ホワイトデー

会社などでバレンタインデーに、
義理チョコをもらうことってありますよね。

しかし、義理チョコだからこそ、
お返しに困ることも多いもの。

 

実は、義理チョコのお返しには、
NGなものもあるんです。

せっかくのお返ししたのに、
相手からダメ出しされたらショックですよね。

今回は、ホワイトデーのお返しで失敗をしないために、
NGなものをご紹介します。

スポンサードリンク

ホワイトデーのお返しに義理チョコでNGなものはこちら

まず、義理チョコのお返しで、
ホワイトデーにNGなものをご紹介します。

キャンディー

ホワイトデーのお返しの定番といえば、
以前はキャンディーでしたよね。

その習慣からか今でも、
義理のお返しにキャンディーを渡す人も。

実はこれ、NGなんです。

ホワイトデーのお返しのキャンディ

ホワイトデーにキャンディーを渡す意味は、
ズバリ「大好き」!

つまり、本命の彼女や奥さんなどに、
気持ちを込めて渡すのならいいのですが、
義理のお返しにするのはやめましょう。

場合によっては勘違いされて、
本気にされてしまうなんてことも?

マシュマロ

こちらは逆に「大嫌い」という意味があります。

見た目は可愛いマシュマロですが、
ホワイトデーのお返しには、
絶対に渡さないようにしましょう。

おいしいんですけどね、マシュマロ。

チョコレート

バレンタインといえば、
チョコレートをもらうことが多いですよね。

それなのに、チョコレートでお返しだと、
ちょっと芸がありません。

スポンサードリンク

もちろんチョコレートが大好きな女性ならいいのですが、
出来ればチョコレートをもらったら、
クッキーなどでお返しをしましょう。

ホワイトデーのお返しでもらったものより金額が低かったらNG?

ホワイトデー

次に、ホワイトデーのお返しで、
金額でNGなものをご紹介します。

よくホワイトデーのお返しは、
2倍返し・3倍返しなんて言いますよね。

でも、お返しの数が多いと、
さすがに3倍返しは厳しいもの。

 

でも、間違ってももらった金額よりも、
低い金額を選ぶのはやめましょう

たとえ義理でも、

「ケチくさい」

と思われてしまうこと間違えなしですよ。

 

ホワイトデーの義理のお返しの相場は大体2倍ほど。

義理の場合は大体が、
500円程度のものをもらうことが多いので、
お返しの相場は1000円程度のものを、
用意すれば間違えないでしょう。

まとめ

ホワイトデーのお返し

バレンタインデーはたとえ義理でも、
もらえると嬉しいものですよね。

しかし、そのお返しって、
正直な金銭的にも精神的にも大変なものです。

もしも義理チョコのお返しに、
どのようなものを用意すればいいのか悩んでいるのであれば、

  • クッキーやその他の焼き菓子など
  • ある程度知られたブランドの物
  • 1000円程度の物

このあたりが無難だといえそうです。

スポンサードリンク