日」のためにあるような花言葉です。華やかで存在感があるので特にこだわりがなければ無難でしょう。
ただ気をつけたいのが『濃い赤』で、花言葉も「欲望」「私の心に哀しみを」とちょっとネガティブな意味になってしまいます。
ピンクのカーネーション
「感謝」「上品・気品」「暖かい心」「美しい仕草」
感謝を込めて贈る花にふさわしいですね。ピンクは優しい色ですし、見る人を明るい気持ちにしてくれます。
オレンジのカーネーション
「純粋な愛」「あなたを熱愛します」「清らかな慕情」
少々恋愛のイメージが強い花言葉ですが、可愛いし贈っても問題はないと思います。
紫のカーネーション
「誇り」「気品」
紫のカーネーションは色味にかなり幅がありますので、お母さんのイメージに近い紫を選んでみるのもステキですね。
青いカーネーション
「永遠の幸福」
遺伝子組み換えなどで作られたものと着色されたものがあります。花束にするといい感じになります!

カーネーションの花言葉 避けた方がいい編

黄色のカーネーション
「軽蔑」「美」「嫉妬」「愛情の揺らぎ」「友情」
見た目は可愛い黄色のカーネーションは母の日には合わない花言葉が並びますので、お母さんがすごく好きな花だというなら別ですが、避けておいた方がいいでしょう。
白いカーネーション
「尊敬」「純潔の愛」「私の愛情は生きている」「愛の拒絶」
花言葉としてはいいのですが、白いカーネーションは亡くなっているお母さんに贈る花とされているので、避けておくことをおすすめします。

 

赤以外でもお母さんのイメージや花言葉からカーネーションの色を選んでみるのも、
新鮮な印象になりますね。

もちろん合わせ技(色を数種類選ぶ)も花束にすると華やかです!

母の日にカーネーション以外の花を贈るなら花言葉から選ぶのもあり!

最近はカーネーションへのこだわりが薄れて、
お母さんに合いそうな花や好きな花を贈ることも多くなっています。

でもどんな花がいいのかわからないという方もいるし、
お母さんが好きな花がわからないという方は、
花言葉で贈る花を選ぶというのもいいのではないでしょうか。

母の日にあう花言葉の花

バラ(全般)
愛」「美」
白いバラ
「純潔」「私はあなたにふさわしい」「深い尊敬」
ピンクのバラ
「しとやか」「上品」「感銘」
青いバラ
「夢かなう」「不可能」「奇跡」「神の祝福」
ミニバラ
「無意識の美」「特別の功績」「果てしなき愛」
花は小さくてもバラの華やかさはしっかりあって可憐感じがあります。
シャクヤク
「はじらい」「慎ましさ」「はにかみ」「内気」「謙遜」
ピンク・白・紫系など色も豊富で、八重咲きはバラ以上に華やかかもしれません。
チューリップ(全般)
「誠実な愛」「愛の芽生え」
ピンクのチューリップ
「思いやり」
ラナンキュラス
「とても魅力的」「晴れやかな魅力」「光輝を放つ」
ユリ(全般)
「純潔」「無垢」「威厳」「陽気」「飾らぬ美」
黄色のユリ
「華麗」「愉快」カサブランカ「威厳」「純潔」「高貴」クレマチス「精神の美」「旅人の喜び」「策略」
デイジー
「希望」「純潔」「美人」「平和」
アマリリス
「誇り」「おしゃべり」「輝くばかりの美しさ」
スイトピー(全般)
「ほのかな喜び」「優しい思い出」「永遠の喜び」
ピンクのスイトピー
「繊細」「優美」
白のスイトピー
「デリケートな喜び」
ストック
「永遠の美」「愛情の絆」「求愛」
ひまわり
「私はあなただけを見つめる」「愛慕」「崇拝」
ミニひまわり
「あなたは素晴らしい」「私はあなただけを見つめたい」
小さくて可愛いです。ミニひまわり要素が縦に並びます。
胡蝶蘭
「幸福が飛んでくる」「変わらぬ愛」「清純」「純粋な愛」
トルコキキョウ
「希望」「優美」「清々しい美しさ」「永遠の愛」「良い語らい」「花嫁の感傷」
カワラナデシコ
「純粋な愛」「いつも愛して」「「思慕」「女性の美」
フリージア
「無邪気」「清香」「慈愛」「親愛の情」「期待」「純潔」「憧れ」「あどけなさ」
ガーベラ(全般)
「希望」「常に前進」
ピンクのガーベラ
「崇高美」
黄色のガーベラ
「究極美」「親しみやすい」
オレンジのガーベラ
「神秘」「冒険心」「我慢強さ」
白のガーベラ
「希望」「律儀」
白の紫陽花
「寛容」
カラー
「華麗なる美」「乙女のしとやかさ」「清浄」
白のアザレア
「充足」「あなたに愛されて幸せ」
スズラン
「再び幸せが訪れる」「純粋」「純潔」「謙遜」
カスミソウ
「幸福」「清らかな心」「無邪気」「親切」

