大量の友チョコ

大人の間でも習慣化している友チョコですが、
最近では子どもの間でも、
友チョコを交換し合うのが当たり前になっています。

さらに、小学校に上がると、
急に大量の友チョコを持っていくようになりませんか?

 

子ども同士で交換するのはいいのですが、
あまり大量となると、
金銭面もちょっと気になるもの。

今回は、なぜ学校にもっていく友チョコが大量になるのか、
そして、友チョコを持っていくなら手作りがおすすめの理由を、
合わせてご紹介します!

スポンサードリンク

バレンタインの友チョコが学校に行ってると大量になる理由

幼稚園の頃は、あまり気にしていなかったバレンタインデー。

中には、交換しないように言われるところもありますが、
OKの幼稚園でもそんなにたくさんは持っていきませんよね。

だけど、学校に行き始めると、
途端に大量に持っていきたいと言い出す子が多いんです。

理由は『友チョコ』!

 

なぜ、友チョコがそんなに大量に必要なのかというと、
実は学校に行き始めると多くの女子が、
クラスや仲のいい友達と友チョコを交換し合っているのです。

もちろん、予想外の子から友チョコをもらうこともあるので、
その時にすぐに渡せるように、
余分に用意をしておく必要もあるのです。

その為、必然的に大量の友チョコが必要になってくるんですね。

 

ただ、どんなチョコレートをもらうかというよりも、
交換を楽しんでいるというものが多いので、
1つ1つの量はそう多く無くても大丈夫ですよ。

友チョコが大量なら親子で手作りもいいよね♪

友チョコをたくさん用意したい場合、
一つ一つ購入すると、
いくら1つの量が少なくていいとはいえ、
正直かなりお金がかかりますよね。

スポンサードリンク

そんな時に便利なのが、
手作りで友チョコを用意すること。

手づくり友チョコ

手作りなら、まあ手間はかかりますが、
一つ一つにかけるお金はそう高くはなりません。

さらに、オリジナルのチョコが出来ますし、
手作りという事で女子力アップにもつながります。

 

そして、せっかくなら親子でチョコを作るのも楽しいですよ。

 

チョコレートの他にもたくさんの飾りなどを用意して、
友チョコを作るとともに、
親子で交換するチョコも作ってみましょう。

親子でプレゼントしあえば、
より一層親子の絆も深まりますよ。

チョコの簡単な作り方などは、
クックパッドなんかのレシピサイトに、
たっくさん載ってますので、
親子でどれがいいか見ながら決めるのも楽しそうですね。

まとめ

可愛い手作り友チョコ

今や本命チョコや義理チョコ以上に白熱する友チョコ交換。

もちろん購入したものを交換するのもいいですが、
せっかくなら一つ一つ手作りしてみてはいかがですか?

手作りならお金もかかりませんし、
何よりもオリジナルのチョコをプレゼントできますよ。

 

せっかくなら、ぜひ親子でチョコレートづくりを楽しんでみてはいかがですか?

ついでにお父さんへのバレンタインチョコも作って、
お父さんを感動させちゃいましょう♪

スポンサードリンク