 

花が嫌いでないのならどの花をもらってもイヤな気持ちはしないと思います、

スポンサードリンク

母の日に避けたい花言葉の花

赤いバラ
「あなたを愛してます」「愛情」「美」「情熱」「熱烈な恋」
黄色いバラ
「愛情の薄らぎ」「嫉妬」「友情」
赤いガーベラ
「神秘」

 

こちらの花は贈ってはダメというわけではないですが、
母の日にお母さんに贈るにはちょっとイメージが違うかなという花言葉ですね。

贈るなら花言葉を説明して関係なくて、

キレイだからとか説明するフォローをしましょう。

 

花を贈る時にそっとメッセージに『花言葉』を添えておくと、
お母さんのことをこんな風に思っているとか、
こんな気持ちを込めてますと言った気持ちも、
伝えられるんじゃないでしょうか。

母の日の贈り物にカーネーション以外の花束もステキ♪

母の日の花束

花束をお花屋さんに頼む時って、
どうイメージを伝えたらいいのかわからなかったり、
どんな花束にしていいのかわからにことってありますよね。

 

頼み方としての例ですけど、

「母の日だけどカーネーションなしで○○は入れて欲しい」
「オレンジが好きなので○○を入れてあとはオレンジメインで」
「よく笑う母なので明るい感じで」

などポイントだけは押さえて、
あとは予算はいくらと伝えて作ってもらうというやり方もあります。

その方がお花屋さんもプロですので、
張り切ってステキな花束を作ってくれたりするんです。

 

鉢植えを贈る方も増えていますが、
正直花を育てるのが得意というお母さんばかりではありません。

鉢植えを何回頑張っても枯らしてしまうなんていうことも!

「気にしなくていいよ」

と言われても枯らしてしまったことを気にしてしまうお母さんだっているんです。

だったら最初から必ず数日で枯れてしまう切り花を贈るのも優しさのひとつ。

 

お母さんがガーデニング好きなら鉢植えは全然OKですよ♪

 

切り花でもバラやカスミソウなどはドライフラワーにしやすいので、
ポイントはけっこう高いですね。

ドライフラワーにすれば何ヶ月も楽しめるので、
お母さんもあなたも幸せな気持ちが続きます!

 

ちょっと新し目のところでは、
アロマの香りのするフラワーアレンジギフトはいかがでしょう。

『アロマフラワー』は成果に特殊な技術を用いて様々な香りをつけたもので、
目と香りで楽しめると最近人気が出ています。

だいたい5,000円くらいからお求めできます。

 

アロマの香りでいうともうひとつ。

『プリザーブドフラワー』に香りをつけるフラワーギフト!

プリザーブドフラワーは残念なのが香りがないことなんですが、
それを補うために根元にアロマオイルやポプロオイルで香りをつけるというものなんです。

 

アロマの香りでお母さんにリラックス&リフレッシュしてもらいましょう☆

まとめ

赤いカーネーション以外にも、
『母の日』にあったお花がたくさんあります。

どんなお花をお母さんに贈ろうかと考えてる時間も楽しいもの。

 

色々なお花を紹介しましたが、
花束にする時に『白オンリー』は避けておいた方が無難かも。

日本では仏花のイメージがどうしてもまだあるので、
アクセントで白い花を使うなどの方がいいと思われます。

お花を贈るのもステキですが、
お母さんはあなたの気持ちが一番嬉しいはず!

 

離れて暮らしているのなら元気な顔を見せる、
それだけで立派な贈り物になりますよ。

お母さんの笑顔が楽しみな『母の日』です。

スポンサードリンク